届けられる郵送物でバレるか

カードローンによる借り入れは例え銀行の利用であるとしても周りには内緒にしたいもので、家族や会社の方々には知られずに借りたいと考える方がほとんどです。生活費としての借り入れであってもおまとめ借り換えとしての利用でも、目的を問わずに知られずに借りられるのが一番です。

最近のカードローンは消費者金融も銀行も来店不要スマホからでも手続きが行えるようになってきているので、申し込みだけであれば知られずに進められます。契約に関してもWeb契約とすれば誰にも見られることはありませんが、問題となるのはWeb契約後の郵送物です。

自宅宛の郵送となるカード

来店不要でのWeb上などでの契約を行うと、後日に自宅宛にカードや契約書類の郵送がされます。カード不要となるモビットのWeb完結の借り方であれば別ですが、その他のローンカードが発行される一般的なカードローンサービスにおいては、契約後は郵送物がどうしても届いてしまいます。

カードの受け取りは郵便局留めの対応やその他の場所への転送はできず、本人確認も兼ねているために自宅での本人の受け取りに限定される郵便で届けられる場合がほとんどです。契約後の郵送物に関しては勤務先宛の郵送も可能としているところもありますが、契約時のカードに関しては自宅で固定されます。

自宅での受け取りとなると家族に契約がバレてしまう、カードローンの利用が知られてしまうと心配に思う方も多いですが、一応は各消費者金融も銀行も配慮をしてくれているのでバレにくくはなっています。しかし、絶対にバレないわけではないので、自身で郵送物の扱いをしっかりとしておくなど、知られないようにしなければなりません。

差出人が分かりにくい消費者金融

自宅宛のカードの郵送でカードローン契約がバレにくくなっている理由は、差出人名にあります。大手の消費者金融ではそれぞれ差出人にサービス名を記載していないため、封筒をパッと見ただけではどこからの郵送物かは分かりません。

封筒の外側にはカードローンの文字の記載もない場合がほとんどで、中身さえ見なければどこからのどのような郵送物なのかは分からず、カードローンの契約をしたとも知られることはありません。

ただ、差出人名を家族の方に見られてしまい、調べられた場合にはバレる可能性があります。いくらサービス名は伏せられていても、大手消費者金融の郵送物は以下のような差出人名で届けられるため、ネットで検索をすればどこからの郵送物がかすぐに分かってしまうためです。

消費者金融 郵送物の差出人名
プロミス 事務センター
アコム ACサービスセンター
モビット MCセンター
アイフル AIセンター

家族の方が郵送物を見た場合に、例えばアコムからのACサービスセンターの差出人となっていてもそれだけではアコムからの郵送物、カードローンの契約を行ったとは分かりません。しかし、ネットで「ACサービスセンター」と検索を行うとアコムからの郵送物だと分かってしまいます。

その他の消費者金融においても同様で、郵送物を見られただけなら家族の方にカードローン利用や契約がバレるわけではありませんが、差出人名を見られてしまうとバレる可能性が出てきます。

受け取った郵送物で家族の方にバレたくないのであれば、差出人名を見られないようにするなど扱いをしっかりとしておく必要があります。また、そもそも郵送物がない契約方法も考えるべきで、家族に知られたくないならWeb契約以外の手続きを行うのも良いでしょう。

大手消費者金融では例えば個人名としたり、別の差出人名を指定したりといった対応は受けてくれません。中堅消費者金融なら対応ができる可能性がありますが、信頼性の面で大手に劣るために借りるなら大手とすべきです。

郵送物がない契約の方法

来店不要のWeb契約とすると上でも触れたようにカードレスとなるモビットのWeb完結以外は基本的に郵送物が届けられますが、Web契約としなければ郵送物なく手続きが進められる、契約が完結できるようにもなります。

例えば周りに見られないネットでの申し込み後に近くの自動契約機を使う方法で、契約機ならその場でカードや契約書類が発行されるため、後日の自宅宛の郵送物はありません。プロミスやアコム、アイフルといった大手の消費者金融で自動契約機の設置数も多い借り入れ先であれば、広い地域で素早く手続きが進められるために便利です。

