記事公開日:2017/11/20

借金をしたい場合の利用先

どうしてもお金が必要で借金をしたい場合には、目的希望内容によって借り入れ先をしっかりと選ぶ必要があります。似通ったサービスがあれば比較を行い、希望通りの内容での借金ができるようにしないと損をしてしまう可能性もあります。

損とまではいかなくても、しっかりと借り入れ先を選ばないと希望通りに利用ができなくなってしまいます。例えばすぐに必要で今日に借りたいはずだったのに、申し込みを行ったカードローンが即日融資に対応をしていないと希望通りには借りられません。

何も急ぎで借りたい場合に限らずですが、お金が必要で借金をしたいと考えるのであれば、いつまでにお金が必要なのか、どのように借金をしたいのかを決めた上で申し込み先、借り入れ先の選定を進めなければなりません。

希望内容が定まっていない場合

どのように借りたいか、使いたいかが決まっていない場合には、そもそもお金自体が必要ではない可能性があります。本当にお金が必要で借りてでも現金を用意したい場合には、お金が必要となる期間やスケジュール、計画はしっかりと定まっているものです。

そういったものがなく「なんとなく」でお金が欲しい、手持ちのお金が寂しいからと借金がしたいと考えている場合には、カードローンやキャッシングの利用自体を控えるべきです。特に必要はなかったのに余計に借りてしまえば、利息を付けて支払う返済がただただ負担となるだけです。

今ではカードローンサービスの多くがスマホでも申し込みが行え、来店不要のインターネットでのWeb契約が可能となっています。

手軽に手間なく素早く便利にお金が借りられる、借金ができてしまうようになっていますが、だからこそ利用目的や借り入れと返済の計画はしっかりと定める必要があります。

今すぐにでも借りたい場合

出費が重なってしまった、支払いによって手持ちのお金が足りなくなってしまった、家賃や光熱費の支払い、食費等も含めて生活費が給料日まで持ちそうもないといった場合には、とにかく今すぐにでも借金をしたいと考えるものです。

できれば当日の今日中に借りたいもので、素早い融資を希望するのであれば平日も土曜や日曜の週末も、祝日祭日も最短即日融資での対応も可能とする大手人気消費者金融のカードローンサービスを選ぶと良いでしょう。

有名どころではプロミスアコム、アイフル、モビットあたりとなり、ネットでの来店不要申し込みからの審査時間は最短30分と素早いのが魅力です。そのまま来店不要でのWeb契約も可能となり、銀行振り込みでも当日中に借りられるために急ぎの際に助かります。

振り込みで借りる場合の注意点

銀行振り込みで借りる場合には、それぞれの消費者金融で当日中の対応可能時間が定められています。時間を過ぎてしまうと翌営業日の扱いとなってしまい、審査の結果によってはご希望に添えない場合がありますがプロミスでは平日14時までのWeb契約で、モビットであれば14:50までの手続き完了が条件となります。

アコムやアイフルでも同様で、申し込み内容や審査結果、時間等によっては当日中には取り扱えない場合があります。

振り込み時間を過ぎてしまった場合

その日のうちに借金をしたいと考えても、夕方であったり土日となると当日中の銀行振り込みでの借り入れは利用ができません。

プロミスなら三井住友銀行かジャパンネット銀行宛なら24時間最短10秒の振り込み、アコムなら楽天銀行宛で曜日や時間を問わない振り込みは可能ですが、通常の振り込み融資では時間外の利用はできません。

その際には振り込みでの借り入れではなく、各消費者金融が日本全国に設置をしている無人の自動契約機を使う手続きとすると良いです。契約機なら土日でも夕方や夜でも営業をしているところが多く、ネットで予め事前に仮審査を終えておくことで、早い手続きで契約機でのカード発行と受け取り、提携ATMでの限度額内での借り入れも可能となります。

契約機はWeb契約の振り込み融資よりも早くに借金をしたい方に向いており、すぐに借りたいといった希望に適しています。契約機に出入りするところを見られる不安はあるものの、中の様子は外部からは見えないようになっているので、プライバシーが守られたカードローンの契約を可能としています。

