記事公開日:2017/11/20

手持ちがなくてお金がほしい

お金が欲しいとは誰もが考えることですが、欲しいとするお金のレベルは人によって異なります。例えば大きな金額で大金が欲しいといった人もいれば、明日の食費や支払いなどのための目先のお金が欲しいといった人もいます。

それぞれで用途や目的、必要とする理由は異なりますが、お金が欲しいとなった際に緊急度合いが高ければすぐにでもお金を用意しなければなりません。特に給料日までの生活費が足りないなれば何とかしなければならないので、安全なお金の調達方法を知っておく必要があります。

世の中にはお金が欲しい方に対しての怪しいビジネスや甘い誘いがありますが、そういった類のものには手を出すべきではありません。一度でも引っかかってしまうと言葉巧みに騙され続けてしまう可能性があるので、目先の少額のお金が欲しいといった場合には、素早く借りられる消費者金融のカードローンを利用することを考えた方が安全で安心です。

消費者金融なら融資が早い

お金が欲しい方にとっては、消費者金融は非常に頼れるサービスとなります。来店不要でネットで、スマホからでも対応の申し込みで最短でその日のうちに借りられ、平日だけでなく土日であっても契約機の利用で最短即日融資も可能となる消費者金融もあります。

大手の信頼ができるプロミスアコムモビットといった有名サービスならすぐに借りつつも安心して利用ができるので、女性の方のカードローン利用にも適します。

限度額内なら必要な金額、欲しいお金だけを無駄なく借りられるのも消費者金融の利点で、追加で必要となっても限度額内なら再申し込み不要で何度でも借りられます。

初めての契約の際には上限金利での利用となる場合が多いため、消費者金融で借りるにあたっては返済の計画はしっかりと立てておく必要はありますが、例えばプロミスなら10万円以下の借り入れで月々の返済は4,000円と余裕が持てるため、無理のない範囲の返済での借り入れが可能となっています。

返済の計画性がとにかく重要

消費者金融のカードローンでの借り入れを利用し、欲しいお金の調達をするとした場合には、とにかく返済の計画性が重要となります。返済が行き詰ってしまうと信用情報にネガティブな悪い情報が記録されることとなり、今後の保証審査や信用審査に大きな悪影響を与えてしまいます。

信用情報に一度でも所謂「ブラック」とされるようなネガティブな情報が記録されてしまうと、完済をしたとしても数年間は情報が残り続けます。その間は信用が絡む審査には通りづらくなり、カードローンやクレジットカード、各目的ローンや保証会社が絡む審査では大きく不利になります。

お金が欲しいからといって無計画に借りると最終的に困るのは、誰でもなく自分自身です。返済ができなくなってしまうとさらにお金がない状況にも陥ってしまい、最悪の場合には借金の債務整理などを考えなければならなくなるので、お金が欲しい場合の借り入れにおいては返済の計画性が重要となるのです。

借りるなら返済計画をしっかりと

現在の消費者金融は貸金業法の総量規制の関係で、年収に対しての無理のある貸付は行えなくなっています。それでも生活レベルによっては返済が苦しくなる場合があるので、自身の収入や支出から考えた余裕のある返済プランを立ててから借りるようにしてください。

怪しいものには手を出さない

お金が欲しい状況が切羽詰ってくると、どうしても目先のお金だけに目がくらんでしまい、怪しいものに手を出してしまいがちです。お金の借り入れに関しても正規の消費者金融や銀行でのカードローン利用ではなく、闇金融での借り入れを利用してしまう方もいます。

また、クレジットカードの現金化や、二束三文にしかならないような物に対して数万円の値打ちを付けて実質的に貸し付ける偽装質屋など、怪しいものはこの世の中にはいくらでもあります。

そういったものに手を出してしまうと目先のお金は調達できますが、支払いが困難になるために厳しい取り立てを受けてしまったり、家族や会社に借金がバレるなど様々な問題も引き起こします。

