無駄遣いをしないようにする

契約を行えば以後は限度額の範囲内で何度でも繰り返し借りられる便利なカードローンは、借り入れに慣れすぎてしまうとお金を借りている感覚が薄れてしまうため、ついつい余計なお金としての借り入れを繰り返してしまう場合があります。

本来は必要の無い範囲のお金までカードローンで借りてしまうと、返済の計画もしっかりと立てていない場合が多いことで、その後の返済が大きな負担となる可能性もあります。

計画的に必要最低限の利用に留めれば便利なカードローンも、無駄遣いとしての借り入れとしてしまうと折角の良さも失われてしまいます。カードローンを便利に使っていくためにも、無駄遣いはしないようにしたいものです。

資金使途が自由の罠

カードローンは基本的に資金使途は厳しく縛られておらず、事業資金を除く消費性資金としての利用であれば自由となっています。消費者金融でも銀行でもカードローンに関しては資金使途は変わらずに自由であり、幅広く目的や計画に合わせて利用ができます。

申し込み時には資金使途、借り入れ目的の選択欄や入力欄がありますが、契約後の反復利用時においては目的の申告は必要ありません。発行されたカードを使って対応する提携ATMでも、インターネットでの銀行振り込み融資でも資金使途や目的を言わずとも借りられるので、事業資金を除けばどのような用途にも使えることとなります。

だからこそ気をつけたいのが、無駄遣いとしてのカードローンの利用なのです。初回の借り入れ時には明確な目的を持っているものですが、繰り返し借りる反復利用時においてはどうしても無駄遣いをしてしまう方がいます。

カードローンは個人が使う範囲であれば自由となっているからこそ、余計なことには使わないようにする自制心が必要です。そのためには無駄遣いをしないような借り方、使い方についても知っておくと良いでしょう。

借り入れは最小限に抑える

無駄遣いにカードローンを利用しないためには、借り入れを最小限に抑えるのが基本となります。例えば、必要な金額が3万円だとしても、キリが良いからと5万円を借りたりすると2万円が無駄遣いへの繋がってしまう可能性が高くなります。

キリよく借りておいて使わなければそのまま返せばいいと考えて借りるものですが、お金は手元にあるとどうしても使ってしまうものです。特に働いて得たお金ではなくカードローンで借りたお金となると重みも異なるため、余計に手元にお金があるとついつい無駄遣いへと繋がってしまいます。

カードローンは何も一度に大きく借りなくても、必要であれば限度額の範囲内なら繰り返し何度でも借りられます。不必要にキリよく借りずとも、追加で必要となればその都度で借りれば良いので余計な借り入れによるカードローン利用はしないようにしましょう。

借りる際の提携ATM利用手数料が気になる、追加で借りる際に手数料がかかるのが嫌だと考えるのであれば、提携ATMでの利用手数料が無料となる銀行カードローンでの借り入れを考えてみるべきです。

自分のお金だとは思わない

カードローンは使い始めの時期は借金をしている、カードでお金を借りているといった気持ちから、利用の慎重になるものではあります。たくさん借りると返済が負担になりそうだからと少しの借り入れに留めるものの、借り入れを繰り返すうちに抵抗が薄れてきてしまいます。

次第にカードを使ってコンビニや金融機関の提携ATMで借りる際には、借金をしているという感覚がなくなってしまいます。まるで自分のお金を銀行口座から引き出しているようにカードを使って借り入れを重ねてしまい、余計な借金を増やしてしまうのです。

借りた分は利息を付けて返済をするとは言っても、カードローンによるお金は自分のものではなく借りているものです。借金をしている感覚さえ忘れないようにすれば余計な借り入れ、無駄遣いによるカードローン利用も抑えられるようになるので、借金をしている自覚は常に持つようにしましょう。

人によっては借金が癖になりやすい

お金は本来は働かないと入ってこないもので、それがカード1枚でATMから引き出せるとなると何だか気持ちも大きくなってしまいます。本来の使えるお金以上が一時的にカードローンによる借り入れで利用ができてしまうため、借り入れに慣れすぎると借金が癖になります。何度も借金を重ねるとそれこそ多重債務の原因ともなりかねず、大変危険です。

返済の計画は常に立てる

例え低金利でのカードローンであるとしても、利用の際には返済の計画はしっかりと立てるようにしてください。収入や支出に対する返済の計画をしっかりと立てておけば、無駄遣いによる余計な借り入れは大抵の場合で防げるようにもなります。

自分自身で余裕を持って返せる範囲での借り入れ、無理のない返済金額となるように借りるのであれば、無駄遣いによる借りすぎも起こりません。やはりカードローンで最も重要となるのは返済の計画であるため、暮らしに役立つ借り入れとするためにも計画性は外せないのです。

返済に関して分からないところ、不安点があれば借りる前にしっかりと相談をしておくのも良いです。何も知らずに「これぐらいなら返せるだろう」と余計な借り入れを重ねるのは大変危険であるため、返済の計画は常に立てておかなければなりません。

各カードローンサービスでは公式サイト上で返済のシミュレーションが行える場合が多く、毎月の返済金額や返済期間、支払い総額等が簡単に調べられるようになっています。

交際費や交遊費も無駄遣いに

そもそも無駄遣いとはどのような用途に対するお金の使い方なのかと言えば、それは人それぞれです。本来の生活からは必要のないもの、今は無理に必要としなくても良いものに対するお金を無駄遣いとするなら、交際費や交遊費もタイミング次第では無駄遣いとなります。

給料日前でお金がないときに何らかの誘いがあった場合に、行かなければ今後の付き合いに影響するならカードローンで必要最低限の借り入れを利用し、誘いに乗るのも良いでしょう。ただ、いつものように誘ってくる、頻繁にある誘いであればわざわざカードローンで借りてまで乗る必要はなく、手元にお金があるときにだけ参加をすれば良いです。

お金が無くても誘われたからといって毎回のように参加をしていては、人それぞれ生活レベルが異なる中で、手元のお金がない人は常に金欠の状態となってしまいます。お金がないのに誘いに乗り続けていれば借金まみれとなってしまい、限度額一杯まで借りてしまって新たに利用ができなくなって初めて危機的状況に気付くのです。

交際費や交遊費は何も必ずしも全てが無駄遣いとなるわけではありませんが、タイミングや内容によっては無駄遣いともなりかねない用途です。その他にも浪費等も当然ながら無駄遣いとなるので、それはあくまで自分で稼いだお金、自分のお金の範囲内で留めるようにしましょう。

そもそもカードローンでは浪費やギャンブルといった使い道には対応をしていません。健全な消費性資金としての利用に留まるので、浪費やギャンブルにカードローンで借りたお金を使いたいといった場合には利用不可となります。

必要以上のお金を手元に置かない

カードローンで借りたお金に限らずですが、お金は必要以上に手元には置かない方が良いです。お金は手元に置いておくと無駄遣いへと繋がりがちなため、必要最低限のお金のみを持っておく方が良いのです。

給料を銀行口座から引き出す場合でも、何も全額を引き出す必要はありません。必要最低限の金額だけを下ろすようにすればその範囲内でやりくりをしようとするため、無駄遣いにも繋がりにくくなります。

そもそもをカードローンで借りずに済むようにお金をうまくやりくりし、どうしても足りない、どうしても必要なお金が足りないといった場合に限り、カードローンによる借り入れを利用するようにしましょう。

借りて解決といった考えが当たり前になってしまうと、借金がどんどんと増えてしまう傾向にあります。多くの借り入れを抱える多重債務にならないためにも、余計な借り入れは控えるべきなのです。

ページトップへ戻る