来店不要で最短即日融資も可能

銀行のカードローンは時間や手間がかかると感じている方がいるかもしれませんが、秋田銀行で借りるカードローンのスマートネクストは、パソコンやスマホ来店不要の24時間申し込みが可能で、秋田銀行の口座をお持ちの方であれば最短即日融資も可能となっています。

時間や手間をかけずに手続きが進められ、定める年齢の範囲内で安定した収入を得ている方であれば利用対象となるため、多くの方に頼れるカードローンとなります。

毎月の返済も借りる金額を少なくすれば余裕を持って無理なく行え、銀行だからこその低金利のカードローンとなるのも魅力です。低負担で信頼の金融機関から借りたい方は、秋田銀行カードローンのスマートネクストに注目です。

申し込み時は口座の有無は問わない

秋田銀行の口座をお持ちの方であれば最短即日融資も可能となるのが秋田銀行カードローンのスマートネクストですが、申し込み時においては秋田銀行の口座の有無は問いません。秋田銀行の口座をお持ちでなくても申し込みが行え、契約までに必要となる口座開設も郵送や来店、印鑑不要でも手続きが進められます。

秋田銀行カードローンのスマートネクストはネットでの申し込みは二通りが用意されており、それぞれ使い方や手続きの進め方で選べるようになっています。

既に秋田銀行の普通預金口座とキャッシュカードをお持ちの方、またはスマホでカードローンと同時に秋田銀行の口座開設を行うWeb完結型の方法と、秋田銀行の口座もカードもなく、スマホでの口座開設手続きを行わない方法です。

それぞれの手続きは契約までWeb上で完結できるかの違いがあり、口座がある、またはスマホから口座開設を同時に行う場合には契約まではWeb完結も可能です。スマホでの口座開設をしない場合には郵送やFAXでの手続きが必要となり、どちらにしても契約後は自宅にカードが郵送されますが、契約までの手順が異なる点に注意が必要です。

おまとめや借り換えにも適する

個人が利用する範囲、健全な消費性資金や生活費などの生計費の範囲内であれば自由な用途に利用ができる秋田銀行カードローンのスマートネクストは、事業資金を除くと用途は細かく制限はされていないため、おまとめ借り換えとしての利用にも適しています。

高い金利で借りている方のおまとめや借り換えとして秋田銀行カードローンのスマートネクストを利用すれば、返済負担の軽減に期待が持てます。特にプロミスアコムなどの消費者金融の上限金利で借りている場合には、金利が低くなる秋田銀行なら今後の返済が軽くなります。

高い金利で借りているとそれだけ毎月の利息負担も大きくなり、最終的な支払い総額も膨れ上がってしまいます。余計な利息を支払い続けてもいつまで経っても完済はできないので、利息を減らして完済ができるように金利負担が大きくなっていると感じる方は、秋田銀行カードローンのスマートネクストへのおまとめ一本化や借り換えを考えてみましょう。

複数の借り入れをまとめるおまとめローンとしての利用も、高い金利からの借り換えとしての利用も、どちらにしても今現在の返済が正常に行えていなければなりません。

毎月の返済は2,000円から

銀行のカードローンでは金利自体は低くても、毎月の一回あたりの返済金額が大きく定められている場合があります。金利が低くて一回あたりの返済金額が大きければそれだけ完済までの返済期間が短くなるので、最終的な支払い総額自体は抑えられるメリットはあります。

しかし、月々の返済に余裕を持ちたい、少しずつの返済でカードローンを利用したいと考える方には希望内容に合わず、無理に借りれば毎月の返済で生活に支障をきたす可能性すらもあります。その点で、秋田銀行カードローンのスマートネクストは返済金額に余裕が持たれているため、毎月の返済が大きな負担とはならないようになっています。

借り入れ残高 約定返済金額
10万円以下 2,000円
10万円超30万円以下 5,000円
30万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 15,000円
100万円超200万円以下 25,000円
200万円超300万円以下 30,000円
300万円超400万円以下 40,000円
400万円超 50,000円

秋田銀行カードローンのスマートネクストでは、毎月の返済金額は返済日前日の借り入れ残高によって決まるようになっています。秋田銀行および保証会社の審査によって決まる限度額ではなく借り入れの残高によって返済金額が決まるため、大きな金額を借りなければ月々の返済は大きな負担とはなりません。

例えば限度額が100万円や200万円であるとしても、借りる金額を10万円以下としておけば一回あたりの返済金額は2,000円です。毎月5日の返済日に2,000円の入金で利用ができるので、少しずつの返済で利用をしたい方にも秋田銀行カードローンのスマートネクストは適しています。

任意での随時返済を活用していく

秋田銀行では毎月の約定返済金額が少なく抑えれていますが、最低額の返済だけでは完済までに長い期間がかかってしまうため、お金に余裕があるなら秋田銀行ATMや提携ATMでの任意での随時返済を積極的に活用すべきです。任意による繰上げ返済を行えばそれだけ多くの残高が減らせるので、利息負担も減らせる効率的な返済が進められるようになります。

審査は保証会社による部分が大きい

秋田銀行カードローンのスマートネクストで借りられるかの審査は、秋田銀行で行う部分よりも保証会社であるエム・ユー信用保証による部分が大きいです。お金を貸し付けるのはたしかに秋田銀行ではあるのですが、返済がされなくなった場合などのトラブルに対応をするのは保証会社であるため、返済能力などの判断は保証会社が主に行います。

銀行のカードローンでは一般的な内容であり、保証会社や信用情報機関に何らかの良くないネガティブな情報が保有されている場合には、保証会社の審査に通らないために秋田銀行カードローンのスマートネクストは利用ができなくなってしまいます。

エム・ユー信用保証は三菱UFJフィナンシャル・グループの一員であり、多くの銀行カードローンやその他の保証業務を行っています。過去にエム・ユー信用保証を利用するサービスでトラブルを起こしている場合などは、一見すると無関係な秋田銀行カードローンのスマートネクストが利用できなくなるため、申し込みの際には注意が必要です。

保証会社の保証を受けるために利用者側での担保や保証人は原則として不要となっており、保証料に関しても金利に含まれているために余計な負担はありません。

カードローンのリスク

秋田銀行カードローンのスマートネクストで返済に関するトラブルを起こしてしまうと、秋田銀行と保証会社であるエム・ユー信用保証、および信用情報機関にネガティブな情報が保有され、今後の他ローンの利用や同保証会社のクレジット商品が利用できなくなる可能性もあります。

銀行のカードローンでのトラブルは消費者金融での借り入れと比べて、影響を与える範囲が大きくなります。借りていた銀行での口座開設ができなくなるなどの場合もあるため、銀行のカードローンは特に慎重に利用をしなければなりません。

計画的な利用で無理なく返済を進めるのであれば問題はありませんが、借りすぎて返済ができなくなるなどの状況に陥ると大きな問題が生じてしまいます。便利なカードローンの一つのリスクとして、借りる前には認識をしておくべきでしょう。

カードローンは便利なサービスではありますが、その分だけ目的ローンと比べると金利が高くなるなどのデメリットもあります。金利が高い分だけ返済の計画は特に慎重に立てなければならないため、無理のない範囲で借りられるように利用をしてください。

ページトップへ戻る