信用情報機関とは

カードローンやクレジットカードの審査の際に、何かと目にするのが信用情報機関です。信用に関わる情報を扱っているといったことは分かっても、実際にはどのような情報を扱っている、保有しているのかはあまり知られていません。

審査を受けるにあたっては信用情報機関に記録されている保有情報が重要となるため、カードローンを初めて利用をする方、信用情報に関してしっかりと認識ができていない方は、信用情報とはどういったものなのか、信用情報機関とはどのような機関なのかを確認しておきましょう。

3社の信用情報機関で共有する

信用情報機関と一言でいっても、現在ではCIC、JICC、全銀協の3社の信用情報機関が存在しています。それぞれで情報は共有されており、何れか1社で情報が保有されると他の2社間でも情報が確認できることとなります。

3社ある信用情報機関はそれぞれ主とする加盟業種が異なり、CICはクレジットカードを発行する信販会社、JICCは消費者金融をはじめとする貸金業者、全銀協は銀行となります。あくまで主な加盟業種であるため、CICに加盟をしている貸金業者も当然ながら存在しています。

そもそもの信用情報機関の主な役割は、健全な貸し付けを行うために存在していると言えます。利用者の返済能力を超えないために、各信用情報機関で利用履歴等を保有し、消費者金融や信販会社、銀行などが審査の際に確認を行うことで無理のない返済が行える範囲であるか、返済能力を超えていないかを確認しています。

行き過ぎた多重債務や貸し付けを防止するために存在している各信用情報機関により、利用者が安心してカードローンやクレジットカードの利用ができるようになっているのです。

保有される情報の種類

3社ある信用情報機関では保有される情報が若干ながら異なりますが、中心的な位置付けとも言えるCICでは以下の情報を一定期間保有しています。情報の保有期間は扱われる情報によって異なり、長いものでは5年を超えない期間に渡って保有がされます。

申し込みに関する情報(6ヶ月)

カードローンやクレジットカードなど、CICに加盟をするサービスに申し込みを行うと記録がされます。正確には申し込みの履歴ではなく加盟サービスからのCICへの照会履歴となり、氏名などの個人を識別する情報の他、申し込み内容に関する情報も記録がされます。

契約や商品内容に関する情報(最長完済後5年以内)

申し込み後の審査に通過をし、契約を行うと本人に関する情報の他、契約や商品内容、支払いに関する状況の記録がされます。契約日や契約の種類、極度額の記録もされているため、使っていないカードの契約が残っていると余計な情報が保有され続けることとなります。

途上与信に関する情報(6ヶ月)

カードローンやクレジットカードは申し込み時の審査だけでなく、契約途中であっても信用情報の確認が行われます。上の申し込みに関する情報と似た内容となりますが、利用目的の記録もされているため、途上与信の履歴が申し込み履歴としては扱われません。

それぞれカッコ内の期間に渡って情報は保有され続け、間違った情報でもない限りは期間を経過しない限りは消えることはありません。その他にもCICが独自に収集をしている情報もありますが、カードローンの申し込みにおいて重要となるのは上に挙げた内容となります。

途上与信に関する情報に関してはこれから申し込みを行うといった際に不利に働くものではありませんが、それ以外の申し込みに関する情報、契約内容に関する情報に関しては、内容次第で審査に大きな影響を与えてしまいます。

上には挙げていないCICで独自に保有をする情報に関しては、期間を経過せずとも申し出によって情報の削除が可能なものもあります。詳しくはCICにお問い合わせください。

審査に影響のある信用情報

CICには申し込みの履歴が記録されるため、無駄な申し込みを立て続けに行うと履歴が積み重なってしまい、審査に通りづらくなっていきます。多重申し込みが禁止とされる理由であり、何社も同時に、または立て続けに申し込みを行うと短期間で多くの情報が記録されてしまい、審査では大きく不利になります。

契約内容に間する情報については極度額などの商品内容の他に、利用状況に関しても記録がされるために注意が必要です。毎月の支払い状況や過去の事故として扱われる「異動」とされる情報などが記録されるため、返済が遅れがちになってしまったり長期に渡って返済を行わないなどとなると、ネガティブな内容の記録によって審査に悪影響を与えてしまいます。

CICでは利用中のカードローンやクレジットカードの毎月の支払いをマークで記録しており、正常な返済を示す以外のマークが直近で付いているとなると、審査の厳しい銀行などでは審査落ちの原因ともなりかねません。

銀行は全銀協の加盟だからCICにネガティブな情報があっても関係ない、確認はされないといったことはなく、上でも触れたように3社とも情報を共有しているため、CICで何かマイナスに働く情報があれば、他の信用情報機関に加盟しているところから借りようとしてもNGとなるのです。

信用情報は一度でも汚してしまうと、綺麗になるまでには長い期間を要してしまいます。カードローンで借りるのであれば、返済は無理なく行えるように計画を立てなければなりません。

マイナスになるばかりではない履歴

信用情報機関に何らかの記録があるとそれだけで不利になると感じてしまうものですが、正常な利用履歴であれば必ずしもマイナスに働くわけではありません。寧ろ、過去のクリーンな利用履歴はかえってプラスに働く場合もあり、履歴の全てがネガティブに扱われるわけではないのです。

例えば、過去に何らかのカードローンの契約を行い、返済状況に何ら問題なく完済をし、解約をして契約が残っていないとすれば、借りてもしっかりと返済ができる方である、返済後は無駄遣いをしないように契約を残しておかない方であると判断される可能性があります。

今現在はどこからの借り入れもなく、過去のクリーンな利用履歴だけとなれば、特に審査で不利になる要素はありません。収入が大幅に減っている、雇用形態が変わっているなどとなれば話は別なものの、取り巻く環境が変わっていないのであれば過去の履歴で不利になる可能性は低いのです。

履歴が無さ過ぎるのは逆に怪しい

カードローンの利用者は今では珍しくなく、クレジットカードまで広げるとほとんどの方が1枚は持っています。つまり、ほとんどの方は信用情報機関には何らかの情報が保有されていますが、情報が一切ないとなると正しい個人情報なのか、過去に自己破産などをして保有期間が経過して情報が全て消えただけなのではないかと疑われる原因にもなります。

信用情報は開示ができる

収入はしっかりと安定している、他社での借り入れも無いのになぜか審査に通らないといった場合には、信用情報を開示してみると良いでしょう。過去に利用をしていて解約を忘れている余計な契約が残っている場合や、支払い忘れている何かがあるかもしれません。

信用情報を開示する際には3社全ての信用情報機関で行うのが基本で、何れにおいても情報は共有されているとは言っても、全ての情報がそうであるは限りません。いくらかの費用こそかかりますが、CIC、JICC、全銀協で開示の手続きを進めてください。

パソコンなどでも開示が行え、クレジットカードによる開示ができる場合であればその場ですぐに信用情報が確認できます。正しい情報となると保有期間を経過しないと削除はできませんが、もし何か間違った情報がある場合には申し出による削除も可能となるため、間違った情報が原因によって審査落ちとなってしまっていた場合には解決ができることとなります。

間違った情報が記録されるケースは決して多くはありませが、過去には大手携帯電話会社が間違った履歴を記録してしまったなどで問題となったこともあるため、なぜか審査に通らない、念のために信用情報を確認したいといった方は、それぞれで開示手続きを行いましょう。

費用がかかるのも含めてですが、開示は頻繁に行うものではありません。細かく開示をしても情報は保有期限を過ぎない限りは変わらないので、余計な開示は控えるべきです。

ページトップへ戻る