違法なところからの借り入れを利用してしまうと法外な利息を請求されることにもなり、結果的にお金が今以上になくなります。より金欠といった事態を招いてしまうので、借りるのであれば正規の消費者金融や身近な銀行など、信頼ができるところとしておくべきなのです。

「短時間でお金が稼げる」などの誘い文句にも気をつけましょう。そんなうまい話があるわけはなく、もし本当に短時間でお金が稼げるのであれば皆が億万長者になっているはずです。

本当に必要なお金かを考えてみる

給料日までの食費が足りないといった場合や、明日期日の支払いがあって手持ちのお金が足りないとなればどうしようもありませんが、それ以外の例えば衝動的な買い物や使い道でお金が欲しいとなった場合には、本当にお金が必要かを考えてみる必要もあります。

お金を借りてまで用立てる必要があるのか、給料日まで待てば良いのではないかなどを一度じっくりと冷静になって考えてみると、本来は必要ではないお金を欲しいと感じていたと気付く場合もあります。お金を借りてから気付いても遅いので、お金が欲しいとしても何らかの行動に移す前に冷静に考える時間は設けてみるべきです。

それでも本当にお金が必要であれば、ネットでの申し込みが行える消費者金融や、低金利で借りられる可能性がある銀行カードローンの利用を進めてみましょう。本当に必要なお金を借りるのであれば、消費者金融や銀行のカードローンは役立ちます。

事業資金や投機的な資金を除き、健全な消費性資金や生計費の範囲であれば自由に利用ができる消費者金融や銀行での借り入れは、困ったときにとにかく便利です。

短期間だけお金が欲しい場合

少しの期間、例えば給料日の直前に手持ちのお金がなくなってしまい、給料日までの短い日数だけお金を借りたい場合には、初回利用時に一定期間の無利息サービスが適用される借り入れ先を利用すると良いです。

消費者金融でもプロミス、アコム、アイフルは初回30日間の無利息サービスを用意しており、それぞれ一定の条件を満たすと無利息期間が付く借り入れが利用できます。

何れもそれぞれの借り入れ先を初めて利用する方に限り、プロミスはメールアドレスとWeb明細の利用登録で、アコムは無担保カードローンを35日ごとの返済サイクルで、アイフルは無担保キャッシングローンの利用で無利息サービスが適用されます。

適用期間はプロミスが借り入れの翌日から30日、アコムとアイフルは契約の翌日から30日となるために多少の違いはありますが、給料日までの短い日数だけ借りるのであれば、3サービスの何れを利用するとしても返済時に支払う利息は大幅に軽減ができるようになるために注目です。

短期間なら無利息サービスがお得

1週間や2週間などの短い期間を借りるなら、無利息期間がある消費者金融での借り入れがお得です。金利が高いとしても無利息期間内なら利息負担がないため、みずほ銀行や三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行といったメガバンクの低金利カードローンよりも返済時の負担が軽くなります。

周りに知られずに用意ができる

消費者金融にしろ銀行にしろ、またはクレジットカードで借りる場合を含めた信販系のキャッシングにしろ、周りに知られずに内緒にしたまま、秘密でお金が借りられる大きな利点があります。周りに知られるとなると困ってしまいますが、知られずに欲しいお金が用意できるのでとにかく助かります。

来店不要のWeb契約とすれば誰にも会わずに契約が可能で、契約後のカードの郵送に関しても本人限定の郵便で届けられるために家族が勝手に受け取ってしまうこともありません。差出人名も消費者金融のサービス名ではなく別の名称となるので、ぱっと見ただけではどこからの郵送物かは分からないようにしてくれます。

プライバシーをしっかりと守ってくれるので、現在の消費者金融は初めて借りる方でも安心ができるようになっています。お金が欲しい、現金が必要な場面では何かと役に立つので、繰り返しにはなりますがしっかりとした返済の計画を持った上で、返済ができる範囲で借りれば困ったときに助かります。

借り入れ後の返済は期日通りに行うようにしてください。それでも万が一にも返済が遅れる場合には、まずは事前にしっかりと連絡を入れておき、返済の相談をしておけば余計な電話連絡は防げるようにもなります。

ページトップへ戻る