日本全国対応のカードローン

地方銀行のカードローンは地域密着の地方銀行が提供する商品だけあって、利用ができる対象地域が限定される場合が多いです。地方銀行の営業エリア内にお住まいの方などを対象とするため、他の地域からはカードローンの申し込みが行えなくなっています。

しかし、常陽銀行のカードローン「キャッシュピット」は、常陽銀行の営業エリア内はもちろんですが、その他の地域からでも日本全国の申し込みに対応をしています。常陽銀行の口座がなくてもカードローンの申し込みが行えるため、今まで常陽銀行を利用していない、取引がない方でも申し込み条件を満たしていればネットで申し込みが可能です。

全国対応の地方銀行のカードローンは貴重な借り入れ先とも言えるため、消費者金融で借りるには上限金利が高い、返済時の利息負担が大きいといった部分が気になる方は、常陽銀行カードローンのキャッシュピットを見ておきましょう。

プライバシーを守ってくれる

カードローンはできれば周りには知られたくない、内緒で利用をしたいと考える方も多く、申し込みを行う際にはバレずに契約ができるかが大きく気になるところでもあります。いくら銀行となる常陽銀行からの借り入れであっても、カードローン利用はバレたくないものです。

その点で常陽銀行カードローンのキャッシュピットはプライバシーをしっかりと守ってくれるため、安心して申し込みが行えるようになっています。ネットでの来店不要の申し込みに加え、手続きに必要となる書類は自宅で取得が可能、さらには在籍確認時の連絡は担当者の個人名となるために周りにはバレにくくしてくれています。

また、契約後のカードを受け取りは自宅宛の郵送となりますが、郵送がされる際の封筒にはカードローンの文字は記載されておらず、常陽銀行が普段の銀行業務で使用をする封筒と同一のため、中身を見られない限りはカードローン契約を行ったとは気付かれにくいのです。

口座があれば早い手続きも

常陽銀行カードローンのキャッシュピットは常陽銀行の口座がなくても申し込みが行えますが、常陽銀行の口座を既にお持ちの方であれば、より早い手続きでの借り入れも可能となります。審査の結果や内容によっては日数を要する場合がありますが、通常は2~3営業日程度での利用開始になるのに対し、常陽銀行の口座があればより早くに借りられるようになっています。

ただ、常陽銀行の口座をお持ちの方で早い借り入れを利用するためには、カードローンのキャッシュピットの名義と、常陽銀行の口座名義が同一の場合に限られます。別名義での口座となっていると口座がないのと同じとなってしまうため、申し込みの際には注意が必要です。

常陽銀行の口座をお持ちでない方も、カードローンのキャッシュピットの契約にあたっては常陽銀行での口座開設は不要となるため、常陽銀行の営業エリア内から離れている地域の方でも余計な口座を開かずにカードローンの利用が進められるのは利点と言えます。

多くの銀行カードローンでは口座開設が必要となっていますが、常陽銀行カードローンのキャッシュピットは口座がなくても申し込みが行え、契約にあたっても口座開設は不要となっています。

契約書は郵送かFAXが必要

カードローンの申し込み自体はネットで行える常陽銀行のキャッシュピットも、その後の契約手続きにおいては契約書類の郵送かFAXによる送信が必要となります。契約書自体はネット上でダウンロードができますが、契約書の送付についてはネット上では行えません。

契約書を送付する際には本人確認書類の写しも提出をする必要があります。本人確認書類として使えるのは運転免許証などとなり、その他にもいくつか認められている書類があるため、運転免許証の交付を受けていない方は常陽銀行の公式サイト上で確認をしてください。

郵送にしてもFAXにしても、提出後に確認と契約手続きが完了すればカードローンのキャッシュピットが利用でき、カードが届き次第で常陽銀行のATMや全国のコンビニや金融機関の提携ATMで、限度額の範囲内で何度でも繰り返し借りられるようになります。