契約機は大手の消費者金融なら各地に設置をしており、北海道から沖縄まで地域を問わずに多数の設置があります。ただ、一部の地域には設置がない場合もあるので、利用前には各消費者金融の公式サイト上で営業時間と合わせて営業情報を確認しておくと良いでしょう。

返済を軽くした借金なら

借金はお金を借りるものであり、借りるのであれば当然ながら返済をしなければなりません。カードローンのサービスは手軽さがある反面で金利が高くなっており、上限金利で見れば中堅消費者金融は20.0%としているところもあるほどです。

銀行でもメガバンクの三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行ならカードローンサービスの中では比較的低い上限金利とはなっていますが、目的型のローンである住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなどと比べると高い水準の金利となってしまいます。

地方銀行や信用金庫で借りるカードローンにおいても同様であり、カードローンはどうしても金利が高くなってしまうので、借金をするとしても返済の負担を第一に考えておきたいものです。

カードローンの中でも返済を軽くして利用をしたいとなれば上限金利に差がある銀行での借り入れとなるので、有名な銀行や身近な金融機関など、消費者金融よりも金利が低いところ利用するようにしてください。

銀行で借りる場合には

銀行は金利が低くなっている代わりに、消費者金融ほどの手軽さがありません。回答にかかる審査時間が長くなってしまったり、お金が借りられるまでに数営業日を要する、口座の開設が必要となるなど借り入れ先による違いが大きくなるので注意が必要です。

毎月の返済金額を見る

返済の負担を軽くする借金であるとしても、負担をどのようにして軽くしたいかは決めておかなければなりません。完済時に支払う利息を抑えて最終的な支払い総額を少なくしたいのか、それとも借りた後の毎月の期日に支払う約定返済金額を少なくしたいかです。

それぞれは同じように思えて大きな違いがあり、どちらも金利が低い利率の軽いカードローンを利用すれば大丈夫と考えてしまうと失敗をします。

カードローンは金利と毎月の返済金額に関してはほとんど関係がなく、金利が低くても毎月に入金を行う返済金額が多くなっているところ、逆に金利が高くても毎月の返済金額が少ないところがあります。

例えば10万円以下の借金であれば、金利が高いとされる消費者金融のプロミスでは毎月の返済は4,000円ずつとなりますが、金利が低い金融機関の中には1万円ずつの返済が必要となるところがあります。金利が低ければ返済負担が軽いと短縮的に考えてしまうと、希望内容に合わないカードローン利用となる可能性があるのです。

金利が低く毎月の返済金額が多くなるカードローンなら、最終的に支払う利息は大幅に抑えられるようになります。しかし、その代わりに毎月の返済が大きな出費となるので、収入や支出のバランスから無理なく返済が可能かを確認しなければなりません。

そもそも借りられるかの問題

希望内容に合わせてカードローンを選び、申し込みを進めたとしても、借りられるかは審査基準をクリアできるかどうかなのでその段階では分かりません。審査の結果を受け取ってやっと借りられるかどうかが分かり、OKだとしてもいくらまでの限度額になるのかもそこで分かります。

審査基準は公表されていないので分からない部分が多いものの、どこで借りるにも安定した収入を得ている必要があり、しっかりと職に就いていることが条件となります。無職の無収入では借金をしても返済ができる見込みがないので、審査にも通過ができません。

銀行のカードローンでは銀行自体が行う審査の他に、消費者金融や信販系業者、または銀行に関連するカード会社等が保証会社となって行う場合もあります。何れにしてもそれぞれの審査基準を満たさなければならないので、申し込みをしたからといって必ずしも借りられるとは限りません。

審査基準を満たせずに借りられないとなると、別の方法での資金の調達を考えなければなりません。銀行での審査結果がNGであれば消費者金融を選ぶといった方法もあるので、審査基準の面も気にしながら申し込みを進めると良いでしょう。

ページトップへ戻る