生活費にも使えるカードローン

カードローンによる借り入れは資金使途を細かく定めているわけではないので、生活費としての利用ももちろん可能です。家賃の支払いが足りない、給料日までの食費が足りないといった場合にもカードローンによる借り入れが利用できるので、困ったときには大変助かります。

ただ、生活費としての借り入れは、今後の資金繰りが明確になっていないと借り入れを繰り返すことともなりかねません。借金で生活を回すようになると利息の負担が大きくなってしまうため、生活費として借りるとしても今後はどのようにするかをよく考えておく必要があります。

家賃の支払いが継続して困難であればカードローンで借りても一時的に問題を先送りにするしか過ぎず、生活費全般が足りないのであれば生活レベルそのものを見直す必要もあります。カードローンで生活費を借りるのはそこまで難しいことではありませんが、借金で生活をしないためにはいくつか考えておきたい点があるのです。

一時的にお金が足りない場合

何らかの出費が重なって一時的に生活費が足りない場合には、カードローンが便利です。来店不要でネットでの申し込みが可能で、そのまま来店不要でスマホでWeb契約ができる消費者金融や銀行も多いため、手間をかけずにカードローンの利用が開始できます。

カードローンは事業資金やギャンブルなどの利用を除く、健全な消費性資金や生計費の範囲であれば用途は自由となっており、家賃や光熱費、携帯電話料金の支払いにも利用ができます。限度額の範囲内なら繰り返し何度でも借りられるので、追加で必要となっても限度額内なら再び申し込むことなく借りられるのも利点です。

借りたお金は毎月の分割返済でも一括返済でも自由に返せるようになっており、消費者金融でもプロミスアコム月々の返済金額が少なくなっているため、余裕を持って返済が行えます。暮らしに無理のないプランで返済が進められるので、生活費として早くに借りたい場合には消費者金融のカードローンにも注目です。

第0位
★★★★★
プロミス
早い審査回答と最短1時間の融資対応で人気が高い、信頼のできる大手カードローンサービスです。
プロミス
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
プロミス
来店不要の銀行振り込み融資は平日14時までのWeb契約で、契約機を利用するカード受け取りであれば土日でも営業時間内であれば最短即日の対応も可能です。急な出費にも頼れる借り入れ先として人気が高く、メールアドレスとWeb明細の利用登録で初回の借り入れが30日間無利息になるのも利点の一つです。

生活費としての利用は適切か

生活費としてのカードローン利用は、普段の生活を送るお金がないほどに困窮している、それでは返済ができないと勘繰られてしまい、カードローンの審査基準を満たせなくなると考える方もいるのではないでしょうか。

たしかに生活費すら借りるとなるとお金に困窮しているのは事実ですが、そもそもカードローンはお金に困っている方が借りるものであるため、資金使途が家賃の支払いなどの生活費であるからといって審査落ちとなるわけではありません。

また、個人が借りるカードローンで最も多い資金使途は、生活費です。普段の生活を送る上でのお金が一時的に足りなくなった方が多く利用をしているため、家賃や食費が足りない、給料日までのお金が足りないといった生活費としての利用は、カードローンでは決して珍しくはありません。

ギャンブルや浪費目的となると審査にも通らなくなってしまいますが、申し込み時に入力をする資金使途が生活費であるからといって、カードローンの審査で不利になることはありません。

生活費を借りた後はどうするか

カードローンの審査に通れば、早い借り入れ先なら最短即日融資での借り入れも可能となります。カードを使って多くの提携ATMやインターネットでの振り込み融資でお金が借りられるようになりますが、あまりにも便利なカードローンはどうしても利用が癖になりやすい面もあります。

一時的にお金が必要であればその月だけのカードローン利用とすれば良いのですが、限度額の範囲内で繰り返し借りられてしまうカードローンは、翌月以降も特に必要のないお金を借りてしまう場合もあります。

借りられると分かると、少し無駄遣いをしても足りない分はカードローンで借りれば良いと考えてしまい、普段の生活における浪費等も増えてしまう場合もあるのです。それでは借金の支払いからいつまで経っても抜け出せなくなってしまうので、カードローンによる借り入れは緊急時のみに留めておくべきでしょう。

カードローンの限度額は自分のお金ではない

カードローンは利用に慣れると限度額が自分のお金のように感じられてしまい、限度額があれば「まだこれだけ借りられる」と、まるで銀行口座にお金が入っているような感覚に陥ります。しかし、借りれば決して安くはない利息を支払って返済をしなければならないので、余計な借り入れは重ねないようにしなければなりません。

生活レベルを見直す必要も

冠婚葬祭などで一時的に出費がかさんで、その月の生活費が足りないといった場合であれば特には問題はありませんが、特に出費がかさんだわけでもないのに生活費が足りない場合には、生活レベルを見直す必要があるかもしれません。

どのような理由であれ、審査に通れば生活費としての借り入れはカードローンで利用ができますが、特に出費がかさんだわけでもないのに生活費を借りるようなことをしてしまうと、翌月以降も借りなければ生活ができない水準となりかねません。

借りれば翌月以降は利息をつけた返済を行う必要があり、返済で生活が圧迫されればさらにお金が足りなくなります。返済でお金がないからとカードローンで借りればさらに返済が負担になるので、急な出費以外で生活費が足りない場合には、普段の生活にかかるお金を見直すようにしましょう。

借りて解決をするのはカードローンの審査に通れば難しいことではなく、周りにも内緒で利用ができるために簡単な方法となります。しかし、生活費を借りるのは根本の解決にはならないので、生活水準の見直しも必要となる場合があるのです。

返済があるうちは贅沢をしない

生活費としての借り入れに限らずですが、カードローンの返済があるうちはなるべく贅沢はするべきではありません。贅沢をするお金があるなら繰上げ返済でも積極的な返済に使うべきで、とにかく早くに返し終えて利息負担を減らすようにしなければなりません。

最近のカードローンは借り入れ残高に対する毎月の返済金額が少なくなっているため、月々の返済自体は大きな負担とはなりません。しかし、最低限の返済で進めるだけでは完済までに長い期間を要してしまうので、最終的な利息総額、支払い総額が膨れ上がります。

余計な利息で返済を負担にしないためにも、カードローンの返済があるうちは普段の生活も贅沢をしないようにし、とにかく返済を最優先で考えるようにしましょう。生活における贅沢は返済を終えてからにした方が、余計な利息を支払わずに済むのです。

利息はどれだけ払っても返済は進まないので、いかにして借り入れの残高を減らすかが返済で重要となる点です。贅沢をするお金があるなら、返済に回しておけばより多くの残高が減らせるようになります。

ページトップへ戻る