利用条件の安定した収入

お金の借り入れとなるカードローンの利用のためには、安定した収入が必須となるのは消費者金融も銀行も、または信販会社でも共通をしています。クレジットカードで見てもショッピングで使うだけなら別ですが、現金を借り入れるキャッシング機能を付けるとなると安定した収入が無いと不可となります。

どこで借りるにも必要となる安定した収入は、金額での具体的な指定が無ければ多さは問いません。収入が多くても少なくても申し込みが行え、審査の結果次第で利用ができますが、多い少ない関係なく収入は安定していなければならないのです。

安定した収入がないと利用ができないカードローンにおいては、「安定収入」の意味をしっかりと理解しておかないと、カードローンの審査基準も満たせなくなってしまいます。申し込みも無駄に終わる可能性が出てくるため、安定した収入に関してはしっかりと知っておくべきです。

何が安定した収入にあたるのか

安定した収入とは何も正社員や公務員などの給与所得だけでなく、自営業者やアルバイト、パートの方でも、毎月にある程度の範囲で所得を得ていれば認められます。アルバイトやパートの方はどうしても給料自体は多くはなりませんが、それでも毎月の決められた日にお金が入ってくるため、安定した収入となります。

アルバイトなどの方は正社員と比べると仕事を辞める、収入がなくなる可能性が高いのは事実ではありますが、職を失えば収入がなくなるのは誰でも同じです。ただ、その分だけアルバイトやパートの方は審査基準も正社員に比べると厳しくなってしまいますが、今現在はしっかりと仕事をしており、毎月の給与所得があれば安定した収入となります。

また、アルバイトやパートの方はシフトの関係で毎月の給与が一定額とならない場合がありますが、それでも極端に上下に振れるわけでもなければ問題はありません。ある程度の範囲で安定していれば、それは安定した収入となります。

返済をするだけの収入があるか

安定した収入が利用条件において必須となっているのは、借りた後の返済がしっかりと継続して行えるか、毎月の返済を期日までに進められるかといった点があるためです。

シフトで給与が多かったり少なくなったりと多少のブレがあるとしても、毎月の決められた給料日にお金が入ってくるのであれば、カードローンで借りた後の返済も問題なく継続して行える可能性が高くなります。

逆に、多くの所得があるとしても毎月の決められた日にお金が入ってくるわけではない、年収で見れば多くても収入自体が不定期となると安定してるとは言えないため、カードローン審査ではどうしても弱くなってしまいます。

毎月に10万円の収入がある年収120万円の方と、不定期にお金が入ってくる年収200万円の方では、前者の方が安定した収入の面で見れば強いとも言えます。

安定していると認められない収入

収入は多いほどカードローン審査で有利になるとは言われていますが、多ければ必ずしも有利、審査に通るといったわけではありません。多い収入で安定をしていれば文句はないものの、安定性に欠けていると意味がありません。

例えば、株式の売買のみで生活をしている方は、取引がうまくいけば収益が多く上がるために収入も増えますが、逆にうまくいかなければ収入はなくなります。一時的には多くの収入となるタイミングはあるものの、将来も安定するかと言えば不透明なためにカードローン審査では厳しくなります。

ネットオークションの転売などで収益を上げているといった方も同様で、今のままうまくいくかは分からず、そもそも毎月に安定して稼げる金額も不透明であるために安定した収入とは程遠くなります。

将来的にも収入が安定するか、職に就けているかは正社員であっても分からない時代ではありますが、それでも実体が不明な収益を上げている方より、例えアルバイトやパートでもしっかりと勤めているのであれば、収入の安定面で見れば強くなります。

会社に勤務をしているかも重要

安定した収入とは会社から給与を受け取っているかといった面も重要で、自営業者に関しても営業実績があるのか、事業内容はしっかりとしているかも審査の際に確認がされます。何れにしても会社に勤めて毎月の給料日に収入があるという事実は、安定した収入の面ではクリアができる大きなポイントとなり得ます。

自身の収入が重要に

配偶者の安定した収入で主婦の方が利用できる銀行カードローンもありますが、消費者金融で借りる場合には基本的には自身で安定した収入を得ていなければなりません。配偶者が収入を持っていても自分自身が無収入だと消費者金融からは借りられないため、特に専業主婦の方は注意が必要です。

一応、貸金業者では配偶者の安定した収入と合算して専業主婦でも借りられる例外的な貸し付けを認めてはいますが、適用をする大手消費者金融は見当たりません。プロミスアコムといった大手の有名消費者金融では申し込み者の安定した収入を必須としているため、収入を持たない方は申し込み自体が行えないのです。

上限金利がしっかりと定められ、改正貸金業法によって締め付けが厳しくなった現在の消費者金融業界は、貸す側もなるべくリスクは負わないようにしています。多くはなくても安定した収入を得ている本人に対してのみしか、今の消費者金融は貸し付けを行っていません。

大手以外の中堅消費者金融であっても、やはり本人が安定した収入を得ていないと利用ができない場合がほとんどです。完全な無職で無収入となると、いくら中堅消費者金融でもお金は借りられません。

下手なところで借りないために

どこで借りるにも安定した収入は必須となり、逆に収入が無くても借りられる、誰でも貸してくれるといったようなところがあれば、それは正規の貸金業者ではなく違法な貸し付けを行う闇金融となります。

収入が無いのに借りてしまっても返済ができる見込みは無く、闇金融で借りてしまえば法外な利息の請求がされることとなるため、大きなトラブルに巻き込まれます。厳しい取り立ての被害は家族や勤務先にも及ぶ可能性が高くなるので、絶対に利用すべきではありません。

安定した収入を利用条件に掲げているところであれば、利用者に対してしっかりとした審査を行っている可能性が高くなるので、下手な怪しいところからの借り入れが防げるようにもなるのです。

安定した収入を得ていてこそのカードローン、キャッシングの利用と考え、収入がないのに借りたところで返済は行えないため、申し込みの際には自分自身の収入が安定しているかをよく確認しましょう。

ページトップへ戻る