カードローンと保証会社

消費者金融で借りる上ではあまり関係のない話ではありますが、銀行のカードローンを利用しようとすると必ず目に入るのが保証会社の存在です。カードローンの利用条件に「保証会社の保証が受けられる」を条件としているために、銀行のカードローンを利用する上では保証会社は外せないものとなっています。

そもそもカードローンにおける保証会社とは一体何なのか、どういった役割をしているのかについては、あまり気にかけたこともないのではないでしょうか。

保証会社の保証を受けるとしても基本的なカードローン利用においては何ら変わった点はないのですが、保証会社を利用するカードローンで借りると考えている場合には、最低限の知識として保証会社の役割について知っておきましょう。

保証人の代わりのようなもの

保証会社は簡単に言ってみれば保証人の代わりのようなものとなり、保証会社の保証を受けることで利用者側での担保や保証人の用意を原則として不要としているカードローンが多いです。

保証人が必要となると途端にハードルが上がってしまうものですが、保証会社を利用することで保証人が原則不要となれば、カードローンも身近に便利に利用ができるようになります。特にカードローンは周りに内緒で借りたい商品であるため、保証人が原則不要となるのは助かります。

カードローン以外で見ても住宅ローンやマイカーローンなど、金融機関で借りるローンには保証会社は必ずと言っていいほどについてきます。保証会社の保証を受けることで利用者側の負担を減らし、貸す側のリスクも抑えられる双方にメリットのある契約となるのです。

保証会社の意味と役割

住宅ローンなどの大型のローンではなく、比較的小口となるカードローンの保証会社の役割は、主に融資のための審査や返済がされなくなった際の回収を行います。資金は潤沢にあっても個人向けの小口融資のノウハウは無い銀行が、個人向け融資に強い消費者金融や信販会社を保証会社としているのはそのためです。

保証会社に審査や返済がされなくなった際の回収を委託する代わりに、銀行は保証会社に対して一定の保証料を支払います。カードローンでは保証料を利用者が負担することは多くなく、ほとんどの場合で保証料は無料となっているのはこのためです。

貸し付ける銀行としては融資をするだけの資金さえ出せば、最悪の場合に返済がされなくなっても保証会社が弁済をするため、リスクは抑えられます。その分だけ金利を下げられるとも言え、保証会社を利用することによって様々な部分で利用者にもメリットとなっているのです。

代わりに払ってくれるわけではない

保証会社は返済ができなくなった場合の弁済を銀行に対して行いますが、当然ながら保証会社が代わりに払ってくれるから借金が終わり、といったわけではありません。保証会社が一時的に立て替えるだけであり、その後は保証会社が直接、利用者に対しての取り立てを行います。

消費者金融や信販系の保証会社

消費者金融や信販系で借りるのは嫌、関わりたくないからと銀行を選ぶ方も少なくありませんが、実際には銀行で借りても消費者金融や信販系と何らかの関わりは持つこととなってしまいます。

大手銀行のカードローンでも保証会社が消費者金融や信販系となっているためで、銀行で借りてはいるものの、実際の審査や返済ができなくなった際の取り立てに関しては消費者金融や信販系の保証会社が行います。

以下が大手メガバンクのカードローンにおける保証会社となっており、それぞれ消費者金融や信販系が保証会社となっているのが分かります。メガバンク以外の都市銀行や地方銀行、ネット銀行でも保証会社は消費者金融や信販系となっている場合が多く、銀行だけで審査を行っているカードローンは存在しないとも言えます。

金融機関 保証会社
三菱東京UFJ銀行
バンクイック
アコム株式会社
みずほ銀行
カードローン
株式会社オリエントコーポレーション
三井住友銀行
カードローン
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックはTVCMでもお馴染みの大手消費者金融アコム、みずほ銀行カードローンはオリコで有名な株式会社オリエントコーポレーション、三井住友銀行カードローンはサービスブランドのプロミスが有名なSMBCコンシューマーファイナンス株式会社がそれぞれ保証会社となっています。

3大メガバンクもそれぞれ保証会社は消費者金融や信販系となっており、地方銀行を見ても同様にアコムやSMBCコンシューマーファイナンス株式会社、その他の消費者金融系や信販系が保証会社となっているところが多いです。

消費者金融系が保証会社となっていると、カードローンの審査基準もそこまで厳しくないのかと感じてしまうかもしれません。しかし、消費者金融そのもので貸し付けるときと保証会社として銀行で貸し付けるときでは審査基準が異なるため、簡単には考えない方が良いです。

保証会社の審査で気をつけたい点

銀行カードローンで借りる際の保証会社の審査は、当然ながら信用情報機関に記録されている情報は照会されます。加えて保証会社が独自に持つ情報も審査の際の材料にされるため、信用情報には記録されていない情報であるとしても、保証会社に対して何らかのトラブルを持つ場合には審査に通過ができない可能性があります。

例えば過去にアコムに対して長期に渡る返済の遅れを起こしてしまっている、借りたお金が払えなくなって借金の整理をしたなどといった場合には、一定期間が経過すれば信用情報機関のネガティブな情報は消えますが、アコムが持つネガティブな情報に関してはいつまでも消えずに保有され続ける場合もあります。

そうなってしまうとアコムで今後は一切借りられないのはもちろん、関係が無さそうな銀行のカードローンであっても、アコム保証となっていると審査の際に弾かれてしまうので、アコムが保証会社となる銀行カードローンでも借りられないといった可能性もあるのです。

銀行カードローンの返済はしっかりと行う

審査に無事に通過ができたとしても、銀行のカードローンは返済をしっかりと行うようにしてください。返済に関するトラブルがあると銀行と保証会社の双方にネガティブな情報を持たれてしまうため、今後の何らかの審査に大きな悪影響が出ることとなります。

利用における不便さはない保証会社

保証会社と聞くと面倒で手間がかかると感じるかもしれませんが、カードローンにおける保証会社の利用は何も面倒なことはありません。申し込みも銀行の公式サイト上から一度行えば良いだけで、銀行と保証会社の両社に申し込みを行う必要もありません。

申し込み後に銀行と保証会社による審査が行われ、保証会社を複数用意しているカードローンの場合には1次審査と2次審査といった具合に、審査基準が異なる保証会社による審査が順次行われます。この場合においても申し込みは一度で良いので、保証会社が複数あるとしても面倒なことはありません。

保証会社の存在によってカードローンも利用しやすく、便利に借りられるようにもなっています。担保や保証人の用意も原則として不要となるため、保証会社の保証を受けることによって利用者側の負担も軽減されるようになっているのです。

多くの銀行カードローンは保証料が無料となっていますが、念のために銀行で借りる際には保証料の有無は確認をしておきましょう。別途必要となると、低金利と思えても結果的に負担が大きくなる可能性があります。

ページトップへ戻る