スマホでもWeb上で完結可能

荘内銀行で借りるカードローンWebは、その名の通り申し込みから借り入れまでWeb上で手続きが進められるようになっています。パソコンはもちろん、スマホでも来店不要のWeb完結が可能となっているので、手間をかけずにカードローンの手続きが完結できます。

申し込みの際には荘内銀行の口座がなくても問題はなく、契約までの間にカードローン用の口座開設が必要となりますが、カードローンWebの申し込みと同時進行で進められるために同じくWeb上で手続きは完結します。

借り入れまでも時間をかけずに進められるのも魅力となっているので、急な出費やまとまったお金が必要になった際などは、生活費としての利用だけを問わずに荘内銀行のカードローンWebが頼れます。

必要書類の提出もWeb上で

荘内銀行の公式サイト上からパソコンでもスマホでも申し込みが行えるカードローンWebは、手続きを進めるにあたって必要となる書類に関してもWeb上で提出が行えるようになっています。本人確認書類などの必要書類をカメラで撮影し、登録用URLに画像化した書類を登録するだけとなるので郵送もFAXも必要ありません。

申し込みはWeb上で来店不要で行えても、必要書類の提出は郵送やFAXが必要となるとどうしても時間も手間もかかってしまいますが、荘内銀行のカードローンWebであれば余計な手続きは不要であるために申し込みも契約も進めやすくなっています。

店頭窓口での手続きが不要となるだけでなく、郵送もFAXも不要となる荘内銀行のカードローンWebであれば、周りに見られたくない、知られたくないと考えるカードローンの申し込みから契約も行いやすいのです。

担保も保証人も不要の契約

荘内銀行のカードローンWebは利用者側での担保、保証人の必要はなく、保証料に関しても金利に含まれているために不要となります。担保や保証人を不要とする代わりに利用者の信用が重要となり、信用情報機関に保有されている情報や申し込み者の安定した収入が問われることとなります。

信用情報や収入状況から返済能力があるか、貸し付けた後の返済が正常に行えるかは保証会社である新生フィナンシャル株式会社が判断を行い、荘内銀行のカードローンWebの審査の多くは実質的に保証会社の新生フィナンシャル株式会社が行うものとなります。

とは言え、保証会社の審査に通れば良いだけでなく、当然ながら荘内銀行が定める利用条件や審査基準をクリアする必要もあります。両社の審査に通らなければならないためにカードローンの審査基準はどうしても厳しくなり、担保や保証人が不要だからと言って簡単に借りられるわけではありません。

銀行のカードローンは消費者金融よりも審査基準が厳しいため、収入が不安定な方や他社での借り入れが多すぎる方などは、審査結果が希望通りとならずに借りられない可能性も高くなります。

契約後の便利な借り入れ方法

来店不要で進められる荘内銀行のカードローンWebの契約後は、急ぎであれば口座振り込みでの借り入れも可能となります。通常はカードが届き次第の荘内銀行ATMやコンビニなどの提携ATMでの借り入れとなりますが、急ぎの方のために振り込み融資での対応も可能としています。

受け取ったカードで提携ATMも含めて幅広く素早く借りられるのは便利ですが、カードは郵送で届けられるために受け取りまでにどうしても時間がかかってしまいます。しかし、すぐに必要となった際にカード受け取り前に振り込みで借りられるとなれば、急ぎの際には大変助かります。

ただ、カード受け取り前の振り込みによる借り入れは、借りる金額から振り込み手数料が差し引かれた金額となってしまいます。急ぎで借りたい場合には仕方がありませんが、そこまで急ぎではない、カードの受け取りまでは特に必要ではないといった場合には、無理に振り込みで借りる必要はありません。

振り込み融資で手数料がかかるのは珍しい

荘内銀行のカードローンWebは振り込みの際に振り込み手数料が差し引かれてしまいますが、他のカードローンサービスと比べると珍しいと言えます。銀行ではなく消費者金融で見てみると、大手消費者金融のプロミスアコムもカード到着前に振り込みで借りられますが、手数料が差し引かれることはありません。

振り込み手数料が差し引かれた金額の借り入れとなると余計なコストがかかってしまうので、よほど急ぎでもなければ荘内銀行のカードローンWebはカードの受け取りを待ってから借りた方が良いでしょう。

