限度額は増額ができる

審査の結果によって決まる限度額は、初回の契約時にはあまり大きくならない場合が多いです。特に消費者金融での契約となると初回は10万円や20万円程度の限度額となる方が多く、思ったほど借りられないと感じられてしまうものです。

ちょっとした生活費としての利用であれば10万円もあれば十分ですが、今後の備えやまとまった出費へのお金として借りたい場合には、やはりどうしても足りない、心もとないものです。審査の結果で決まったものであるために仕方がありませんが、限度額はいつまでもその金額となるわけではなく、利用内容次第で増額も可能となるために諦める必要はありません。

初回は大きくなりにくい限度額を今後に増額するためには、必要となる条件や審査の基準をしっかりと知っておく必要があります。今は少額の枠に留まっているとしても、将来的に大きく借りられるように準備をしておくと良いでしょう。

初回の限度額が抑えられる理由

初回契約時に限度額が少額になる理由は単純なことで、信用ができるか未知数であるためです。例えば消費者金融や銀行からの借り入れに限らず、初対面の人にお金を貸すとしてもいきなり高額の融資をする方はいません。

ある程度の付き合いがあり、どういった人なのか、信用ができるのかを知っているのであればまとまった金額も貸せますが、知り合ってから長い期間が経っていない人に対してはいきなり大きな金額を貸すことはありません。

貸したところで返ってくるか分からないためで、消費者金融や銀行でも同様に初めての利用の方は返済がしっかりとできるかが掴みきれないことで、どうしても初回契約時の限度額は大きくなりにくいのです。

信用の積み重ねで限度額が増額される

初回契約時には返済ができるか、信用ができるか分からない状態でも、一定期間に渡ってしっかりと返済を進めていれば信用が積み重なり、限度額の増額も視野に入ります。借りても返せるだけの安定した生活を送っていると判断されれば、信用されて限度額が増えるといった形です。

信用を積み重ねるためには一定期間の正常な利用履歴が欠かせず、返済の遅れや不足での入金なく、借りたお金を期日通りに毎月の返済金額通りに入金を行う必要があります。返済に関するトラブルは信用を大きく落とす原因ともなるため、増額の有無問わずに避けるべきです。

信用を積み重ねるための利用実績が概ね半年程度は必要とされており、大手消費者金融のアコムを例に挙げると、契約から半年程度は経過をしていなければなりません。契約直度に限度額を増額したいと相談をしても申請は通らないので、半年間は待つ必要があります。

限度額が希望額に満たないからといって、一回の返済だけで限度額は増額されません。半年程度はしっかりと利用を行う必要があり、正常に返済を進めることで限度額の増額も実現ができます。

半年間は利用をする必要がある

限度額の増額のためには半年間の利用実績が必要となるため、契約から半年間のうちは借り入れや返済を行わなければなりません。契約から半年経過で限度額が増額できるわけではなく、その間にしっかりとした利用実績を重ねなければならないのです。

だからと言って余計に無駄に借りなければならないわけではなく、必要であれば借り入れ、しっかりと返済をすれば良いだけです。半年間に渡って常に利用をしていなければならないといった基準はないので、限度額が希望額に満たない、少額で使いづらいといった場合は必要最低限の借り入れに留めておけば問題ありません。

寧ろ、必要最低限の借り入れで余裕のある返済ですぐに完済をするような使い方であれば、返済能力に余裕があると考えられ、限度額が増額される可能性も出てきます。ギリギリでの返済を続けていると大きな金額を貸すにはリスクがありますが、余裕のある返済であれば限度額を増額しても返済は問題なく行えると考えられるためです。

借りてすぐに返しての増額は難しい

消費者金融は以前から初回の限度額は大きくならない傾向にありましたが、一昔前は初回契約直後に一旦全額を借り入れ、すぐに完済をして翌営業日には増額がされるといったことも可能でした。しかし現在では貸金業法も改正され、総量規制の関係等で消費者金融各サービスも審査基準を厳しくしているため、契約後に借りてすぐに完済をしての増額は現実的に不可となっています。

限度額増額のための審査基準

半年程度の利用実績で限度額の増額申請が行えるようになり、増額のための条件は満たせるようになります。その間の正常な返済履歴はもちろんかかせませんが、しっかりと返済を進めているのであれば増額申請の準備はできたこととなります。

限度額の増額申請ができれば、あとは増額が可能となるかの審査です。増額のための審査基準は新規利用時と同様に明かされていませんが、基本的には収入信用情報の確認等が行われるとされています。

増額によって大きな金額を貸しても返済ができるだけの収入があるかを収入証明書類等で確認をし、他社での利用状況はどのようになっているかを信用情報機関を通じて確認を行います。どちらも問題がなく、さらには借り入れ先の審査基準にクリアができれば、晴れて限度額が増額となります。

増額がされる限度額がどの程度になるかは審査の結果によって決まりますが、10万円が100万円や200万円などにいきなり上がる可能性は低く、元々が10万円であれば30万円程度となる場合が多いです。

他社で借りるより限度額の増額を

限度額一杯まで借りてしまっていて急な出費でお金が必要になった場合には、他社に新たに申し込みを行うよりも先に、利用中の消費者金融や銀行での限度額の増額が可能かの相談をしてみる方が良いです。

借り入れ先を増やしてしまうと返済が大きな負担となり、それこそ多重債務の入り口となってしまいます。多くの借り入れを抱えるとおまとめローンなどで一本化をしないと返済が苦しくなる可能性があり、さらに借り入れの件数が増えると次第に条件も悪くなっていくため、新たに借りたとしてもそれこそ非常に小さな限度額で高い上限金利での契約となる場合が多いです。

それであればまずは利用中の借り入れ先で限度額が増額できないかを確認し、増額ができれば余計な借り入れ先を増やす必要もなくなります。また、限度額の増額によって金利が低下する可能性もあるため、新たに借りるよりも好条件で利用ができる場合すらもあります。

一定期間の利用実績が必要とはなるものの、増額ができないかの相談に関しては結果を問わずにいつでも行えます。新規で他社で借りるよりも、まずは増額に関する相談をコールセンターや会員専用メニューから進めてみると良いでしょう。

他社での借り入れがある方も、好条件な限度額の増額によって借り換えが有効となる場合もあります。増額が可能であれば、金利の低下が可能であれば借り換えたいといった場合にも、限度額の増額は活用できます。

ページトップへ戻る