即日でお金を借りたい

急な出費などで即日お金を借りたいとなった場合には、審査や融資の対応が早い消費者金融が便利です。最短即日融資にも対応をするようなプロミスアコムといった大手の消費者金融なら、申し込みを行ったその日のうちに借りられるようにもなっているために安心です。

当日中の扱いに間に合う時間であれば銀行振り込みで最短即日で借りることも可能で、時間を過ぎてしまったとしても挙げたような大手の消費者金融なら自動契約機で手続きが行えるため、銀行振り込みの対応時間外でも即日に借りたいといった希望が満たせるようになっています。

とはいえ、さすがに24時間対応で即日に借りられるわけではないので、すぐにお金が必要だとしても当日中に借りられる対応可能時間や条件等については、事前にしっかりと確認をしておくと良いでしょう。

銀行振り込みで即日借りたい

銀行振り込みで借りる場合には来店不要のWeb契約とする場合がほとんどで、自宅や外出先でその場で申し込みから契約まで、スマホでも行えるのが大きな利点となります。

手間がかからずに即日借りるための手続きが行えますが、問題となるのは振り込みの対応時間です。

それぞれの借り入れ先によって対応可能時間は異なりますが、プロミスで申し込み当日の即日振り込みを希望する場合には、平日14時までのWeb契約を終えなければなりません。モビットにおいては14:50までの振り込み手続き完了が条件と多少は時間が長く持たれていますが、それでも時間の制限は厳しいと言えます。

何れにしても審査の結果によっては希望に添えられない場合があり、さらには申し込み内容次第では審査回答や契約に時間を要してしまう可能性もあります。どうしても即日に借りたい場合の時間のロスは致命的となるため、より確実に借りたいと考えるなら契約機の利用が良いでしょう。

時間外の手続きは翌営業日扱い

プロミスなどの大手の消費者金融では、審査回答時間が最短30分と非常に早くなっています。来店不要の銀行振り込みで即日借りたい方でも早い審査で当日中の融資に対応ができる可能性も十分にありますが、申し込みの時間が遅かったり、手続きがスムーズに進まないなどで時間を過ぎてしまうと翌営業日の扱いとなってしまいます。

特に祝日がない週で翌日も平日の営業日であれば借り入れが次の日にずれ込むだけですが、それでもその日に借りられなければ意味がない場合には翌日に借りても何にもなりません。

当日中の即日の振り込みで借りたいと考えるのであれば、まずは各借り入れ先の当日中の対応可能時間を確認し、時間に余裕を持った申し込み手続きを進めるようにしなければなりません。

●プロミスで即日借りたい
 ⇒平日14時までのWeb契約完了が条件

●アコムで即日借りたい
 ⇒平日14時半まで※の手続き完了が条件
 ※ゆうちょ銀行宛は14時までとなります。

●モビットで即日借りたい
 ⇒14:50までの振り込み手続きが条件

プロミスやアコムでは、金融機関によっては時間外でもその日のうちの振り込みも可能としています。プロミスでは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、アコムは楽天銀行宛であれば通常の銀行振り込み対応時間を過ぎていても最短即日の融資も可能です。

どの消費者金融で借りるとしても、審査の結果によっては希望に添えない場合があります。

時間外に即日借りるなら契約機利用

銀行振り込みでの対応ができない時間だけど即日に借りたい、銀行が休業となる土日や祝日に借りたいとなれば、各地に設置がされている自動契約機の利用となります。

契約機は土日でも営業をしているところが多く、事前にネットで申し込みを行ってから利用をするのであれば、時間もそこまで大きくはかけずにその場での契約も可能となります。早ければ土日でもその日のうちの契約とカードの発行となり、週末でも即日借りたいといった希望に合わせた利用が可能となります。

