完済を早めるように返済を進める

カードローンの多くは借り入れ残高ごとに決められた毎月の返済金額を期日までに入金をし、返済を進めていくこととなります。毎月の返済金額は例え消費者金融であるとしてもそこまでは大きくなく、借りる金額が5万円や10万円と少なければ返済金額も2,000円や4,000円と少なくなります。

少しずつの金額で返済ができれば負担は軽くなりますが、軽くなる負担はあくまで月々の返済に関してだけです。一度あたりの返済金額が少なくなればその分だけ完済までに長い期間を要してしまうため、最終的な返済総額といった面で見る負担であれば大きくなります。

返済にかかる負担をどのように軽くしたいかによっても変わりますが、なるべくなら余計な利息を支払わずに完済をしたいものでもあるため、カードローンは早めに完済ができるように返済を進めるべきでもあります。

約定返済金額通りでは数年かかる

借り入れ残高ごとに決められた毎月の約定返済金額だけの返済を行うと、契約内容にもよりますが完済までに3年や5年といった長い期間がかかってしまいます。数百万円などの大きな金額を借りて数年をかけて返済をするなら分かりますが、10万円や20万円程度の借り入れで3年や5年もかけて返済をするのは避けるべきです。

返済の期間が長くなればその分だけ利息がかさんでしまい、気がつけば借りた金額に対して非常に多くの利息を支払っていたといった状況にも陥ります。一昔前であればグレーゾーン金利による払いすぎた利息の返還請求もできましたが、今では上限金利がしっかりと定められているため、過払いは発生せずに利息は取られ続けてしまいます。

毎月の返済がギリギリで約定返済金額だけの入金しかできないとなれば仕方がありませんが、なるべくなら余裕を持って返済が行えるように、ギリギリの返済にならないようにカードローンを使いたいものです。

繰上げ返済を積極的に活用する

毎月の約定返済金額だけの入金では3年や5年もかかる返済期間も、繰上げ返済を活用すれば大幅に短縮ができる可能性があります。繰上げ返済は当初の金額よりも多くの返済を行うなどで、完済を繰上げられる効果的な返済の方法となります。

一部の金融機関での借り入れの場合には繰上げ返済を行う際に手数料がかかる場合がありますが、大手消費者金融のプロミスアコム、有名銀行のカードローンであれば繰上げ返済時に手数料はかかりません。提携ATMでの返済を行うとなるとATMの利用手数料がかかる場合がありますが、繰上げ返済自体には手数料がかからないため、手数料負担のない返済の進め方を行えば余計な負担はありません。

毎月の返済金額から少しでも上乗せをして入金をする、借り入れ残高が少なくなってきたら前倒しで全額の返済をしてしまうなど、繰上げ返済を活用すれば負担は軽くできます。いつまでもダラダラと返済を続けるのは避けるべきであり、お金に余裕があるなら繰上げ返済を行うようにしましょう。

毎月の返済金額から上乗せをしての入金が効果的で、1,000円でも2,000円でも多くなくても上乗せをして返済を続けることで、最終的な利息総額は軽くなります。

繰上げ返済が効果的な理由

毎月の約定返済金額から僅かでも上乗せをして返済を進める繰上げ返済であれば、上乗せをした分は借り入れ残高への返済に充てられます。通常の約定返済金額だけの入金では利息と残高への返済分となるため、入金額の全額が残高への返済に充てられず、思うように返済が進みません。

しかし、上乗せをする繰上げ返済であれば上乗せをした分は残高への返済となるため、完済までの期間が短くなります。また、残高が減れば利息の負担も軽くなるため、最終的な支払い総額も繰上げ返済をしない場合と比べて少なくなります。

カードローンの利息は限度額ではなく借り入れの残高によって計算がされており、残高が減らせれば利息も減るようになります。利息が減れば同じ返済金額でも残高に充てられる金額が増えていくため、より完済が早まるようになるのです。

