消費者金融の審査!

ネット申し込みで土日の最短即日融資も可能

早い審査回答の大手消費者金融は
ネットでの来店不要申し込みで
当日中の最短即日融資も可能です。
急な出費ですぐに借りたいときも
平日も土日も対応可能時間内なら
その日のうちの振り込み融資や
カード発行も進められます!

女性も安心のカードローン

カードローンの利用者層は男性が多いように思われがちですが、近年では女性の利用者も増えてきています。お金に困ってしまうのは男性に限らず女性も同様であり、困ったときに素早くお金が借りられるカードローンは女性にも頼れるサービスです。


ただ、やはり女性がカードローンでお金を借りるとなると、何だか不安に感じてしまうのも事実です。借り入れが周囲にバレないか、借りた後の返済は負担にならないかなど、疑問に感じる部分があってもどうしても聞きにくいものです。


それでも最近では女性のカードローン利用者が増えているのは、やはり安心して借りられる環境が整ってきているためです。銀行はもちろん、消費者金融でも大手であれば女性にも頼れるサービスとなっているので、急な出費で困った際には消費者金融も含めてカードローン利用を考えてみましょう。

女性向けのサービスもある

銀行や消費者金融の中には、女性向けのサービスや女性専用のカードローンを用意しているところがあります。女性向けのサービスであれば借り入れが初めての女性の方でも検討がしやすく、来店不要のネット申し込みで進められれば手間もかかりません。


女性向けや女性専用となるサービスは、女性の利用者も手続きが進めやすいように、様々な面で配慮がされています。例えば女性向けのサービスで有名な大手消費者金融のプロミスが用意するレディースプロミスでは、金利などの条件は変わらないものの、対応をするオペレーターは基本は女性になるといった環境が整えられています。


その他、女性専用のカードローンを提供しているみずほ銀行のみずほMyWingや、独立系消費者金融アイフルのSuLaLiは、女性に嬉しい様々なサービスが用意されていたり、券面がローンカードと分からないようにしてくれていたりと女性でも安心して利用ができるようになっています。

返済は借り入れ金額次第

男性が借りる場合でも同様ですが、女性のカードローン利用において大きく気になる点に「返済」が挙げられます。借りるのは良くても、返済がどの程度の負担になるのかが分からないとカードローン利用も不安を感じてしまうものです。


その点、大手消費者金融や銀行での借り入れであればそこまでの心配はいりません。カードローンの月々の返済は基本的に借り入れの残高によって変動をするため、大きく借りなければ毎月の返済金額自体も大きくなりません。


利息負担は返済期間が長くなり、金利が高くなれば最終的には大きくなりますが、月々の返済を重視して一回あたりの返済金額をそこまで大きくしたくないのであれば、そこまで低金利に拘る必要もなくなります。

金利と毎月の返済金額は必ずしも関係を持つわけではなく、金利が低くはないとしても毎月の一回あたりの返済金額は少なくなっているカードローンサービスもあります。

金利と返済金額の関係

余裕のある返済で借りるなら

毎月の一回あたりの返済金額を少なくして借りたいのであれば、金利ではなく借り入れ残高ごとの返済金額にまず注目です。何かとお金がかかる女性の方は、月々の返済金額が大きくなってしまうとカードローンが負担となるので、金利も重要ではあるのですが余裕のある返済を進めたいなら、一回あたりの約定返済金額に注目をしましょう。


消費者金融で借りるなら金利は決して低くはなくても、プロミスなら5万円までの借り入れで毎月2,000円の返済、10万円までの借り入れで毎月4,000円の返済となっているため、女性の方でも無理なく利用ができます。


また、プロミスは上でも触れたように女性向けのレディースプロミスのサービスもあるため、女性の方のカードローン利用、初めてのカードローンによる借り入れにも適しています。

レディースプロミス
人気ランキング1位
実質年率4.5%~17.8%
限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資対応最短1時間

