消費者金融と闇金の違い

あまりキャッシングに関して詳しくない方からすると、消費者金融も闇金も大して差がない、同じようなものなのではないかと感じてしまうものです。特に消費者金融をサラ金と呼んでいた時代のイメージが強い方の場合には、サラ金も闇金も似たようなものだろうと思っていることも多いです。

しかし、サラ金と呼ぼうと消費者金融と呼ぼうと、闇金とは決定的に大きく異なります。と言うよりも、消費者金融と闇金は完全に別物であるため、混同をしてしまうのは大変危険です。

知らずに借りてしまって闇金の被害に遭わないためにも、消費者金融と闇金の違いについてはしっかりと知っておく必要があります。また、消費者金融と闇金は何が違うのかを知っておけば、安心して消費者金融が利用できるようにもなります。

違法な貸し付けを行う闇金融

「闇金」と呼ばれる闇金融は、思っているほどに闇といったものではありません。最近では平然とネット上でウェブサイトを持ち、利用者を募っている闇金も多数存在するため、知らず知らずのうちに闇金を利用してしまっている方もいるほどです。

闇金がなぜ闇とされているかは、多くの闇金が貸金業者としての営業をする際に必要となる貸金業としての登録をしていないためです。登録をせずに利用者を募り、貸し付けを行うのは違法行為であり、闇金は違法な貸し付けを行っているものとなります。

金利に関しても異常なまでの高い水準での貸し付けを行い、法外な利息請求によって利用者に対して厳しい取り立てを行うのも闇金の手口です。法律で定められた上限金利を守っていないため、一度でも借りてしまうと大きなトラブルの原因になりかねないのです。

正規の消費者金融との違い

対してプロミスアコムモビットなどの正規の消費者金融は、貸金業としての登録もしっかりと行っているため、安心して借りられるようになっています。金利も当然ながら法律で定められた上限金利を守っており、法外な利息請求がされることはありません。

また、闇金では利用の際に伝えた個人情報をグループ内の闇金同士で横流しにする場合が多いですが、正規の消費者金融では個人情報をしっかりと守っています。申し込み時に同意をすることとなる信用情報機関等への情報共有はされますが、同意した範囲外には個人情報を流すことはないために安心です。

プライバシーを守ってくれるのも正規の消費者金融であり、貸金業法で禁止がされている言いふらしや第三者への取り立ても行いません。闇金はそもそもが違法であるために言いふらしや暴力的な取り立て、嫌がらせに関してもお構いなしで、一日でも闇金の返済が遅れると厳しい取り立てを受けてしまいます。

消費者金融と闇金は個人がお金を借りるといった面で見れば同じようなものではありますが、その内容には大きな違いがあります。違法である闇金からは絶対に借りないようにしてください。

サラ金は闇金ではない

聞こえがあまり良くないサラ金という言葉は、一昔前の消費者金融に対する呼び名です。サラリーマン金融を略したものであり、収入を得ている方、つまりサラリーマンに向けられた金融業者として消費者金融はサラ金と呼ばれていました。

実際にはサラリーマン以外の方でも借りられたのですが、一昔前は消費者金融のイメージが非常に悪く、グレーゾーンの高い金利で貸し付けを行っていたこともあり、俗称としてサラ金という呼び名が定着していた時代があります。

当時はサラ金も闇金も同じようなもの、似たようなものと考えられるほどに消費者金融のイメージが悪化していたため、現在の消費者金融業界を知らない方にとっては、サラ金も闇金も同じと考えてしまいがちです。

しかし、当然ながらサラ金と闇金は別です。サラ金とされる消費者金融は正規業者であれば上記のように闇金とは異なり、闇金はそのまま違法な闇金です。サラ金も闇金も同じ、似たようなものといった認識は間違っています。

似た言葉にマチ金がありますが、小規模な正規の貸金業者を指す場合が多く、マチ金も闇金とは異なります。ただ、何れも正式な名称ではないため、記載をしている情報によっては混同をしている場合もあるために注意が必要です。

消費者金融と闇金の見分け方

消費者金融、サラ金、マチ金とそれぞれの言葉には、何らかの定義はありません。あくまで客観的なものであり、言う人からすれば大手のプロミスですらマチ金とする場合もあります。

重要なのは呼び名云々ではなく、正規の消費者金融であるか違法な闇金であるかの違いで、見分け方をしっかりと知っておけば消費者金融でもサラ金でも、またはマチ金でも、どこで借りるにしても闇金の被害に遭わずに済みます。

基本となるのは金利で違法な闇金は高金利で暴利を貪っているため、借りようとしているところが少しでも怪しいと感じたのであれば、まずは金利を見るようにしましょう。法律で定められている10万円未満は20.0%、100万円未満は18.0%、100万円以上は15.0%の上限金利を超えていれば、それは違法な貸し付けとなります。

また、その他にも貸金業者としての登録番号を確認するなどがありますが、一部の闇金では既に廃業をした別業者の登録番号を掲げていたり、全くの別業者の番号を勝手に使っている場合もあるため、金融庁のウェブサイトで照会をしなければならないために手間となります。それであれば、金利を見た方が早いのです。

「審査なし」「誰でも」「ブラックOK」は危険

闇金はまともな審査をせずに少額の貸し付けを行うため、ブラックOKなどといった言葉を頻繁に用いています。甘い言葉に釣られて闇金の被害に遭わないよう、借り入れ先を選ぶ際には十分に注意をしてください。

基本は大手で借りるように

闇金を避けて正規の消費者金融で借りるのであれば、基本は大手の有名サービスを利用するようにしたいものです。TVCMで見かけるような有名な消費者金融であれば金利面もしっかりと守られ、困ったときには相談ができるために頼れます。

ただ、一点だけ気をつけておきたいのは、闇金の中には大手のサービス名を使っているところがあります。大手消費者金融や信販系のグループと思わせるような表記をしている場合があるので、しっかりと確認をして騙さないようにしてください。

一度でも手を出してしまうと家族や会社、近所の方々に対する嫌がらせなどをされる可能性がある闇金の被害に遭わないように、借りる際には信頼のできる大手消費者金融や銀行のカードローンとしましょう。

闇金かどうかの区別が付かない場合には、申し込みをしないといった選択が最も正しいです。少しでも怪しいと感じたのであれば、申し込みをすべきではありません。

ページトップへ戻る