同じ返済金額でも返済の進みやすさに違いがある

カードローンは借り入れ残高が大きくなる借りた当初の利息負担が重く、例えば4,000円の返済でも一ヶ月の利息で半分近くまで取られてしまう場合があるため、4,000円の入金でも実際には2,000円ほどの返済にしかなりません。しかし、返済を積極的に進めて借り入れの残高が減り、かかる利息が1,000円となれば、同じ4,000円の返済でも3,000円分の返済が進められるようになります。

毎月の返済金額には余裕を持たせる

借り入れ残高ごとに決められている毎月の返済金額は、なるべくなら余裕を持たせておくと良いです。例えば毎月に1万円ずつの返済までなら行えるといった方であれば、返済が1万円になるような借り入れではなく、約定返済金額が5,000円程度までの借り入れに留めておくと良いのです。

返済金額が5,000円であれば上乗せをして1万円ずつ返済を進めていくと、その分だけ完済が早まるために利息総額が少なくなり、返済総額も抑えられます。また、急な出費が重なって返済に回せるお金が少なくなってしまったといった場合でも、余裕のある返済金額での借り入れとしておけば不足入金にはならず、最低限の約定返済金額の入金は行えます。

1万円の返済ができるからと1万円の返済となるような借り入れ残高で利用をしてしまうと、毎月の返済がギリギリとなるために返済も思うように進まず、出費が重なった月には返済金額が足りなくなり、不足入金となってしまう場合もあります。

返済に関するトラブルを起こしてしまうと信用情報機関にネガティブな情報が記録されてしまったり、借り入れ先での今後の限度額増額における審査に対して不利になってしまいます。

金利が低くても注意が必要

銀行のカードローンは消費者金融と比べても金利が低く、毎月の返済金額も少なく抑えられている場合もあるため、返済の負担が軽くなると考えられがちです。しかし、金利が低いとしても毎月の返済金額が極端に少なくなると、返済の期間が長くかかるために最終的な返済負担は大きくなります。

金利が低いからといって必ずしも返済金額が少なく済むわけではなく、利用の仕方や返済の進め方によっても変わってきます。金利が低い借り入れ先で積極的な返済を進められれば負担は軽くなりますが、最低額だけの返済の場合には話が変わります。

同じ金額を同じ期間をかけて返済をするのであれば、当然ながら金利が低い借り入れの方が有利とはなりますが、長期に渡る返済でカードローンの利用を考えている場合には、金利が低くても利息負担が大きくなる可能性があるのです。

カードローンは無担保で生活費などの生計費の範囲内であれば自由に借りられる便利さがある反面、目的ローンなどと比べると高い金利となるのが欠点です。返済の負担は常に考えるようにし、余裕を持って返済が進められるようにしておくべきです。

返し方次第で消費者金融も悪くない

返済の負担といった面で見ると、どうしても金利が高くなりがちな消費者金融は敬遠されてしまいます。しかし、借り方や返し方によっては消費者金融でも返済の負担は抑えられるようにもなっています。

例えば、大手消費者金融で実施をしている初回の無利息期間が付く借り入れを利用した場合などは、無利息となる間に多めの返済を進めておけば、翌月からは残高に対する利息となるために負担が大幅に減らせます。上でも触れているように残高が減れば利息も軽くなるため、返済負担は大きくなりません。

借りる金額や返済の期間、進め方によっても変わりますが、短期間での完済を考えている、繰上げ返済を積極的に活用して数ヶ月で返済をする予定といった場合であれば、多少の金利負担はあるとしても無利息期間が付く借り入れの方が最終的な支払い総額が少なくなる場合があるのです。

借り方や返し方、期間によっても変わるために人それぞれですが、完済を早めるための効率的な返済を進めるのであれば、一つの選択肢として無利息期間が付く消費者金融でのカードローン利用も悪くはないとも言えるでしょう。

返済を効率的に効果的に進められるのであれば、負担が大きくなるとイメージがされる消費者金融で低負担の借り入れが利用できる可能性があります。収入や支出のバランスから考えて、無理のない範囲で積極的な返済を進めるようにしましょう。

ページトップへ戻る