来店不要で手続きが進められる

筑波銀行カードローンの「IMA☆」は、Web申し込みでの手続きで契約とカードの受け取りも来店不要で進められるようになっています。24時間対応のWeb上での申し込みからメールでの審査結果の連絡、同じくWeb上での契約とカードの郵送で手続きが完了します。

カードを受け取り後は筑波銀行のATMの他、コンビニや金融機関の提携ATMで限度額内での借り入れが利用できるので、困ったときには大変便利です。限度額の範囲内であれば繰り返し何度でも借りられ、今だけでなく今後の備えとしても役立つサービスとなっています。

利用は筑波銀行の営業区域内にお住まい、もしくは勤務先がある方に限られるために全国に対応をしているわけではありませんが、茨城県を中心とする地元の安定した収入を得ている方であれば、とりあえずの申し込み条件は満たせます。

担保も保証人も不要

カードローンサービスは筑波銀行に限らず基本的には無担保での融資となり、筑波銀行のカードローンにおいても利用にあたっての担保は不要となっています。保証人に関しても保証会社を利用する契約となるために不要で、利用者側で担保や保証人を用意する必要はありません。

担保や保証人が必要となるとどうしても周りにカードローンの契約が知られてしまうものですが、どちらも不要となる筑波銀行であれば安心して契約が進められます。また、保証会社を利用するにあたっての保証料は金利に含まれており、余計な負担なく借りられるのも利点です。

他の金融機関のカードローンでは金利が低く設定されていても保証料が別にかかるなど、結局は負担が増えてしまう場合があります。しかし、筑波銀行カードローンのIMA☆なら金利負担を中心として見ておけば良いので、返済負担も想定がしやすくなっています。

限度額の上限に違いがある

借りられる上限額となる限度額は筑波銀行、および保証会社による審査によって決まりますが、勤務形態や状況によっては限度額の上限が制限されます。全体としての限度額上限は500万円と審査の結果次第では大きな金額が借りられるものの、アルバイトや学生などの方は限度額上限が下がってしまいます。

パートやアルバイト、主婦の方は50万円まで、年金受給者は20万円まで、学生は10万円までとそれぞれ限度額が制限されます。安定しているとしても収入面でどうしても不安が残ってしまうために仕方がない部分で、アルバイトなどの方が筑波銀行で大きな金額を借りることはできません。

ただ、正社員や公務員、個人利用の範囲内での事業主の方などであれば最大で500万円まで借りられる可能性があります。あくまで審査の結果次第ではありますが、収入面や信用情報、勤務状況等によっては筑波銀行で大きな金額を借りることも可能となっています。

筑波銀行のカードローンは未成年の方への融資には対応をしていません。学生の方が借りるとしても、本人が安定した収入を得ている満20歳以上の方に利用が限られます。

金利は審査によって決められる

銀行のカードローンでは限度額に応じて金利が段階的に定められている場合が多いですが、筑波銀行カードローンのIMA☆では審査の結果によって金利が決まるようになっています。少額の利用であるとしても審査結果が良ければ金利が低くなる可能性があり、状況によっては他の銀行よりも低負担で借りられるとも言えます。

逆に審査結果があまり良くないものとなってしまうと、限度額が大きくなっても金利が思うように下がらないといった状況も考えられます。いくらの限度額でどの程度の金利になるかが分かりづらいのが欠点であるため、申し込みの時点では下限金利で借りられるなどと考えない方が良いです。

仮に上限金利での契約となったとしても消費者金融のプロミスの17.8%や、アコムモビットの18.0%と比べれば低い金利で借りられるので、ある程度の金額を筑波銀行の上限金利で借りる場合でも返済の負担はそれなりに抑えられます。

審査の結果によって金利が決まるとは言え、筑波銀行のカードローンで100万円を超えるような限度額での契約となれば、上限金利ではなくいくらか低い金利で借りられる可能性は高くなります。

2,000円ずつの返済で利用可能

筑波銀行のカードローンの返済は、借り入れ残高に応じた返済金額を返済用預金口座からの引き落としによって行います。大きな金額を借りると月々の返済金額も大きくなってしまいますが、借りる金額を少なく抑えておけば、月々の返済も少なくなります。

