イメージにある怖い取り立て

一昔前にTVや新聞などのメディアを騒がせた大手消費者金融の厳しい対応や、ドラマなどの影響によって借金の返済ができなくなると怖い取り立てを受けると考えている、感じている方は今でも多いです。

特に怖いイメージが根強く残る消費者金融からの借り入れの場合には、返済日を一日でも過ぎてしまうとしつこい電話連絡を受けたり、自宅や会社に取り立てに来るのではないかと思っている方も少なくありません。

たしかに返済日から過ぎれば連絡などは入りますが、しっかりと対応をしておけばイメージがされているような取り立てを受けることは、正規の消費者金融で借りている以上は起こりません。だからと言って返済に遅れても良いわけではありませんが、取り立てに関してを知っておけば安心して借りられるようにもなります。

期日から遅れるとまずは電話が入る

一日でも返済が遅れると厳しい取り立てを行うのは、消費者金融ではなく闇金融です。正規の消費者金融で借りているのであれば一日の遅れは特に連絡もなく過ぎてしまう場合も多く、数日遅れると確認のための電話連絡が入ります。

「返済日を過ぎてますがお忘れではないですか?」といった丁寧な電話連絡となり、うっかり忘れていた場合にはすぐに入金をすれば大丈夫です。ただ、期日から遅れることで通常の利率よりも高い遅延損害金が日割りで発生するため、なるべくなら遅れないようにしたいものです。

連絡を受けても手元にお金がない、何らかの事情で返済ができないといった場合には、電話口でその旨を伝えてください。少しの入金ならできるといった状況であれば、利息分だけの支払いでその月はとりあえずOKとなることもあります。

連絡が取れない場合

お金が無いから、返済ができないからと期日までに入金をせず、数日間が過ぎてからの電話による連絡にも対応をしないと、電話の回数もどうしても増えていきます。お金を貸してもらっていて契約内容通りの返済をせず、電話にも出ないとなれば当然です。

はじめは携帯電話への連絡に留まりますが、再三の電話でも対応をしない場合には自宅に連絡が入ることとなります。それでも本人に連絡が付かなければ、勤務先に電話がかかってくる場合もあります。

自宅や勤務先に電話がかかってきても、家族や会社の方に対しての取り立てや言いふらしをするわけではありませんが、それでも何度もかかってくると不審がられてしまいます。払えないとしても携帯電話宛の連絡の時点でしっかりと対応をし、払えないなら払えないで返済に関する相談をしっかりとしておけば、自宅や勤務先宛の余計な連絡は防げるようになります。

不用意な電話連絡は禁止されている

一昔前と比べて厳しくなっている現在の貸金業法では、不用意な連絡は禁止がされています。本人に連絡が取れないのであれば自宅や勤務先への再三の電話は不用意なものではなくなりますが、携帯電話宛で連絡が取れるのに嫌がらせのように勤務先に電話をかけるといった行為は、正規の消費者金融、特に大手の消費者金融では起こりづらくなっています。

それでも連絡が取れない場合

携帯電話宛も自宅も勤務先も、どこに連絡をしても本人に繋がらなければ、確認のために自宅に訪問をしてくる場合があります。担当者が直接自宅まで足を運び、返済状況や今後の返済プランの確認をします。

「直接の取り立ては禁止されている」と間違った認識を持っている方もいますが、自宅への直接の訪問は何も禁止はされていません。禁止がされているのは大勢で押しかける、暴力的な言動で返済を迫る、近所に分かるような言いふらしをするなどといった行為で、通常の訪問に関してはしっかりと法に則って行われています。

貸したお金を返してもらわないと困ってしまうのは当然で、訪問による本人の確認や返済プランの確認は何もおかしなことではありません。おかしいとすればそうなるまで再三の連絡があったにも関わらず電話での対応をしない、相談もしない借り手自身であるとも言えるでしょう。

自宅への訪問の前には催促状などが届く場合も多いです。その時点で連絡をして返済の相談をし、今後はどのようにするかを決めておけば、訪問による確認がされることも基本的にはありません。

自宅訪問は取り立てではない

自宅への訪問はその時点で返済がされるとは思っていない場合が多く、お金を取りに来るというよりも返済の計画を練る目的となります。訪問をして返済ができるほどお金があれば既に返済をしているものであり、お金が無いから返済ができないとは担当者も分かっているので、今現在は返済ができないとしても今後はどのようにするかを話し合います。

毎月の返済金額が大きすぎて払えない、少しずつなら支払えるといった場合であればその時点で相談をしておけば、何らかの案を出してくれることもあります。もちろん本来はそうなる前にすべきではあるのですが、実際に訪問がされて初めて危機感を覚えるといった方も少なくありません。

各消費者金融の業務には訪問による確認もあり、ドラマのようなドアをドンドンと叩くといった行為や、家の前で大騒ぎをする、張り紙をするなどといったことはしませんが、長期に渡って返済行わずに連絡も取れないとなると、自宅訪問がされる可能性が出てきてしまうのです。

貸金業法では訪問の時間も厳しく決められているため、プロミスアコムなどの正規の消費者金融や銀行、信販会社で借りている以上は深夜早朝に来るといったことはありません。

厳しい取り立ては昔の話

電話口で暴力的な言葉を浴びせてくる、自宅に大勢で取り立てにくるといった厳しい対応は昔の話、ドラマや漫画の世界の話です。改正貸金業法が施行されてからは各消費者金融とも取り立ても派手に行えなくなってしまったため、そこまで厳しく連絡ができなくなっています。

ただ、それに甘えて返済を疎かにしてしまうと、自身の信用情報に大きなネガティブ情報が記録されることとなります。信用情報に問題があると今後のローンやカードの審査に悪影響が出るばかりでなく、保証契約を結ぶ賃貸マンションやアパートの審査にすら通らなくなる場合があります。

厳しい取り立てがされないからといっても、返済は基本は期日通りに必ず行わなければなりません。遅れれば遅れた分だけ高い遅延損害金も付いてしまうので、なるべくなら遅れないようにしっかりと入金を行ってください。

遅延損害金は消費者金融では20.0%の年率で日割りで付く場合が多く、通常の金利に加えての負担となるために支払いが苦しくなります。遅れれば遅れるだけ返済がしにくくなるため、注意が必要です。

銀行も対応は変わらない

銀行で借りれば安心、取り立ても厳しくされないと考えている方もいるかもしれませんが、実際には銀行も消費者金融も変わりません。そもそも銀行カードローンの多くは保証会社の消費者金融や信販系会社に審査や返済がされなくなった際の取り立てを委託しているため、銀行で借りてはいるものの利用先は消費者金融や信販会社となっているようなものです。

長期に渡って返済がされなければ、銀行ではなく保証会社である消費者金融や信販会社を相手に対応をすることとなります。銀行で借りていても消費者金融で借りていても結局は同じであるため、銀行だから取り立ては安心といったこともないのです。

どこで借りるとしても返済はしっかりと行うのが基本であり、信頼のできるところだから遅れても大丈夫などとは考えず、自身の収入や支出から考えて無理のないプランで返済ができるようなカードローン利用を進めてください。

どこで借りるにしてもしっかりと返済ができるように、利用前の返済シミュレーションが欠かせません。毎月に継続して続けられる返済金額になっているかなど、よく確認をしてから借りるようにしましょう。

ページトップへ戻る