返済は少しずつ進められる

借り入れ後には毎月5日に返済額を入金する荘内銀行のカードローンWebでは、無理のない範囲での返済が進められるようになっています。返済日の前月末日時点での借り入れ残高によって当月の返済金額が決まり、借り入れの金額が多くなければ返済の金額も少なく抑えられるため、無理なく返済をしたい場合には多くを借りないようにすれば良いだけです。

借り入れ残高に応じた返済金額は以下の通りとなり、土日祝日の場合には翌営業日が返済期日となりますが、毎月5日にそれぞれの対応した返済金額の入金となります。

借り入れ残高 毎月の返済金額
20万円以下 5,000円
20万円超50万円以下 10,000円
50万円超70万円以下 15,000円
70万円超150万円以下 20,000円
150万円超250万円以下 30,000円
250万円超500万円以下 40,000円

荘内銀行のカードローンWebでは借り入れを20万円以下までに抑えておけば、月々の返済は5,000円ずつで進められます。大きな金額で毎月の返済を進めるのが難しいといった方でも、借りる金額を少なく抑えて荘内銀行のカードローンWebを利用すれば、余裕を持った無理のない返済が行えます。

金利による負担も銀行での借り入れであるために消費者金融よりも軽く、上限金利で比較をしても数パーセントも低くなります。金利が低くなれば当然ながら利息の負担も軽くなるので、最終的な支払い総額も抑えられます。

利息の支払いは利用者にとっては余計な負担でしかないので、利息を抑えて借りられる荘内銀行のカードローンWebは返済の面で見ても、利用者に助かる頼れるサービスとなっていると言えるでしょう。

毎月の返済金額が少なすぎると最終的な負担が増える

10万円以下の借り入れ残高で毎月の返済金額が2,000円となるカードローンもありますが、あまりにも毎月の返済金額が少なすぎると、完済までに長期を要するために利息負担が増大してしまうデメリットもあります。その点、荘内銀行のカードローンWebは無理のない返済金額で、利息負担も抑えられる良いバランスになっています。

幅広い用途に便利に利用ができる

カードローンの便利な点に資金使途を問わない部分があり、荘内銀行のカードローンWebでも事業資金や投機性の資金、転貸資金としての利用を除けば自由となっています。自由とは言っても浪費などは使えず、あくまで健全な範囲での消費性資金、生計費としてであれば自由に使えるといった内容です。

出費が重なって手持ちのお金が給料日まで持たない、買い物や趣味などにかかる費用、教育資金である程度のお金が必要になったときなど、荘内銀行のカードローンWebは便利です。限度額内で何度でも繰り返し借りられ、今後に別の用途で必要になっても再申し込み不要でカードを使って借りられるので、お金に困ってしまうときには幅広く役立つサービスとなります。

低い金利と軽い負担を生かして借り換えとしての利用や、複数の借り入れをまとめるおまとめローンとしての利用にも適しています。特に多くの借り入れの一本化となるおまとめローンとしての利用であれば、今後の返済も楽になるために無理のない計画で返済が進められ、完済が目指せるようにもなります。

どのような用途で利用をするとしても返済はしっかりと行う必要があり、返済に関するトラブルを起こしてしまうと荘内銀行にも保証会社にも、信用情報機関にもネガティブな情報を保有されるために注意が必要です。

荘内銀行の他ローンを利用している場合

荘内銀行にはカードローンWeb以外にも多くのカードローン商品がありますが、カードローンWebと別のカードローン商品の併用はできなくなっています。別のカードローンを利用している場合にはカードローンWeb申し込み時点で解約をしなければならず、残高が残っているなどで解約ができない場合にはカードローンWebへの申し込みは行えません。

カードローン以外の商品であれば併用は可能で、例えば荘内銀行で住宅ローンや様々なローンプランがあるドリームコンシェルのカードローン以外の借り入れを利用している場合であれば、カードローンWebへの申し込みは行えます。

ただ、ローンが増えればそれだけ返済の負担も増えるため、利用においては注意が必要となります。借りたは良くても返済ができなくなってしまっては問題が生じてしまうので、何らかの理由で別ローンとカードローンWebを併用する場合には、返済の計画は特に慎重にしっかりと立てるようにしましょう。

余計なお金としての借り入れや無駄遣いとしてのカードローン利用は返済が負担となりがちなため、本来は必要ないと思われるお金に対する借り入れは、いくら自由な用途となるカードローンでも避けるべきです。

ページトップへ戻る