金利や限度額といったカードローンとしての利用条件には違いはないものの、通常のプロミスのカードローンとは異なり、レディースプロミスであれば基本的に女性のオペレーターが対応をしてくれるので女性の方でも安心して申し込みが行えます。分からないことがあっても聞きやすいため、初めてカードローンを利用する女性の方からの人気が高いです。

イオン銀行カードローン
金利年3.8%~13.8%
極度額最大800万円
審査時間-
来店手続き不要

カードローンの申し込みはイオン銀行の口座がなくても行え、来店不要でカードの受け取りまで進められます。初回の借り入れはカードが到着してからとなりますが、イオン銀行の口座をお持ちの方であれば振り込みでの借り入れも可能です。

銀行で借りるなら金利も低く、毎月の返済金額も少なく抑えられている人気のイオン銀行カードローンに注目です。借り入れ残高が3万円以下なら1,000円ずつの返済、5万円超10万円以下の借り入れでも3,000円ずつの返済と余裕が持てます。


月々の約定返済をそこまで大きな負担にしたくないと考えるのであれば、金利だけでなく借り入れ残高に応じた返済金額をしっかりと見ておく必要があるのです。

金利も低く返済金額も少ないイオン銀行カードローンは、条件に優れる分だけ審査基準が厳しくなっています。条件に優れていても借りられないと意味が無いので、申し込みの際には審査に通過ができるかも考えるようにしましょう。

女性が優遇されるわけではない

一部の消費者金融や銀行では女性向けの、または女性専用のサービスが用意されていますが、男性に比べて女性が優遇されているわけではありません。基本的に金利条件は同消費者金融や同銀行の通常のカードローンと比べても変わりはなく、あくまで女性でも利用がしやすいようにとされているに留まります。


当然、審査の基準に関しても男性も女性も一定の内容となっており、女性だからといって審査に通りやすいといったこともありません。消費者金融であれば総量規制の範囲内で、銀行も借り入れ先によっては自身か、または配偶者の安定した収入がないと利用ができません。


女性に向けられたサービスだからと言って女性の誰もが借りられるのではなく、一定の審査基準をクリアした女性の方が借りられるのが女性向けのカードローンです。申し込みを検討する際には、自身の状況から借りられるか、審査に通る見込みがあるかを考えるようにし、無謀な申し込みとならないように進めるようにしましょう。

審査の基準はどの消費者金融も銀行も明らかにはしていませんが、一般的に銀行は消費者金融よりも審査が厳しいとされています。収入面などを考え、まずは消費者金融か銀行かで決めると良いです。

消費者金融の審査から考える
返済はしっかりと行う

女性向けのカードローンであるとしても、通常の消費者金融や銀行のカードローンと同様に返済はしっかりと行わなければなりません。毎月の返済期日までに約定返済金額の入金は必ず行い、遅れないように不足しないように返済を進める必要があります。


返済が大きく遅れれば男性も女性も関係なく催促の連絡を受けることとなり、それでも支払いがされなければさらに問題が大きくなります。お金を借りて返すといった契約は男女での分け隔てはなく、借りたのであればしっかりと返済を行うのは当然です。


とは言っても何らかの事情によって返済ができない、期日までに間に合わないといった状況もあります。今月の返済がどうしても難しいといった場合には、早めにコールセンターに連絡を入れるなどして、返済の相談を行うようにしてください。


黙って返済期日を過ぎると携帯電話宛への催促や確認の連絡が届いてしまいますが、自身から連絡をして返済の相談をしておけば、余計な連絡が届くこともなくなります。女性だからといって甘くなるわけでもないので、無理のない返済の計画を立てた借り入れとしましょう。

大きな金額を借りなければ返済もそこまで大きな負担とはならないので、余裕のある返済のためにも借りすぎには十分に注意が必要です。

借りすぎないようにする
© 消費者金融の審査|ネット申し込みで土日の最短即日融資も可能 All Rights Reserved.
ページトップへ戻る