未成年者には厳しい基準

カードローンの利用のためにはいくつかの利用基準を満たした上で申し込みを行い、各消費者金融や銀行の審査基準にクリアをしなければなりません。審査基準に関しては非公表であるために詳しい内容は分かりませんが、利用条件に関しては明記がされているのではっきりと分かります。

消費者金融で見てみると大手では20歳以上の年齢と安定した収入を必須としており、どちらかが欠けていると申し込みが行えません。20歳未満の方、安定した収入を得ていない方では消費者金融の利用はできず、審査に通るどころか申し込み自体が行えなくなっています。

銀行もメガバンクや有名なネット銀行、規模の大きな地方銀行では消費者金融と同様に20歳以上の年齢を必要としているため、未成年の方では申し込みが行えません。未成年者はカードローンでお金を借りるのは現実的ではないと言えます。

未成年者は借りられないのか

大手の消費者金融や有名銀行に限って言えば、未成年者のカードローン利用はできません。年齢の条件を満たせなければどうにもならず、アルバイトなどで安定した収入を得ているとしても年齢条件を満たせないため、カードローンによる借り入れの利用はできなくなっています。

ただ、借り入れ先を変えれば未成年の方でも借りられるところはあります。代表的な借り入れ先となるのが学生ローンで、貸金業者としての登録をしっかりと行っている学生ローンであれば、しっかりと上限金利を守っているために法外な利息が取られることもありません。

借りられる金額は数万円程度の少額となる場合もあり、まとまった金額が学生ローンで借りられるわけではありませんが、未成年者が何らかの理由でお金が必要となった際には、学生ローンでの借り入れが役立つ場面もあります。

学生街に多い学生ローン

学生ローンはその名の通り貸付対象者を学生としているため、学生街に店舗を構えている場合が多いです。ネットでの来店不要の申し込みも行えますが、借り入れ先によっては手続きに来店が必要となる場合もあるため、利用をする際には近くの学生ローンを考えた方が良いです。

学生ローンで有名なカレッヂを例に挙げれば、申し込み方法は来店をしての店頭での手続き、インターネット、電話と複数用意がされています。何れの方法でも審査と契約完了後に早ければ最短即日での融資も可能となり、インターネットや電話での申し込みであれば来店不要で早ければ当日中の振り込み融資も可能です。

未成年者でも高卒以上の学生の方であれば限度額は一定に制限がされるものの、カレッヂでは貸付対象としているために審査に通過ができれば借りられます。大手の消費者金融では利用が難しい未成年者でも、学生であれば少額の借り入れは利用ができる可能性があるのです。

学生ではない未成年者となると、学生ローンの利用ができないために借り入れ先の選定が難しくなります。学生ローンはあくまで学生のための貸金業者となるため、学生以外では利用ができません。

学生以外の方の借り入れ方法

学生ではない未成年者の方は借り入れ先が限定されてしまいますが、何も消費者金融や学生ローンに限らなければ借りられる可能性はあります。消費者金融や学生ローンほどに早くに借りられるわけではありませんが、クレジットカードのキャッシング枠を利用する方法であれば借りられないわけではありません。

クレジットカードは未成年者でも契約が可能で、基本はショッピング枠のみの付与とはなってしまいますが、正常な利用実績を重ねることで未成年者でもキャッシング枠が付けられる場合があります。キャッシング枠が付けば枠内で繰り返し何度でも、未成年者でもお金が借りられるようになります。

しかし、注意をしておきたいのが、クレジットカード申し込み時にキャッシング枠を希望しても、審査に通らない場合が多い点です。20歳以上で安定した収入を得ている方であれば審査通過の可能性はありますが、未成年者がキャッシング枠を希望してもキャッシング枠の審査には通らないのです。

キャッシング枠は利用実績に応じて付く場合が多い

未成年者におけるクレジットカードのキャッシング枠の付与は、初回契約時ではなく利用実績に応じて付けられる場合が多いです。学生ローンなどのようにすぐにお金が借りられるわけではなく、初回は基本としてショッピング枠だけとなるので注意が必要です。

親権者の同意が必要となる場合も

未成年者がお金を借りる際には法定代理人の同意が必要となる場合があります。学生ローンであれば必要書類を揃えることで特に不要で借りられるようにもなっていますが、その他の借り入れ先で未成年者が借りる場合には、法定代理人の同意がないと利用ができません。

未成年者における法定代理人は主に保護者を指し、親の同意がなければ未成年者は借りられないことになります。同意を求めるためにはお金を借りることを保護者に伝える必要もあるため、内緒で借りるのは難しいと言えます。

内緒で借りたい、法定代理人である保護者の同意を必要とせずに借りたいとなれば学生ローンの利用が主となりますが、学生でなければ利用ができないため、未成年者のキャッシング利用は何かと面倒になる、ハードルが高いと考えておくべきです。

未成年者がお金を必要とする場面は遊びなどでの浪費が多く、実際には我慢をすれば借りずに済むこともあります。借りようとしているお金が本当に必要なのか、借りてまで必要なお金なのかはしっかりと自身で確認をするようにしてください。

返済はしっかりと行うようにする

キャッシングの利用における返済は、年齢を問わずに借りたのであればしっかりと行わなければなりません。未成年者であるとしても返済が甘くなるわけではなく、しっかりと期日通りに毎月の返済を行う必要があります。

返済に関するトラブルを起こしてしまえば信用情報機関にネガティブな情報が記録され、今後数年間に渡りクレジット審査で大きく不利になります。成人をしてからのカードローンやクレジットカードの審査、その他の信用が関係する審査に通らなくなってしまうため、お金を借りたのであれば返済はトラブルなく進めなければなりません。

また、どうしても返済ができない場合には黙って遅れるのではなく、まずは電話をかけるなどして相談をしてください。返済ができないからといって黙って遅れると余計な連絡が入る原因ともなり、周りに内緒にしていた借り入れがバレる可能性も出てきてしまいます。

返済ができないからといって下手なところで借りてしまうと、より大きなトラブルとなってしまう可能性があります。借りたお金で返済をすると負担が大きくなりすぎるため、しっかりと返済が行えるような計画的な利用を心がけてください。

なるべくなら自分のお金で

カードローンやキャッシングのサービスは困ったときに現金が借りられるために大変便利ではありますが、借りれば利息を付けて返済をしなければならないため、どうしても負担が大きくなりがちです。本当に必要なお金で借りなければどうにもならないといった場合であれば仕方がありませんが、そうではない場合はお金を借りるべきではありません。

特に未成年からお金を借りるのが癖になってしまうと、成人をしてからも借金から抜け出せなくなってしまう可能性があります。返済の負担も大きくなっていき、気が付いたときにはとても返せないような借り入れを抱えてしまう場合もあります。

お金がなければ借りれば良いといった考えではなく、お金がないとしても本当に借りる必要があるのかをよく考え、なるべくなら自分のお金だけでやりくりができるようにしておくべきです。それでも足りなければ借りることとはなりますが、お金を借りる際には返済の計画をしっかりと立て、借りすぎには十分に注意をして利用をするようにしてください。

収入が多くない未成年の方がお金を借りてしまうと、返済によってさらにお金がなくなり、いつまで経っても返済が終わらないといった状況にも陥りがちです。借りる際にはいつまでも返済を引っ張らないためにも、なるべくなら少額の利用としておくのも大切です。

ページトップへ戻る