電話連絡は少なくしたい

カードローンの申し込みから契約においては、基本的に電話での連絡が一回は入ります。本人確認や在籍確認となり、電話連絡が不要となるモビットのWeb完結などの特殊な申し込み方法を除くと、電話での連絡や確認は必須となります。

一度であれば電話での連絡が入っても何とか対応ができても、二度も三度も電話がかかるのは困ります。仕事中であれば電話での対応ができない場合もあり、対応ができないとなると手続きが進まないために契約も遅くなってしまいます。

なるべく早くに借りたい即日融資でのカードローン利用を行いたいと考えている場合には、電話による連絡が多くなるのは希望通りの借り入れとはならなくなる可能性があります。対応自体が手間となる部分もあるので、なるべくなら電話連絡の回数は少なくして契約まで進められるようにしたいものです。

本人以外への電話連絡の回数

あくまで申し込みの内容や審査の結果によりますが、本人以外の例えば勤務先への電話連絡に関しては何度も複数回に渡っては行われません。確認が取れない、誰も電話に出ないとなれば話は別ですが、在籍確認の電話に関しても一回で確認が取れれば何度もかかってくるわけではありません。

何らかの事情によって複数回の電話での対応が必要となるのは基本的に本人宛の電話であり、申し込みから契約までの間に関しては、会社への電話の回数はそこまで気にする必要はありません。

会社へ何度も電話連絡が入るのは困ると考えてカードローンの申し込みを不安に感じている方がいるとすれば、その点に関しては問題はありません。一度でしっかりと確認が取れれば、二度も三度も電話連絡は入れてきません。

電話の回数が増える理由

申し込みから契約まで何ら問題なく進めば、多くの借り入れ先では少ない電話連絡で済むようになります。申し込み後の審査結果をメールで伝えてくれるところであればその後の本人確認だけとなり、何度も電話での対応を行う必要はなくなります。

ただ、例えば申し込み内容によく分からない部分がある、提出する免許証などの本人確認書類と申し込みの内容に異なる部分がある場合などは、確認のために本人宛に電話での連絡が入ることとなります。正しい情報でないと契約は行えないので、当然ですが確認のための連絡が入ります。

慌てて申し込みを行うと入力内容にミスが生じてしまい、その結果として電話連絡が増えてしまうこととなります。いくら携帯電話宛の連絡であるとしても何度もかかってくるのは面倒であり対応も手間となるので、余計な電話連絡を増やさないためにも申し込み内容は正しくミスなく入力をするようにしてください。

入力内容は正しくミスなく

申し込み時の入力内容にミスがあると、審査時間も余計に長くかかってしまう場合があります。審査に時間がかかれば契約も遅くなり、その日のうちの借り入れに間に合わなくなる可能性があるので注意が必要です。

申し込みの方法にも注意をする

電話での連絡は申し込みの方法によっても増える場合があります。通常の来店不要のWeb申し込みであれば、間違いがなければ大体はどこで借りるにしても電話連絡の回数に大きな違いはありませんが、通常とは異なる申し込みの方法となると電話での連絡が増えてしまいます。

気をつけるべきは一部の消費者金融や銀行で用意がされている、Web上での入力内容が少ない申し込みの方法です。Web上では最低限の入力だけに留め、残りの情報に関しては電話で後ほど口頭で伝えるといった流れになります。

Web上での入力が少ないので申し込みが手軽に素早く進むと感じてしまいますが、実際には電話での連絡が増える、口頭で必要な情報を伝える必要があると、通常のWeb申し込みに比べると手間がかかります。また、申し込み後の電話の対応がすぐにできないと審査まで進めないため、場合によっては審査までに時間がかかる欠点もあります。

Web上での入力項目が少ないプロミスの「カンタン申し込み」は、Web上での入力の時間が取れない方のため、入力に不慣れな方などのために用意がされていますが、申し込み自体が簡単なわけではなく、審査までも早いわけではありません。

通常の申し込みが基本となる

しっかりと確認をしながら、話を聞きながら申し込みを進めたい、Web上での入力方法が分からないといった場合でもなければ、申し込みは通常のタイプで進めるのが無難です。例えばプロミスであればWeb上での入力項目が少ない「カンタン申し込み」ではなく、必要な情報の多くを入力する通常の「フル申し込み」で進めるべきです。

一部の銀行でも同様の申し込み方法がありますが、どこを利用するとしても基本的な流れは同じです。入力項目が少ないといった言葉を見ると素早く簡単に手軽に申し込みが進められるように感じてしまいますが、実際には逆となるのです。

素早く申し込みを進めてロスなく審査を完了させたいのであれば、電話連絡が増える申し込み方法は避けなければなりません。電話での対応は周りに申し込みがバレる原因ともなりかねないので、内緒で手続きを進めたい方であれば尚更です。

入力項目が少ない申し込みの方法は、その後の電話がどのタイミングでかかってくるかが分からないのも難点です。すぐに電話がかかってくるとは限らないので、都合の悪い時間に電話がかかってきてしまう可能性もあります。

早い借り入れのためには

早くに契約手続きを終えて借り入れを利用するためには、余計な電話連絡はなるべく少なくするようにしなければなりません。

いつでも電話の対応が必ずできるといった方であれば気にする必要はありませんが、通勤中や休憩中にスマホで申し込みをした場合などは、その後の電話対応ができない可能性があるためです。

当日中に借りるためにも

審査が完了し、契約の前段階とも言える本人の意思確認等の電話連絡であれば、多少は時間に余裕があれば対応が少し遅くなる程度なら問題はありません。

当日中に振り込みで借りたい場合には締め切り時間前までに対応ができれば良いので、かかってきた電話を後から折り返すとしても間に合う可能性もあります。

しかし、審査に入る前の段階での電話対応ができないのは、審査にどの程度の時間がかかるか分からないため、その日のうちに借りられるかが分からない不安が付きまといます。

当日中に借りたい場合にはなるべくなら素早いロスのない申し込みから審査、契約までの手続きとしたいので、電話連絡が増える方法での申し込みは利用しない方が良いでしょう。

電話で必要事項を伝える申し込みの方法は、必ずしも悪いわけではありません。急ぎの際には不向きというだけで、電話でしっかりと確認をしながらじっくりと申し込みをしたいと考える場合には、頼れる助かる申し込みの方法となります。

ページトップへ戻る