来店も郵送も不要で完結可能

みちのく銀行のインターネットで手軽に申し込みが進められるWebカードローン「トモカ」は、申し込みだけでなく契約までもWeb上で完結ができるようになっています。来店や郵送での手続きの手間なく、Web上での契約が行えれば店舗窓口まで行きたくない方、行けない方でも申し込みがしやすく、利用がしやすくもなります。

ただし、来店も郵送も不要となるWebカードローントモカの手続きは、みちのく銀行の普通預金口座をお持ちの方で、運転免許証などの顔写真が付いた本人確認書類の写しを提出できる方に限られます。みちのく銀行の口座がない、顔写真付きの本人確認書類が無い場合には、来店での手続きが必要となります。

専用カードもキャッシュカードも使える

利用のためにみちのく銀行の口座が必要となるWebカードローントモカは、契約後の利用は専用のローンカードでもキャッシュカードでもどちらでも行えるようになっています。専用カードを持ち歩きたくない場合には返済用口座のみちのく銀行のキャッシュカードで利用ができるため、希望内容に合わせて使うカードが選べます。

専用のローンカードではなくキャッシュカードを使う借り入れであれば、仮に周りにカードを見られたとしても取引内容を見られない限りはカードローンの利用をしている、お金を借りているとは分かりません。

キャッシュカードでみちのく銀行の口座からお金を引き出しているように見えるだけなので、提携ATMでのカード利用であるとしてもキャッシュカードでの借り入れであれば、万が一にもカードの券面を見られてもカードローン利用がばれにくい、内緒にできるメリットもあります。

みちのく銀行の様々な便利な借り方

Webカードローントモカの契約後の借り入れは、主にATMで利用を行います。みちのく銀行のATMであれば専用のローンカードでもみちのく銀行のキャッシュカードでも限度額内で借りられ、どちらのカードであっても同様に利用ができます。

みちのく銀行以外の提携ATMでの利用の際には専用のローンカードでの借り入れとなり、全国に設置のコンビニや金融機関の提携ATMでローンカードが使えます。どこにいても便利に借りられるようになっていますが、提携ATM利用の際には手数料がかかる場合があるために注意が必要です。

また、その他にも口座を使うからこその便利な借り方が可能です。みちのく銀行の口座を公共料金等の生活費の引き落とし先に設定しており、引き落とし日に口座残高が不足している場合には、Webカードローンの限度額から口座へ自動的に出金し、引き落としを実行するサービスがあります。

Webカードローンの利用残高に空きがあれば口座残高不足で引き落としがされないといった状況が防げますが、自動融資の内容によっては不利益を被る可能性もあるために緊急時の使い方といった認識としておくと良いでしょう。

Webカードローンの返済には使えない

当然ではありますが、Webカードローントモカの返済に自動融資は利用できません。その他の融資金の返済やクレジットカードの支払い等であれば利用ができる場合が多いですが、借りたお金を借りて返すとなると以後の負担が大きくなる可能性があるので、自動融資に頼った支払いは行うべきではありません。

みちのく銀行のWebカードローントモカによる自動融資での支払いが行えないものもあるため、頼りすぎてしまうと結局は支払いが遅れるといった事態も招きかねません。

毎月5日の返済日と返済金額

カードローンによる借り入れを利用した後は、毎月5日に返済口座から借り入れ残高に応じた返済金額が引き落とされます。毎月の返済金額はWebカードローンで借りる金額を大きくしなければ負担にはならないようになっているので、少しずつで余裕のある返済を進めたいと考えるなら、限度額がいくらであっても借りる金額を少なくしておくと良いでしょう。

借り入れ残高 約定返済金額
5,000円未満 残高全額
5,000円以上30万円未満 5,000円
30万円以上50万円未満 10,000円
50万円以上100万円未満 20,000円
100万円以上200万円未満 30,000円
200万円以上300万円未満 40,000円
300万円以上 50,000円

みちのく銀行Webカードローントモカで30万円未満の借り入れであれば、約定返済日からの遅れがない限りは毎月の5,000円の返済で利用ができます。返済が遅れて利息がかさんだ際には返済金額が変わる可能性がありますが、毎月の返済期日である5日にしっかりと引き落としがされている限りは、少額の利用であれば返済金額も大きくなりません。

ただ、借りる金額に対しての一回あたりの返済金額が小さすぎると、完済までに長い期間を要してしまうために利息総額、支払い総額も膨れ上がってしまいます。余計な利息負担を増やさないためには余裕があれば返済額を上乗せする随時返済を活用すべきで、積極的な返済で早めの完済を目指すようにしましょう。

みちのく銀行Webカードローントモカでは契約時に作成をする専用口座にみちのく銀行ATM、または全国の提携ATMから直接入金を行えば、随時返済が可能です。追加で返済を進めていけばその分だけ多くの借り入れ残高が減っていくので、利息も軽くなるだけでなく返済の期間も大幅に短縮が可能となります。

月々に少しずつの返済で利用ができるのがみちのく銀行Webカードローントモカの良さですが、長い期間をかけて返済をすると負担が増えてしまうため、なるべくなら早めに完済ができるように随時返済を積極的に活用をしていきましょう。

来店が必要なタイプもある

みちのく銀行には来店不要で手続きが進められるWebカードローントモカの他に、ネットで仮申し込みを行った後にみちのく銀行の店舗、または出張所等で正式な申し込みを行うタイプのカードローントモカもあります。

来店が必要となり手間がかかる分だけ最大融資枠が大きく設定がされており、多くの借り入れを一本化したいおまとめローンとしての利用や、教育資金としてまとまった金額を借りたいといった場合に頼れるタイプとなります。

ただ、Webカードローントモカも数十万円といった少額の限度額しか用意ができないわけではなく、みちのく銀行および保証会社である株式会社オリエントコーポレーションの審査の結果によっては、数百万円規模の限度額となる場合があります。

Webカードローントモカでもある程度のまとまった借り入れが利用できるので、店頭で相談をしながら申し込みをしたいなどといった場合を除けば、みちのく銀行での借り入れはWebカードローントモカが主となるでしょう。

それぞれのカードローンの利用条件には最大限度額の違いぐらいしかないため、申し込みが来店不要で契約までWeb上で完結ができるWebカードローンの方が便利です。

みちのく銀行の営業区域内に限られる

地方銀行だけあり、みちのく銀行のWebカードローンも来店が必要となるタイプのどちらのトモカも、みちのく銀行の営業区域内にお住まい、または勤務をされている方を対象としています。東京支店をのぞく地域となっており、東北地方を中心としたサービスとなります。

Webカードローンではない来店が必要となるタイプで見てみると、北海道、青森県、秋田県、岩手県、宮城県内の方を対象とすると書かれています。Webカードローンでは細かな都道府県の記載はありませんが、対象となる地域には違いはないと考えられるため、それぞれ1道4県の方を対象としたカードローンとなります。

地元の金融機関で借りるカードローンであるため、消費者金融のプロミスアコムモビットなどでの借り入れと比べて信頼ができるものですが、だからと言って返済を疎かにできるわけではありません。返済をしっかりと行わないと今後のみちのく銀行との付き合いや取引にも影響がでるリスクがあるので、カードローンはどこから借りるとしても返済は確実にしっかりと行うようにしてください。

借りすぎて返済ができなくなるといったことがないように、カードローンを利用する際にはしっかりとした返済計画を持ち、収入から考えた無理のない範囲、バランスでの借り入れとしましょう。

ページトップへ戻る