10万円以下の利用までであれば筑波銀行のカードローンでは約定返済金額は2,000円となり、無理のない範囲で返済が進められます。

毎月の約定返済以外にもATMでの任意返済も可能となっているため、一回あたりの返済金額に余裕を持たせておけば任意での返済で早めの完済が目指せるようにもなります。

借り入れ残高 約定返済金額
2千円未満 利用残高全額
2,000円以上10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超30万円以下 6,000円
30万円超40万円以下 8,000円
40万円超50万円以下 10,000円

50万円超利用時は借り入れ残高が10万円増加するごとに、返済金額が2,000円ずつ追加がされます。詳しくは筑波銀行カードローンの公式サイトをご確認ください。

便利にATMを使うために

筑波銀行のカードローンは契約後に発行がされるカードを使い、筑波銀行のATMや提携ATMでの借り入れを行います。返済に関しても毎月の約定返済に加えて任意での返済を行う場合には、同じようにATMでの入金となります。

カードがあれば対応可能時間内ならいつでも素早く利用ができるために便利ですが、ネックとなるのはATMの利用手数料です。筑波銀行のATMでも時間外となると手数料がかかり、コンビニや他金融機関の提携ATMでは時間内、時間外問わずに手数料がかかるために余計な出費が発生してしまいます。

借りればただでさえ利息の負担があるため、なるべくならATMの利用手数料はかけずに利用をしたいものです。そこで考えてみたいのが、優遇サービスである「わくわくポイント」です。

一定の条件を満たすと様々な優遇サービスが受けられ、その中にはATM手数料の無料化といった特典が設けられているので、普段から筑波銀行を利用している方はカードローンもよりお得に使えるようになっています。

お得なポイントサービスを使う

給与や年金の受け取り、公共料金の自動支払いに筑波銀行の口座を利用しているなどをすると、それぞれに定められたポイントが得られます。得られた合計ポイントに応じて様々な特典やサービスが受けられるので、カードローン利用前に詳しい内容を筑波銀行の公式サイト上で確認をしておきましょう。

実績に応じて限度額が増額

消費者金融に比べればいくらか大きな金額が借りられる可能性はあるものの、筑波銀行のカードローンでも初回は限度額は少なめに抑えられる傾向にあります。いきなり数百万円を借りるというよりも、数十万円から限度額が増えていくといったケースも少なくはありません。

無担保での契約となるカードローンは返済ができるかの見定めが初回でいきなり正確にはできないため、まずは少額の融資で返済能力を確認し、一定期間に渡って問題なく返済が行えればより大きな金額を貸し付けるといった流れです。

筑波銀行のカードローンでも一定期間の正常な遅れることのない返済を進めると限度額の増額が行えますが、増額の際には電話かFAXでの手続きが必要となります。申し込み時のようにWeb上でとはいかないため、面倒でも増額を希望される場合には電話で確認をしておくと良いでしょう。

限度額が増額されると大きな金額が借りられるようになるだけでなく、大きな金額を借りるに伴って金利が低下する可能性もあります。

返済はとにかくしっかりと

筑波銀行のIMA☆は茨城県を中心とする地域で頼れるカードローンとなりますが、返済に関するトラブルを起こしてしまうと信用情報へのネガティブな情報の記録の他に、今後の筑波銀行との取引にも何らかの悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

カードローンの利用においても限度額の増額で不利になってしまったり、契約内容によっては限度額の引き下げや新規借り入れの停止といったペナルティが課せられる場合すらもあります。

余裕を持って返済が行える範囲内での借り入れであれば、低金利で便利なサービスとなるのが筑波銀行のカードローンです。

しかし、返済能力を超える範囲や、収入に対しての借り入れが多くなりすぎると返済が大きな負担となるので、無理のない返済が行えるようなカードローン利用に留めておくようにしましょう。

借り入れ金額が少なければ毎月の返済も少なく抑えられますが、少しずつの返済では完済までに長い期間がかかってしまいます。お金に余裕があるなら任意での返済を進めるなど、なるべくなら返済は引っ張らずに早めに返し終えられるようにしておくのもポイントです。

ページトップへ戻る