公務員のカードローン利用

安定した職業とされている公務員は、カードローンの審査においてもその高い安定性から有利に働く場合が多いです。職業だけがカードローンの審査基準ではありませんが、審査に通るか通らないかは職業も大きく関係をしているため、公務員であるといった安定性、信頼性は有利になることはあっても不利になることはありません。

もちろん収入の額や他社利用がある場合には借り入れの総額なども重要となり、収入や借り入れのバランスや信用情報の状況によっては、公務員の方でも審査におちてしまう場合もあります。

しかし、特に他社での借り入れもなく、あったとしても収入に対して無理のない範囲であり、信用情報にも特に問題がないようであれば、公務員の方であれば低金利の借り入れが可能となる銀行カードローンの利用も視野に入ります。

厳しい審査基準がクリアできる可能性

銀行のカードローンは消費者金融よりも金利が低くなる代わりに、借りるための審査基準が消費者金融よりも厳しくなります。アルバイトやパートの方では利用ができない場合も多く、申し込みを進めたとしても審査落ちとなってしまう方も少なくないのです。

その点で公務員の方であれば、安定性の高さで消費者金融だけでなく銀行カードローンの審査にも通過ができる可能性が出てきます。消費者金融も銀行もどちらの審査にも通る見込みがあるなら金利が低くなる銀行カードローンの方が優れているのは言うまでもなく、返済の負担を抑えて借りられる銀行は利用ができるなら優先的に考えておくべきです。

銀行の審査に通らないのであれば消費者金融の利用とはなってしまいますが、公務員の方で収入に対する借り入れもそこまで多くないような状況であるなら、まずは銀行カードローンでの借り入れから考えてみると良いでしょう。

公務員が不安な在籍確認の連絡

公務員に限ったことではありませんが、カードローン審査の際に行われる在籍確認は不安に感じる方も多いです。在籍確認の連絡でカードローン利用が周りにバレてしまうのではないか、内緒では借りられないのではないかと不安に感じるものですが、信頼ができる借り入れ先を利用するのであればプライバシーはしっかりと守ってくれます。

銀行のカードローンであっても在籍確認時には銀行名は出さないところが多く、担当者の個人名での連絡としています。申し込み者本人に電話が繋がれるまでは銀行名も用件も伝えないため、電話に出た方からはどのような内容の電話であるかは分からないようにしてくれます。

それでも電話自体が嫌、在籍確認で電話がかかってくるのが困ると感じる方は、電話なしで手続きが進められるモビットのWeb完結を考えてみると良いでしょう。モビットは消費者金融となりますが、消費者金融の中でも条件に優れた借り入れ先となっているため、Web完結による電話なし郵送物なしの手続きもあって公務員の方に人気が高いです。

第0位
★★★★★
モビット
Web完結での申し込みなら電話のない手続きと郵送物のない契約が可能で、知られずに借りられると評判です。
モビット
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
3.0%~18.0%1~800万円10秒簡易審査最短即日
モビット
Web完結の申し込みは勤務先への電話連絡がなく、契約後の自宅への郵送物も無いために知られずに借りたい方からの人気が高くなっています。ただ、Web完結は利用条件が若干ながら厳しくなっているため、利用ができない場合には通常のWeb申し込みで手続きを進めてください。※当日中の借り入れは14:50までの振り込み手続きが必要となります。審査結果によっては、ご希望に添えない場合もあります。

契約後に届く郵送物

多くのカードローンサービスはネットでの来店不要申し込みに対応をしており、契約も来店不要でWeb上で進められるようになっています。ただ、契約後に関してはカードや契約書類を受け取る必要があるため、来店不要の契約とすると後日に自宅宛に郵送がされることとなります。

カード類が入った封筒は中身を見ない限りはカードローンに関連する郵送物とは分からないようにしてくれていますが、消費者金融での契約の場合にはプロミスなら「事務センター」、アコムなら「ACサービスセンター」と差出人名を家族の方などに見られると怪しまれてしまう可能性があります。

その点、上に挙げたモビットのWeb完結の手続きならカードレスのキャッシングサービスとなるため、来店不要のWeb契約後のカード類の郵送はありません。また、銀行のカードローン契約ならカードや契約書類は銀行が通常業務で使用する封筒で届けられるため、封筒を見られただけで怪しまれない利点があります。

銀行名が入った封筒なら不自然ではない

消費者金融からの郵送物のように差出人名が変に伏せられていると、見られてしまった際に怪しまれる可能性があります。しかし、銀行名が入った銀行からの郵送物であれば、家族の方に封筒を見られたとしてもただの銀行からの郵送物、銀行で口座開設をした書類といった言い訳もできるため、郵送物で借り入れがバレてしまう可能性が下げられます。

公務員でも借りられない場合も

安定性があり、審査でも有利となる公務員の方でも、カードローンの審査に必ず通るわけではありません。何らかの問題があれば銀行も消費者金融でも審査に通過ができず、お金が借りられない可能性があります。

大きな理由の一つとして、借りすぎの問題があります。消費者金融で借りるのであれば年収の3分の1を超えては総量規制の関係で利用ができないため、収入に対しての借り入れが多すぎればいくら公務員であっても借りられません。銀行でも同様で、収入に対する借り入れが多すぎれば審査通過は難しくなります。

カードローンやクレジットカードの利用、その他の何らかの信用に絡むトラブルを起こしている場合も審査通過は公務員でも難しくなります。信用情報機関にネガティブな情報が記録されてしまうと、数年間は情報が保有されるために審査では大きく不利になってしまうのです。

これは公務員に限らずどのような方にも共通をしている部分であるため、特に問題がない状況であれば有利に働く場合が多い公務員の方であっても、共通をするマイナス要素に関しては審査では大きな悪影響を与えてしまいます。

その他にも何社も立て続けに多重申し込みを行うなども、いくら公務員とは言えども審査では不利になります。職業では不利にはなりづらい公務員の方でも、それ以外の部分では審査でマイナスとなる可能性はあります。

借りすぎには注意をする

アルバイトやパートと比べれば有利になりやすい公務員の方は、審査の結果次第ですが限度額もある程度は設定がされる場合があります。初回の限度額は大きくならないとしても、利用実績によって大きな金額まで限度額が増額される場合もあるため、困ったときには頼れるカードローン利用も可能となります。

しかし、便利に生活費をはじめとして様々な費用に自由に使えるカードローンだからこそ、借りすぎには注意をしなければなりません。審査に通るからと余計な借り入れを重ねてしまえば、毎月の返済も大きな負担となり、最終的な利息も大きく膨らむこととなります。

計画的に利用をしてこそ便利なサービスとなるのがカードローンであるため、公務員の方が借りる際にはしっかりとした返済の計画を持ち、適度な範囲での借り入れに留めるようにしましょう。

大きく借りてしまって返済ができなくなるような状況に陥ってしまうと、最終的に困るのは自分自身です。公務員としてのブランドも欠けてしまうため、お金を借りるのであればしっかりとした計画が必要不可欠なのです。

ページトップへ戻る