ネットで契約まで可能なラピッド

北海道銀行で主となるカードローンのラピッドは、パソコンだけでなくスマホでも来店不要で申し込みが行えるようになっています。ネットでの申し込み自体は現在の消費者金融や銀行のカードローンでは珍しいことではありませんが、北海道銀行のカードローンラピッドは申し込みだけでなく、契約までもスマホで完結ができるようになっています。

来店不要でスマホから申し込みを行い、そのままスマホでWeb上での契約が可能となれば手間もかからず、忙しい方、店舗の営業時間に来店ができないといった方でも無理なく手続きが進められます。

審査回答時間も最短即日も可能としているため、早くに審査結果を知りたい方、借りたい方にも適しています。申し込みの内容や審査の結果、時間によっては対応が難しい場合があるものの、早ければ最短即日融資も可能となり、北海道銀行のカードローンラピッドは急ぎで借りたいときにも頼れます。

北海道銀行の口座がなくてもOK

地方銀行のカードローンは口座を持っていないと利用ができない、口座がない場合にはカードローンの申し込みとは別に口座開設が必要となる場合がありますが、北海道銀行のカードローンラピッドに関しては北海道銀行の口座がなくても申し込みが可能で、契約の際の北海道銀行での口座開設も不要です。

カードローンの申し込みと契約の手続きだけで借りられるようになるので、審査基準さえ満たして契約が行えれば早くに借りられるようになっています。北海道銀行の口座がなくても契約が行えるといった点が、最短即日融資も可能となるカードローン手続きの早さに繋がっているとも言えます。

契約後の利用は発行されるカードローンを利用したATMでの借り入れの他、指定口座への振り込み融資でも対応ができます。希望をする借り方でカードローンが利用できるため、幅広い場面で頼れるカードローンとなるのが北海道銀行のラピッドです。

ATMの利用手数料は無料

カードローンサービスの利点はカードを使って多くの提携ATMでキャッシングローンの利用ができる部分にありますが、提携ATM利用時には手数料がかかる借り入れ先が多いのが難点です。借りる際、返す際に提携ATMを利用すると100円と消費税や200円と消費税がかかるなど、余計な負担が増えてしまいます。

しかし、北海道銀行カードローンのラピッドでは、ATMの利用手数料はいつでも何度でも無料となっています。北海道銀行のATMはもちろん、コンビニや他金融機関の提携ATMでも手数料は無料となるため、どこにいても手数料負担を気にせずに便利にカードが使えます。

手軽さで優れているとされるプロミスアコムなどの消費者金融では提携ATM利用時に手数料がかかり、さらには上限金利での借り入れが多くなる消費者金融であるために返済時の負担も大きくなりますが、銀行での借り入れとなる北海道銀行カードローンのラピッドなら、提携ATMの利用手数料もなく、金利負担も抑えられるために無理なく借りられるようになっています。

提携ATMの利用手数料は一度あたりの金額は大きくないとしても、繰り返し利用をするとなると大きな出費となりかねません。余計な負担を増やさないためにも、提携ATMでのカード利用を考えている方は手数料負担も気にするようにしましょう。

毎月の返済は少しずつでも可能

借りることだけでなく返済も考えなければならないカードローンにおいて、毎月の返済金額や返済期日は重要な部分となります。毎月の収入や支出から無理なく返済をするためには、返済金額を確認しておく必要があります。

北海道銀行カードローンのラピッドは毎月の返済を35日ごとのサイクルで行うか、指定期日の返済で行うかを選べるようになっており、どちらにしても基本的には月に1回の返済を行う借り方、返し方となります。

35日ごとと見ると月々の返済日がずれ込んでいくように感じられるかもしれませんが、例えば25日に返済をした場合には翌月は31日までが返済期日となり、翌月も同じく25日に返済をすればその次の月も同じく31日が返済期日となるためにずれ込むことはありません。

35日ごとは返済をした翌日から35日以内が返済日

35日ごとの返済スタイルは、返済を行った翌日から数えて35日以内が返済期日となるため、毎月の決まった日にちの前後に返済をしている限りは、返済日が大きくずれるわけではありません。35日ごとにしておけば例えば給料日以降に返済をするとしても数日は余裕が持てるため、北海道銀行カードローンのラピッドでは基本の返済スタイルとなります。

指定期日の返済は毎月の決められた日に返済を行い、一日でも入金が遅れると返済の遅れ扱いとなってしまいます。35日ごとのように日にちに余裕が持てないので、基本は35日ごとの返済で考えておくと良いでしょう。

借り入れ残高ごとの返済金額

35日ごと、指定期日の何れにしても、北海道銀行カードローンのラピッドは借り入れ残高に応じた返済金額を返済期日内に入金を行います。限度額ではなく借り入れ残高によって毎月の返済金額が変動するため、限度額がいくらであっても大きな金額を借りない限りは、毎月の返済金額自体も大きくなりません。

ただ、北海道銀行カードローンのラピッドは同じ借り入れ残高でも、限度額によって返済金額が変わるようになっています。大きな限度額での契約となっていると借り入れ残高が同じであっても、毎月の返済金額が変わる点に注意が必要です。

借り入れ残高 限度額400万円以下 限度額400万円超
10万円以下 2,000円 1,000円
10万円超
20万円以下
4,000円 2,000円
20万円超
30万円以下
6,000円 3,000円
30万円超
10万円増加毎
2,000円ずつ追加 1,000円ずつ追加
保証会社は消費者金融のアコム

銀行のカードローンは保証会社の消費者金融系や信販系業者に審査や返済がされなくなった際の手続きを委託している場合がほとんどで、北海道銀行カードローンのラピッドも消費者金融大手のアコムを保証会社とし、審査などの保証委託を行っています。

そのため、カードローンの審査の際にはアコムと北海道銀行の両社の基準を満たす必要があり、アコムでのカードローン利用と比べると審査基準が厳しくなります。しっかりとした安定した収入を持っており、信用情報にも問題がない、他社での借り入れがあっても多すぎないなどの一定の基準を満たせないことには、北海道銀行カードローンのラピッドの審査には通りません。

消費者金融系が保証会社となっていると審査基準がそこまで厳しくないといった情報も見受けられますが、たしかに保証会社は消費者金融ではっても、貸し付けを行うのは銀行であるため、消費者金融で借りるよりも厳しい基準となるのは当然です。

借り入れが多い、収入が安定していない、信用情報に問題があるなどが理由と思われる消費者金融での審査落ちとなっている方では、北海道銀行カードローンのラピッドの審査通過は難しいため、申し込み前には自身の状況をしっかりと確認するようにしましょう。

他社での借り入れがある方は金利負担が軽くなる北海道銀行カードローンのラピッドへの借り換え、または多くの借り入れの一本化であるおまとめローンの利用を考えてみましょう。ただ、その際にも正常な返済は欠かせないため、申し込みを行う際には返済が正常に行えていなければなりません。

ページトップへ戻る