毎月の返済金額が大きくなる

武蔵野銀行カードローンのスマートネクストは地方銀行だからこその低い金利となっていますが、金利から考えると毎月の返済金額が大きく設定されています。契約極度額ごとに決められている毎月の定額返済は1万円からとなっており、借り入れの金額問わずに最低でも1万円の返済が必要となります。

極度額が大きくなると返済金額も2万円、3万円、4万円と段階的に増えていき、少額の利用であるとしても極度額が大きくなっていると毎月の返済金額は大きくなります。

例えば契約極度額が200万円で借りている金額が5万円の場合には、毎月の定額返済は3万円となります。5万円の借り入れに対して3万円の返済と非常に大きな金額となっているので、武蔵野銀行カードローンのスマートネクストを利用する際には毎月の返済金額はしっかりと確認をしておかなければなりません。

借り入れ残高ごとの返済ではない

カードローンサービスの多くは借り入れ残高に応じて毎月の返済金額が変わりますが、武蔵野銀行カードローンのスマートネクストは違います。借りる金額がいくらであっても契約極度額によって決められるので、利用の仕方によっては上に挙げたように大きな返済が必要となる場合もあります。

金利が低く毎月の返済金額が大きければ、それだけ最終的な利息総額は抑えられる利点はあります。しかし、最終的な支払い総額ではなく毎月の返済金額を重視して借りたいとなれば、金利は高くなってもプロミスアコムモビットなどの消費者金融の方が一回あたりの返済金額は少なく抑えられます。

銀行だから金利が低い、金利が低いから返済金額も少ないといった先入観で、よく確認をせずに武蔵野銀行カードローンのスマートネクストを利用すると毎月の返済が大きな負担となる場合があります。しっかりと確認をし、毎月の収入から無理なく返済が行えるかはよく考えるようにしましょう。

利息は大幅に抑えられる

借り入れ残高ではなく極度額によって返済金額が決められる武蔵野銀行カードローンのスマートネクストは、利息負担が大幅に抑えられる利点があります。毎月に少しずつの返済で借りられる他の銀行や消費者金融と比べて、支払いの総額は少なくなりやすいのが一つの特徴です。

毎月の返済金額ではなく、トータルでの支払い総額を重視してカードローンを選びたいといった方であれば、武蔵野銀行カードローンのスマートネクストは適します。完済までの期間も短くなるので、ダラダラと返済を引っ張りたくない方にも良いです。

毎月の返済金額が大きくなるのはデメリットでもあり大きなメリットもあるので、どのようにカードローンを使いたいかを自分自身でよく考えて、希望内容に一致するカードローンを選ぶようにしましょう。

武蔵野銀行カードローンのスマートネクストは極度額の上限もそこまで大きくはないので、大きな金額を借りて長期に渡って返済をするよりも、必要最低限の金額を借りて早めに返すといった使い方に向いています。

申し込みは来店不要

武蔵野銀行カードローンのスマートネクストは、申し込みはネットやFAX、郵送来店不要で行えるようになっています。自宅からパソコンで、出先でスマホでの申し込みにも対応をしているので、申し込み手続きだけなら手間はかかりません。

ただ、仮審査の結果は郵送で届けられ、その後の手続きは武蔵野銀行に来店をして行わなければならないために手間がかかってしまいます。来店不要で契約まで進められる銀行カードローンが多い中で、来店契約が必要となるのはどうしても見劣りがしてしまいます。

来店不要で手続きを進めたいとなれば他の銀行カードローンを選んでおく方が良い場合もあるので、普段から武蔵野銀行を利用していてカードローンも利用したいなどの理由でもなければ、来店不要契約が可能となる別のカードローンも検討をしてみましょう。

武蔵野銀行カードローンのスマートネクストの契約時には、本人確認書類やその他の必要書類を持参した上で来店をしなければなりません。書類に不備があるとその場での契約が行えないので、しっかりと確認をしてから来店をするようにしてください。

異なるタイプのカードローン

武蔵野銀行にはスマートネクストともう一つ、異なるタイプのカードローン「シグナス」があります。シグナスはスマートネクストと比べて極度額が大きくなっており、金利に関しても低い水準で設定がされています。

返済に関しても違いがあり、スマートネクストは借りている金額に関わらず極度額によって返済金額が決められていますが、シグナスは極度額ではなく前月7日時点の借り入れ残高によって毎月の返済金額が決まります。

極度額を大きく持っておくと金利が下がるため、大きな極度額で契約をしておいて借りる金額を少なく抑えれば、シグナスなら少額の利用で金利を抑えつつ、毎月の返済金額も少なくできるようになっています。

借り入れ残高 約定返済金額
1万円未満 貸越残高
1万円以上50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超200万円以下 30,000円
200万円超300万円以下 40,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超 60,000円

スマートネクストとシグナスでは、同じ武蔵野銀行のカードローンでも返済の仕組みが異なります。毎月の返済金額がそれぞれで大きく変わるので、しっかりと確認をしてから借りるようにしてください。

シグナスの利用条件は厳しい

武蔵野銀行カードローンのスマートネクストは、自身で安定した収入をお持ちであれば多くの方が利用対象となりますが、シグナスに関しては雇用形態や職業、年収の制限が定められています。

好条件のカードローンとなる武蔵野銀行のシグナスではパートやアルバイト、年金収入のみの方では利用ができず、その他にも利用が不可となる条件があります。年収も一定以上を得ていないと利用条件を満たせず、シグナスでの借り入れが利用できません。

また、シグナスは武蔵野銀行内でのカードローンの併用はできないため、他のカードローンを利用している方はシグナスの契約時に既存のカードローンを解約しなければなりません。極度額や金利に優れる分だけ、利用のためのハードルが高くなっているのです。

カードローンの解約となると、その時点で残高があれば一括で返済をしなければなりません。武蔵野銀行の他カードローンでの借り入れ残高がある場合でシグナスの契約を行う際には、そのあたりも気をつけておく必要があります。

どちらも担保や保証人は不要

武蔵野銀行のカードローンは、スマートネクストもシグナスもどちらも担保や保証人は不要となってます。保証会社を利用する契約となるために不要であり、保証会社の保証が受けられる、つまり保証会社が定めるカードローンの審査基準をクリアできれば担保も保証人も用意せずに借りられるといった内容になっています。

審査に通るか、保証が受けられるかの基準は非公表となっているので分かりませんが、基準以前に審査で不利になるような多重申し込みや、入力内容のミスは避けるようにしてください。また、過去に返済が大きく遅れているなどで信用情報に問題がある方も、審査通過の可能性は低いので申し込みを行うべきではありません。

銀行のカードローンだけあって優れる内容となっている武蔵野銀行のスマートネクストとシグナスは、その分だけ消費者金融に比べると審査通過率は低いと考えられます。無謀な申し込みはしないようにし、審査通過の見込みがあると考えられる方のみの申し込みとすべきです。

審査を受けると信用情報機関に履歴が残り、余計な履歴を積み重ねてしまうと今後の他ローンでの審査に悪影響を与える可能性があります。通過ができる見込みがあれば良いのですが、通ればラッキーといった考えで申し込むのは控えるべきなのです。

ページトップへ戻る