学生も借りられる消費者金融

学生がお金を借りるとなると借り入れ先に迷ってしまうもので、少し怪しい雰囲気のある学生ローンの利用を考えてしまう方もいます。正規の貸金業者となる学生ローンであれば上限金利もしっかりと守られるために比較的安心ですが、それでもよく分からないところから借りるのは不安に感じます。

できることなら名の知れた消費者金融から借りたいもので、学生であっても年齢と収入の条件を満たすと利用ができる大手消費者金融であれば、初めての借り入れであっても信頼ができます。

未成年となると安定した収入を自身で得ていても利用はできませんが、成人をしている20歳以上で自身で安定した収入を得ている学生の方であれば、プロミスやアコム、アイフルなどの大手消費者金融からでも借りられるのです。

アルバイト収入で良い

消費者金融の多くは申し込み者本人が安定した収入を得ていることを条件としていますが、収入の金額についての定めはありません。安定した収入を得ていれば所得自体がそこまで多くなくても申し込みが行えるため、アルバイトでの毎月の収入がある学生の方でも問題はありません。

ただ、収入が多くなく学業が中心となる学生の方は、消費者金融で借りる際の限度額はどうしても大きくなりません。10万円前後の限度額となる場合が多いため、数十万円などのまとまった金額を借りられるとは考えるべきではありません。

急な出費、どうしても急ぎで必要な少額の借り入れには学生でも利用ができる消費者金融は適しますが、何らかの理由によって大きな金額を用意しなければならない場合には、消費者金融ではなく家族の方に相談をするなどを考えるべきです。

本人の確認に留まる

大手の消費者金融から学生の方が借りる際には、学校側への確認の連絡などは入りません。アルバイトなどの勤務先への在籍確認の連絡は入りますが、在籍確認時には本人以外には消費者金融のサービス名は明かさず、あくまで担当者の個人名となるのではプライバシーを守ってくれます。

怪しいところから借りると学校への連絡が入ったり、家族の方の連絡先を聞かれるなど、何かとトラブルの元にもなりかねません。その点で大手の信頼ができる消費者金融であれば、学生であるとしても本人の連絡先と勤務先の情報、その他の基本的な申し込みに必要な情報の入力で手続きが進められるために安心です。

ネットでの来店不要申し込みからWeb契約での借り入れも可能で、店舗や契約機に行かずに契約が進められるのも利点です。ただ、Web契約の場合には後日に自宅宛に消費者金融からカードの郵送がされてしまうため、郵送物で家族にバレたくないと考える場合にはWeb契約以外の方法で手続きを進めるのが良いです。

モビットのWeb完結であればカードレスのキャッシングサービスとなりますが、社会保険証が必要となるためにアルバイトの学生の方が利用をするのは難しいです。

郵送物無く契約をするには

一人暮らしの学生の方であればそこまで気にすることでもありませんが、家族と同居をしている場合には契約後の郵送物の扱いに困ってしまいます。消費者金融ではWeb契約後のカードはサービス名を伏せた封筒で郵送がされますが、差出人名が不明な本人宛の郵送物が届くと家族の方から不審がられる可能性があります。

大手消費者金融で見てみるとプロミスは「パルセンター」名で、アコムは「ACサービスセンター」名の差出人でカードが届けられます。差出人名を見ただけではプロミスやアコムからの郵送物とは分からないものの、少し調べるとすぐに分かってしまうために借り入れがバレる可能性があります。

郵送物が届く以上はバレる可能性があるため、家族にバレずに契約を行いたいのであれば郵送物が届かない方法で手続きを進める必要があります。特に難しい方法ではなく、カードを直接受け取りに行けば郵送物はなくなります。

ネットでの申し込みを行い、審査回答後に近くの契約機まで行くとその場でカードが受け取れるため、後日の郵送物はありません。内緒で借りたい場合にはネット申し込み後の契約機利用が便利であり、大手有名消費者金融なら全国各地に契約機を設置しているために手続きも進めやすいのです。

契約機利用なら土日でも対応が可能

銀行振り込みでの借り入れは平日の銀行営業日で定められた時間内に限られますが、ネット申し込み後に契約機を利用する手続きであれば、営業時間内なら夕方や夜でも、土日であっても最短でその日のうちのその場でのカード受け取りも可能となります。

受け取ったカードは消費者金融のATMや、コンビニや金融機関の提携ATMで限度額内で何度でも利用ができるため、お金に困ってしまった学生の方に頼れる1枚となります。

返済を考えて借りるようにする

学生の消費者金融利用は返済を第一に考えるようにし、借りすぎには十分に注意をしてください。アルバイトの学生の方では収入が多くないため、返済を疎かにして借りてしまうと返済が負担となる可能性があります。

消費者金融は金利自体は低金利となる銀行カードローンと比べるとたしかに高いですが、毎月の返済金額に関して言えば必ずしも負担が大きいわけではありません。消費者金融大手のプロミスで見てみると、借り入れ残高が5万円なら毎月の返済は2,000円となり、余裕のある計画で返済が進められます。

多くの消費者金融で毎月の返済は借り入れ残高によって変わるようになっているため、限度額はいくらでも大きな金額を借りなければ毎月の返済もそこまで大きくはなりません。また、余裕があるときには上乗せをしての返済も行えるので、毎月の返済金額が少なくなるように借りておけば、返済も行いやすくなります。

毎月に少しずつの返済でも問題はありませんが、より早くに完済をして利息総額を減らすためにも、お金に余裕があるときには多めの返済を心がけておくと良いでしょう。

返済だけは必ずしっかりと行う

学生でも社会人でも、自身の信用でお金を借りる以上は同じ立場です。担保や保証人のどちらも不要で借りられる消費者金融のカードローンは、返済に関するトラブルを起こしてしまうと信用情報に傷が付いてしまいます。

信用情報に傷が付くと完済をしてからでも数年間はネガティブな情報が残り続けるため、学生から社会人になっても信用情報のネガティブな情報が残り続けます。ネガティブ情報があるとカードの発行審査にも大きな悪影響が出てしまうので、そうならないように返済はしっかりと行わなければなりません。

また、返済を長期に渡って行えない状況に陥ってしまうと、支払いを促す通知や連絡が自宅に届くようにもなります。家族の方々に対しての取り立てがされるわけではありませんが、何かとトラブルの元にもなりかねないため、消費者金融からお金を借りるにあたっては無理のない返済の計画が欠かせないのです。

返済に遅れてしまうとしても、事前に連絡をして相談をしておけば問題も大きくなりません。返済で困ったことがあれば黙って遅れるのではなく、必ずコールセンターなどに連絡をして相談を進めてください。

ページトップへ戻る