限度額の範囲内なら再申し込みは不要

常陽銀行カードローンのキャッシュピットは、限度額の範囲内であれば繰り返し何度でも借りられるようになっており、限度額内での借り入れであれば再申し込み不要でカードを使っての反復利用が可能です。今後にお金が必要になっても限度額内であれば、素早く手軽にお金が借りられるために便利です。

毎月の返済は1,000円からでもOK

返済は借り入れの残高に応じた毎月の約定返済金額を返済期日、または指定日までに入金を行い、返済の期日は35日以内か希望の指定日が選べるようになっています。どちらにしても基本としては毎月1回の返済となるので、35日以内も指定日の返済も大きな違いはありません。

借り入れの残高に応じた毎月の返済金額は契約限度額によっても異なり、限度額が500万円超での契約の場合には毎月の返済金額が10万円以下の借り入れで1,000円となります。余裕のあるプランで返済が進められるため、毎月の返済負担を大きくしたくない方にも常陽銀行カードローンのキャッシュピットは適しています。

借入残高 契約限度額
500万円超 100万円以上
500万円以下
100万円未満
10万円以下 1,000円 2,000円 3,000円
10万円超
20万円以下
2,000円 4,000円 6,000円
20万円超
30万円以下
3,000円 6,000円 9,000円

30万円の借り入れ時には、借り入れ残高が10万円増加するごとにそれぞれ返済金額も増加していきます。詳しくは常陽銀行の公式サイト上でご確認ください。

借りるための保証会社の審査

常陽銀行カードローンのキャッシュピットは、借り入れ残高を多くしなければ月々の返済は少しずつで進められますが、だからと言って誰でも借りられるわけではありません。借りるためには常陽銀行、および保証会社となるアコムの審査に通過をしなければなりません。

細かなカードローンの審査基準は公開がされていないので分かりませんが、審査基準云々以前に基本となる安定した収入、過去にトラブルを起こしていないクリーンな信用情報が求められるのは言うまでもありません。安定した収入がなければいくら月々の返済金額が抑えられていても継続しての返済は難しくなるため、安定した収入がなければ借りられないのは基本です。

また、収入が安定しているとしても他社での借り入れが多すぎる場合、他社への返済が正常に行えていない場合も保証会社となるアコムが行う審査にも通過ができなくなってしまうため、常陽銀行カードローンのキャッシュピットに申し込みを行う際には、自身の状況をよく確認しておきましょう。

貸し付けの判断の多くは保証会社となるアコムによる審査によって行われますが、常陽銀行でも審査や確認が行われます。過去に常陽銀行でトラブルを起こしている場合などは、キャッシュピットの利用にも悪影響を及ぼす可能性もあります。

診断の結果は鵜呑みにしない

常陽銀行の公式サイト上には、申し込みとは別に事前に目安が確認できる5秒診断が用意されています。5項目程度の選択や入力で常陽銀行カードローンのキャッシュピットが利用できるかの診断が行えるものですが、表示される結果は鵜呑みにはしない方が良いです。

5秒診断は信用情報の確認もせず、個人情報の入力も行わないため、あくまで年齢や借り入れの状況等によってのOK、NGの判断でしかありません。審査基準とは関係がないものとなるため、5秒診断でOKが出たからといってキャッシュピットの審査でもOKになるとは限らないのです。

ただ、診断の結果を申し込みの基準と考えれば良い目安にはなります。診断でOKが出ても審査ではOKになるとは限りませんが、診断でOKが出ない状況では審査でもOKとはなりません。最低限の基準として診断でOKとならないと借りられる見込みも無いとも言えるので、申し込みができるかできないかといった判断基準として使うのであれば、5秒診断は有用性も上がります。

借りられるかどうかは審査を受けてみないと分からないとは言え、通る見込みが無い審査を受けても意味がありません。診断でNGとなってしまうようでは審査通過の見込みも薄くなるので、申し込み基準の確認としてであれば診断結果も良い目安にはなるでしょう。

ページトップへ戻る