便利なカードローンサービス

カードローンは契約をして限度額が設定されると、発行されるカードを使って限度額内で何度でも繰り返し借りられる便利なサービスとなります。資金使途も事業資金や浪費等を除く、健全な消費性資金や生計費としてであれば自由なため、普段の生活費の他に急な出費時にも頼れます。

借りる際にはコンビニなどの提携ATMでもカードが利用できるため、どこにいても素早く限度額内で借りられるのもカードローンの良さです。追加で借りる際には資金使途の申告も必要なく、自身の目的や希望に合わせて借りられるために困ったときに助かります。

ただ、便利で助かるからこそ、借りすぎには気をつけなければなりません。初回の申し込み、借り入れ時は慎重になるカードローンの利用も、追加で借りるとなるとどうしても慣れが出てきてしまうものです。余計な借り入れを重ねれば返済が負担となるので、必要最低限の計画的な利用に留める必要があります。

カードで借りられる便利さ

カードローンはその名の通りカードを使ったキャッシングローンであるため、契約後であればカードを使って提携ATMでお金が借りられるようになります。言ってみれば自分自身の銀行口座からお金を引き出す感覚でカードローンによるお金の借り入れが利用できてしまうため、便利さに甘えすぎると借金をしている感覚が薄れてしまう場合があります。

限度額があれば「まだ借りられる」と考えてしまい、まるで限度額が自分のお金、自分の銀行口座に入っているお金のように錯覚をします。利息をつけるとは言っても後から返済をするため、それは自分のお金を借りているといったことではあるのですが、それはあくまで借金であり完全な自分のお金ではありません。

自分自身のお金感覚でカードローンを利用して借り入れを重ねてしまうと、借り入れ金額がどんどんと増えていき、返済時の利息負担が大きくなります。また、カードローンサービスの多くは借り入れ残高によって毎月の返済金額を決めているので、多くを借りてしまうと毎月の一回あたりの返済負担も大きくなります。

借金をしている自覚を持つ

繰り返し利用ができるカードローンでの借り入れに慣れすぎてしまうと、借金をしているといった感覚が薄れます。自分のお金を引き出すような感覚で借り入れを重ね、翌月以降に返済を進めるといったサイクルを繰り返してしまいがちです。

カードローンに限らずクレジットカードにも言えることではありますが、利用枠を使ったカードでの借り入れや支払いは借金です。借金をしているといった自覚をしっかりと持てば、そうそう簡単にはカードの利用はしないはずです。

初めてカードローンに申し込みを行った際、借り入れを利用したとき、カードを使ったときは、誰もが慎重になるものです。その感覚は常に忘れないようにし、カード利用は借金だという自覚はしっかりと持つようにしましょう。

借金をしている感覚を持ち続けていれば、カードローンによる借り入れも必要最低限に抑えられるようになります。借金の自覚がなくなるとすぐに限度額一杯まで借りてしまい、返済が大きな負担となってしまうのです。

借りすぎた場合の結果

限度額があるからと借り入れを重ね、気がつけば限度額一杯まで借りてしまっていたといった状況になると、返済をしない限りは追加で借りられなくなります。本当に困ったときに限度額内での借り入れが利用できなくなってしまうので、手元のお金がなくなれば別のカードローンへの申し込みを行う場合もあります。

借り入れ先が一つであれば限度額一杯まで借りていても返済は何とかスムーズに行えるものですが、借り入れ先が複数となると途端に返済が負担となります。それぞれで返済金額や返済期日も異なるために返済に手間がかかり、当然ながら金銭面での負担も大きくなります。

返済に多くのお金を回さなければならず、多くのお金が返済に回されると今度は生活費が足りないといった状況に陥ってしまいます。しかし、それぞれの借り入れ先で限度額一杯まで借りていると生活費としての借り入れも利用ができないので、普段の生活すらも正常に送れなくなってしまうのです。

新たな借り入れ先を探すのも難しくなる

借りすぎてしまって借りているカードローンやキャッシングの利用先が多くなると、総量規制の関係もあって新たな借り入れ先を探すのが難しくなります。借りられなければ生活ができない、お金が回らないとなると、それこそ借金の整理しか道は残されなくなってしまいます。

ある程度ならおまとめで負担減も可能

借りすぎないのが基本ではあるのですが、借り入れ先が増えて返済が負担となっている場合には、低金利のカードローンを利用する一本化のおまとめローンで返済負担の軽減も可能となります。おまとめローンはあくまで借り換えであるため、今後の返済はもちろん必要とはなりますが、それでもばらばらに借りていたときよりは返済の負担は軽くなる場合が多いです。

カードローンやキャッシングは限度額が小さいと上限金利での契約となる場合がほとんどであるため、細かく複数から借りている状況が最も金利負担、返済負担が大きくなります。しかし、おまとめローンで一本化を行えば大きな金額で一つの借り入れ先から借りるため、金利の低下と利息負担の軽減に期待が持てるのです。

ただ、繰り返しとはなりますがおまとめローンは借金を整理するものではなく、あくまで借り換えの一つです。借り換えを行うためには返済能力を有していなければならないので、今現在の返済が正常に行えなくなっているような方ではおまとめローンの利用は不可となります。

おまとめローンで借りるためには、今現在の正常な返済が必要不可欠となります。既に返済ができなくなっている、収入に対する借り入れ総額が多すぎる場合にはおまとめローンの利用はできません。

借りすぎないことが重要

余計な借り入れを重ねてしまったり、借金の自覚を失ってしまうなどで借り入れが増えてしまうと、とにかく返済が大きな負担となります。返済が負担となってきてもおまとめローンでまとめて返済をすれば良いと考えるのではなく、そもそも借りすぎないようにするのがカードローン利用においては基本となります。

おまとめローンも利用のための審査基準は厳しくなり、誰でも利用ができるものではありません。収入状況信用情報によっては審査に通らない可能性もあり、おまとめローンの利用ができないとなれば返済もそのうちに不能となるかもしれません。

借りすぎなければそのような状況に陥ってしまうこともないので、やはりカードローンの利用は計画的に、必要最低限の借り入れに留める必要があります。余計に借りてしまいそうと考えられるのであれば、限度額の減額手続きをするなど自身でも借り入れをセーブするように心がけてください。

便利なカードローンのサービスはついついカードを利用して借り入れを重ねてしまい、返済を大きな負担としてしまう方も少なくありません。まずは無駄遣いとしての借り入れは控えるようにし、必要な分だけ借りるような利用から考えてみるべきです。

ページトップへ戻る