中堅消費者金融で借りる

大手の有名人気消費者金融ではなく、中堅の消費者金融での借り入れも一定の需要があります。大手では利用ができない、カードローンの審査基準をクリアできない方の借り入れ先として利用がされており、条件で劣るものの審査基準が大手とは異なるために中堅消費者金融なら借りられる可能性があります。

とは言え、中堅消費者金融であっても誰でも借りられるわけではありません。当然ながら借り入れを行う中堅消費者金融の審査には通らなければならず、利用のための審査基準をクリアしないといくら中堅消費者金融でも借りられません。

大手ではない中堅の消費者金融、またはさらに小規模となる貸金業者であれば簡単に借りられると感じてしまうものですが、実際にはそうではないのです。

安定した収入は必須となる

中堅消費者金融で借りるとしても、安定した収入を得ていることは最低限の条件となります。無職無収入となると貸金業法の関係で中堅消費者金融であっても利用はできず、例え少額であるとしても借りられません。

アルバイトやパートでも毎月の決められた給料日に収入があれば問題は無く、給料自体が多くなくても返済ができる範囲であれば、年齢条件を満たす学生でも借りられる可能性があります。ただ、他社での借り入れがあり年収の3分の1を超えてしまいそうな場合には、総量規制の影響により中堅消費者金融でも審査通過は難しくなります。

また、一部の中堅消費者金融では貸金業法で定める「配偶者貸付」の制度による主婦の方への融資を行っています。自身で収入を持たない専業主婦の方へ、配偶者の収入で貸し付けを行う制度となりますが、利用にあたっては配偶者との関係を示す書類の提出や、配偶者への確認が必要となるので注意が必要です。

返済状況は審査で重要に

大手の消費者金融であれば他社での利用状況が審査で重要となるのは特に不思議な点ではありませんが、中堅消費者金融でも同様に他社の利用状況が重要となります。借り入れの総額はもちろんですが、それ以上に重要となるのが返済状況です。

有名消費者金融のプロミスアコムなどに申し込む際に他社での返済遅れがあると審査には通らないように、中堅消費者金融でも同様に返済の遅れなどのトラブルを抱えている方への融資は基本的に行っていません。

大手で借りられない方でも借りられる可能性が中堅消費者金融にはあるとは言っても、それはあくまで返済能力がある方に限られます。既に今現在の返済ができていない方に新たに貸し付けても正常な返済がされるとは考えられないため、中堅消費者金融でも審査落ちとなってしまいます。

返済の遅れや不足入金に関しては信用情報機関に記録されているため、他社での返済トラブルを抱えていると中堅消費者金融の審査の際に確認がされ、審査結果に悪影響が出ます。

どのような方が借りられるか

大手も中堅も返済が正常に行えている、返済能力があると判断されるのが審査通過のための最低条件となりますが、その基準は大手と中堅で異なる部分が多いです。

例えば、過去に何らかのトラブルがある方であっても、今現在の状況に問題がなければ返済は正常に行える可能性があります。しかし、大手ではそれでもリスクを負ってまで貸し付けは行わない場合が多いため、信用情報機関に何らかのネガティブな情報が保有されている間は融資を行いません。

対して中堅消費者金融では、過去に何らかの問題があっても現状で返済がしっかりと行えると判断ができれば融資が実行される可能性があります。もちろん今現在の収入が安定していて返済能力があるとされた場合に限りますが、中堅消費者金融なら大手ではNGとなる方でもOKとなり得るのです。

信用情報機関にネガティブな情報が記録されると、数年間は情報が残り続けてしまいます。その期間内は大手消費者金融の審査通過が難しくなりますが、中堅消費者金融なら借りられる可能性があります。

過払い請求後でも借りられる

一昔前は不透明な上限金利となるグレーゾーン金利での貸し付けを多くの消費者金融で行っており、結果として払いすぎた利息を過払い金として返還をしてもらう動きが多くありました。その結果、大手の消費者金融でも経営が傾くこととなり、営業の継続が困難となった貸金業者も多数存在しています。

過払い金の返還請求はネガティブなことではなく、完済後であれば信用情報機関には何か下手な情報が記録されるわけではありません。しかし、大手の消費者金融は上記のことから過払い金請求を面白く思っていないため、過去に過払い金請求をした方に対しての融資を行わない場合があります。

その点、中堅消費者金融では過去の過払い金請求をしている方でも、現状次第で借りられる可能性があります。実際にスルガ銀行グループの中堅消費者金融のダイレクトワンでも、過去に過払い金請求をしていても現状の返済能力に問題がなければ融資を可能としています。

返済途中の過払い金請求となると別の場合も

完済後の過払い金請求であれば信用情報機関にはネガティブな情報が記録されることはありませんが、返済途中となると一旦は支払いをストップする場合が多いため、信用情報機関に何らかのネガティブな情報が記録されている可能性があります。

よく考えて借りたい中堅消費者金融

大手消費者金融も中堅消費者金融も、またはさらに小規模となる貸金業者でも、借りられるかの審査で重要となるのは返済能力です。返済をするだけの毎月の安定した収入を得ているか、他社で借りすぎていないかは大手でも中堅でも共通する基準です。

ただ、審査基準で大手よりも優れる中堅消費者金融は、借り入れや返済における利便性が大手よりも大きく劣る場合が多いです。銀行振り込みでしか利用ができなかったり、カードローンタイプではないために限度額内での繰り返しの借り入れができないなどです。

大手では借りられない方でも借りられる可能性がある中堅消費者金融だからこそ仕方のない部分でもあり、大手ほどの利便性は求めるべきではありません。大手消費者金融のような利用ができるとは考えず、中堅消費者金融を利用する際には条件や借り方、返し方をしっかりと確認し、計画的に利用をするようにしてください。

中堅消費者金融は大手ほどサービスが充実していないため、利用における不明点もいくつか出てくる可能性があります。分からないまま借りるのではなく、しっかりと問い合わせて確認をしましょう。

ページトップへ戻る