契約機は22時まで営業をしている消費者金融もあるため、夜間でも手続きが行えるのが利点です。昼間の空いた時間にネットで申し込みをして審査を終えておき、契約機に寄り道をしてから帰路に着くようにすれば、振り込みでは対応ができない時間や曜日の最短即日融資も可能です。

多くの提携ATMで利用可能

契約機で受け取ったカードは契約を行った消費者金融のATMの他に、コンビニや各金融機関の提携ATMでも利用ができるようになっています。

どこにいても便利に素早くお金が借りられるようになりますが、提携ATM利用時にはATM利用手数料がかかる場合があるために注意が必要です。

即日の借り入れを実現するために

借りられるかの審査結果は各借り入れ先の審査基準によるため、申し込みの段階では必ず即日借りられるかは分かりません。申し込みをしてみないことにはどうなるかは分からないのですが、だからといって雑な申し込みは行うべきではありません。

とにかく早くに借りたいからと急いで申し込みをしたばっかりに、余計な入力ミスが多く出てしまえば確認に時間を要するために審査時間も長引きます。また、入力内容に著しい間違いがあれば申し込み自体が取り下げられる可能性もあるため、即日借りるどころか借り入れそのものが利用できなくなることもあります。

即日借りたいのであれば余計な時間のロスはなるべく避けるべきで、そのためには申し込み内容のミスは無くす、正しい情報で入力するといったことを心がけ、即日に借りられるような手続きの進め方としなければなりません。

その他にも他カードローンとの多重申し込みはしないなど、申し込みの際の注意点はいくつかあります。多重申し込みは審査結果にも大きな悪影響を与える可能性は大きいため、行わないようにするのが基本です。

予めカードを作っておくのも良い

今ではなく今後に突然お金が必要となった際に即日借りられるかを考えているのであれば、予め契約だけを済ませておき、カードを作っておく備えとしての申し込みも悪くはありません。

カードローンは入会金や年会費は無料となるところがほとんどであり、利用をしなければ費用は発生しないためです。

カードを作っておけば提携ATMでも限度額の範囲内で即日の借り入れも可能となり、銀行振り込みの対応時間を気にしたり、契約機の営業時間を気にする必要もありません。ATMの利用可能時間だけ見ておけば良いので、申し込みを行ったその日のうちに借りたい場合に比べて時間にも気持ちにも余裕が生まれます。

急ぎで借りたいとなると借り入れ先の選定もしっかりと行えず、思わぬ悪徳業者に引っかかってしまう可能性もあるので、今後にお金が必要になりそう、借りることになりそうと感じているのであれば、予め契約を行っておくのも良い方法と言えます。

備えとしてカードローンの契約を行うなら、早さに関してはそこまでこだわる必要はなくなります。借りたい日にちまでに契約が行えれば良いので、ある程度は時間がかかるとしても低金利のカードローンを利用するといった選択もできるようになります。

必要なときにだけ借りる

審査や融資の早い消費者金融で借りる場合も、必要となったときに即日借りるための備えとしてのカードローン契約を行う場合も、どちらにしても本当に必要なときに必要な分だけ借りるようにしなければなりません。

余計な借り入れを重ねてしまうと毎月の返済が大きくなり、利息もかさむために負担も大きくなります。また、借り入れを重ねて限度額いっぱいまで利用をしてしまうと、本当に必要なときに借りられないといった事態も招きかねません。

即日借りたいとしても本当にそのお金は借りてまで必要なのかも考えるようにし、生活費などで必要であれば仕方がありませんが、交際費などでの利用であれば我慢をすることも必要となる場面もあります。

何でも借りて解決とすると借金が癖になってしまう可能性があるので、必要最低限の借り入れに留めてカードローンを暮らしに役立てるようにしましょう。

即日借りるとしても返済の計画はしっかりと持つことが大事です。なるべく早くに返し終えられる範囲で借りるようにすれば、急ぎで借りたい即日融資のカードローンも安心して利用ができるようになります。

ページトップへ戻る