また、契約機であれば土日も営業をしているため、平日だけでなく土日でも最短即日融資も可能となるのも利点です。申し込み内容や在籍確認手続き、時間によっては翌営業日の扱いとなる場合がありますが、平日だけでなく土日でも当日中のカード発行も可能となるのは急ぎで借りたい方に助かります。

契約機を利用しても後日に書類が届けられるところもあるため、郵送物なく手続きを進めたい場合には上記の大手消費者金融での契約を考えておくと良いでしょう。

見られても分かりづらい銀行

プライバシーを守るためにサービス名を伏せた差出人としている消費者金融は、パッと見ただけではどこからの郵送物かは分からないようになっている代わりに、調べるとすぐに消費者金融からの郵送物であると分かってしまいます。

その点、銀行でのカードローンであれば、Web契約や郵送契約としても届けられる郵送物は銀行名での封筒となるのでバレにくいです。差出人名を見ても銀行からの郵送物でしかなく、封筒にはカードローンの文字の記載がされていない場合がほとんどのため、中身を見られない限りは銀行でのカードローン契約とは家族の方にも分かりません。

どのような封筒が使われるかは銀行によっても異なりますが、多くは銀行の通常業務で使用される封筒と同じものを使っています。仮に家族の方に封筒を見られたとしても、銀行で口座を開設したと言っておけば、特に怪しまれることもないでしょう。

銀行のカードデスクからの郵送となる場合が多い

名称は金融機関によって異なりますが、ローンカードの郵送は銀行のカードデスクなどとなる場合が多いです。カードデスクと聞くとカードローンを思い浮かべるのはカードローンを利用しているからであり、カードローンを利用していると思っていない方からすればただ単に銀行のカードの郵送としか思いません。

契約後の郵送物はあるのか

Web契約時、郵送での契約時の後日の郵送物は仕方がないとしても、契約後まで届けられるとなると困ってしまいます。契約時にはどうにか誤魔化せても利用のたびに明細などが送られてくると難しくなりますが、その点に関しては大手の消費者金融や銀行での借り入れを利用している限りは問題ありません。

例えば利用明細が発行されない提携ATMでの借り入れや返済を行ったとしても、多くの消費者金融や銀行は明細のWeb交付に対応をしています。契約時にWeb交付サービスの利用をしっかりと行っておけば、利用明細は希望をしない限りは自宅宛に郵送はされなくなります。

また、その他の余計な郵送物も基本的には送られてきません。わざわざカードローン利用がバレてしまうようなパンフレットや案内を送りつけることはしないので、契約時さえ注意をしておけばバレずに利用は可能となります。

銀行によっては契約者向けに何らかの案内を送付する場合がありますが、それはカードローン利用者に対してではなく、口座開設者に対しても送っているのでいくらでも誤魔化せます。

不安な場合には連絡をして確認を

消費者金融で借りるにしても銀行で借りるにしても、契約時や契約後の郵送物で不安に感じる部分があるなら、問い合わせて確認をしておきましょう。余計な借り入れ先によってはダイレクトメールの送付をするところもあるため、連絡をして不要としておかないと送られてしまう場合があります。

合わせてWeb上での明細の交付に対応をしているか、登録ができているかも確認をしておけば、契約後の利用時における余計な郵送物の送付が避けられる、防げるようにもなります。

ただ、返済が正常に行えていない場合、長期に渡る返済の遅れとなった場合には話は別です。支払いを促す催促状や督促状が届いてしまうこととなるので、返済に関しては遅れずに不足せずに、トラブルなく正常に進めるようにしてください。

郵送物の有無問わず、カードローンの返済はしっかりと行わなければなりません。返済に関するトラブルを起こしてしまうと信用情報にも問題が生じるため、計画的な利用を進めるようにしましょう。

ページトップへ戻る