本人確認書類は必須

どこにいても来店不要で申し込みが行える場合が多い現在のカードローンサービスは、例えスマホで手軽に来店不要で申し込みを進めるとしても、契約の際には本人確認書類の写しは必須となります。

モビットのWeb完結のようにスマホで完結する手続きのカードローンであるとしても、全ての手続きがスマホで終えられるといっただけで、本人確認書類の写しは必ず提出することとなります。

本人確認書類と申し込み時の入力内容を照らし合わせないと、それこそ本人かどうかの確認ができません。誰だか分からない方への融資はどの消費者金融でも銀行でも行っていないため、本人確認書類の写しの提出は絶対に必要となるのです。

基本となるのは免許証

本人確認書類とは言っても難しい書類は必要なく、基本となるのは顔写真が入っている免許証です。免許証は本人確認書類の中でも強い信頼性を持っているため、消費者金融や銀行での契約の際にも適しています。

免許証の交付を受けていない方はその他の書類での手続きとなりますが、免許証のように顔写真が入っていないと提出をしなければならない書類が増える可能性があります。また、本人の確認ができる書類でなければならないため、提出する書類によっては認められない場合もあります。

大体はどの消費者金融でも銀行でも本人確認書類として受け付けてくれる、認めてくれる書類は同じではありますが、免許証の交付を受けていない方は申し込みの際にどのような書類が本人確認書類に使えるか、追加で必要となる書類はあるかを確認しておきましょう。

健康保険証では弱くなる

本人確認書類として免許証に次いで思い浮かぶのが健康保険証ですが、カードローン手続きにおける本人確認書類としては健康保険証では弱くなります。保険証のみでの手続きはできないとする消費者金融や銀行が多く、追加で何らかの書類が必要となる場合が多いです。

一昔前は健康保険証でも手続きが行えたのですが、本人確認が厳しくなったことで、顔写真のない保険証単体では本人確認書類としては使えなくなってしまっています。追加で必要となる書類は借り入れ先によっても変わりますが、多くは公共料金の支払いをした際の領収書などとなります。

請求書ではなく領収書でなければならず、当然ながら確認書類に記載の住所と同じ住所が記載されてなければなりません。また、発行から一定期間内でなければならないため、あまりにも古い領収書ではNGとなります。

その他にも認められている書類がありますが、どのような書類が必要となるかは借り入れ先によっても変わります。免許証の交付を受けていないなどで健康保険証の写しを提出する方は、事前にどのような書類が必要かを確認しておきましょう。

書類提出時に気をつけたい点

免許証でもその他の書類でも、本人確認書類の写しを提出する際には、しっかりと綺麗に写したものを提出するようにしてください。Web上でのメールに添付しての送信も、アップロードによる提出も、どちらも書類を画像化する際には鮮明な写りとなるようにしましょう。

最近のカードローンは消費者金融も銀行も、契約前の書類の提出をWeb上で行えるようにしているため、手間をかけずに手続きが進められるようになっています。だからと言っていい加減な手続きで契約が行えるわけではないので、書類の提出に関しても綺麗な状態で進めなければなりません。

スマホで本人確認書類を撮影し、画像化したものを提出する際にも、書類の内容がしっかりと読み取れるようになっているか提出前に確認をしてください。写りが悪く再提出となればそれだけ審査にも契約にも時間がかかってしまうため、即日融資での借り入れを希望する際には時間のロスによって、当日中の利用ができない可能性も出てきます。

急ぎで手続きを進めようとするとミスを誘発してしまうため、早くに借りたいときこそ慎重に、しっかりと確認をしながら進めるのが基本です。本人確認書類を画像化する際にも、写した書類を自身の目でよく確認をしましょう。

アプリ経由での提出も可能

一部の消費者金融では公式アプリを使って、契約の際に必要となる本人確認書類などを提出できるようになっています。人気消費者金融のプロミスでも公式アプリで便利に簡単に書類の提出が行えるため、手続きがよく分からない方でも戸惑わずに書類が提出できます。

その他の大手消費者金融で見ても、アコムもモビットも同様に公式アプリを使って書類の提出が行えます。アプリ経由で書類を撮影してそのままアプリ上で提出が行えるので、手間をかけずに素早く必要書類が提出できるために便利ではあります。

ただ、公式アプリをインストールしてしまえば、各消費者金融のロゴマーク等がスマホに表示されてしまいます。他人がいちいちスマホを細かく見ることもありませんが、何らかの事情によって見られてしまった場合には、公式アプリの存在によってカードローン利用がバレる原因ともなりかねません。

余計なバレるリスクをなくしたい、抑えたいと考えるのであれば、書類の提出を行ったらアプリをアンインストールするか、またはアプリを使わずに通常のWeb上での本人確認書類の提出としておくと良いでしょう。

Web上での書類の提出も特にそこまで難しい手続きではないので、普段からスマホをよく操作している方であれば問題なく進められます。アプリを使うまでもなく提出ができるので、無理に使う必要はありません。

印鑑や保証人などは不要

カードローン契約の際には本人確認書類が必須となり、利用金額や借り入れ総額、または審査の結果によっては別に収入証明書類が必要となります。場合によってはいくつかの書類の提出をしなければなりませんが、書類以外の印鑑や保証人等は不要となっています。

Web上での契約にしても来店をしての店舗や契約機での手続きでも、どちらも印鑑を押すことはありません。ただ、銀行でのカードローンで口座開設が必要となる際には、銀行印としての印鑑が必要となるために話は別です。

基本的にカードローンの契約だけであれば印鑑は不要で、保証人に関しても消費者金融も銀行も原則不要となるところがほとんどです。銀行では保証会社を利用するために不要とするカードローンが多く、自身の信用で借りられるようになっています。

だからこそ返済はしっかりと行わなければならず、返済に関するトラブルを起こしてしまえば信用情報に傷が付きます。後々まで長い期間に渡って信用情報にネガティブな情報を保有することとなってしまうため、本人確認書類だけで契約ができるとしても、返済を第一に考えた慎重な借り入れが求められます。

本人確認書類があれば印鑑も保証人も不要で借りられるカードローンは、困ったときには助かる頼れるサービスとなります。しかし、その分だけ返済が負担となりがちなため、しっかりとした返済計画の下で借りるようにしてください。

ページトップへ戻る