複数借り入れをまとめる

借りている金額が大きくは無いとしても、多くの借り入れを抱えてしまうと返済の負担が大きくなります。毎月の返済日や返済金額の確認、支払いの手間も含めて、それぞれの借り入れ先への返済は大きな負担となります、

細かく複数から借りていると、それぞれの借り入れ先での金利が上限付近となりがちなのも負担を大きくする原因で、消費者金融であれば18.0%などの決して低くはない金利で総額としてはそれなりの金額を借りることとなってしまいます。

毎月の返済金額に対する利息の割合が大きくなり、払っても払っても元金がなかなか減らないといった状況にも陥りがちです。これでは支払いの総額ばかりが増えてしまい、多くの借り入れのうちの一つでも完済をするにも難しくなってしまうのです。

おまとめローンの使い方

おまとめローンは専用のローンとして用意をしている消費者金融や銀行もありますが、多くはカードローンでの借り入れをおまとめローンとして利用をします。カードローンで借りたお金でそれぞれの借り入れ先への返済を行い、カードローンへの一本化を行うといった形となります。

多くのカードローンはおまとめとしての利用に使えるために問題はありませんが、一部の金融機関では消費者金融からの借り換えには利用ができないとしている場合があるために注意が必要です。消費者金融からの借り換えに利用ができないカードローンはおまとめにも使えないため、申し込み前には利用条件をしっかりと確認をしておく必要があります。

ただ、有名な銀行のカードローンではそのような借り換えの制限を設けているところは無いため、信用金庫などのカードローンを利用してのおまとめでもなければ、そこまで大きく気にする内容でもありません。

人気のおまとめ対応カードローン

おまとめローンは金利が下がらないと意味が無く、どれだけ低金利でまとめられるかによって今後の返済負担の軽減度合いが変わってきます。高い金利でも一本化ができるメリットはあるのですが、どうせなら低い金利でのおまとめローンを考えておきたいものです。

低金利でのおまとめローンとなると、やはり注目すべきは銀行カードローンへの一本化です。銀行の中でもおまとめに人気のカードローンであれば、多くの借り入れも完済を目指した効率的な返済が進められるようになります。

借り入れ先 金利(年) 限度額(極度額)
オリックス銀行
カードローン
1.7%~17.8% 最高800万円
じぶん銀行
カードローン
2.4%~17.5% 最高800万円
イオン銀行
カードローン
3.8%~13.8% 最大800万円

おまとめ前後で変わる金利

おまとめローンとしてどのカードローンを利用するかによっても変わりますが、おまとめローンの利用前後では借り入れ総額が大きければ大きいほど、金利の低下に対する期待が大きくなります。

例えば元々の利用先が消費者金融の場合には、100万円を下回る借り入れであれば金利は17.8%や18.0%となっている契約が多いです。50万円の限度額で18.0%の金利での契約が3社あるとなれば、総額で150万円の借り入れであるにも関わらず金利は18.0%となります。

現在の上限金利は100万円以上の契約では15.0%までとなっていますが、それはあくまで一つのところから借りた場合に限ります。総額で100万円以上となっていても、一つあたりの借り入れが100万円未満であれば上限金利は15.0%とはならずに18.0%となります。

単純に総額で100万円以上の借り入れで、それぞれからの少額の利用で15.0%超の金利での契約となっていれば、おまとめローンの利用によっては金利は上限でも18.0%から15.0%に下がります。おまとめ後の利用条件によってはさらに金利が低下する可能性もあるため、おまとめローンは100万円以上の総額がある方にとって、金利低下が期待できる借り方となります。

オリックス銀行カードローンへのおまとめ例

  • [おまとめ前]50万円ずつ3社から18.0%の金利で利用⇒150万円を18.0%
  • [おまとめ後]総額150万円をオリックス銀行で一本化⇒年6.0%~14.8%

おまとめに人気のオリックス銀行カードローンを利用して150万円をまとめた場合には、元々の借り入れがそれぞれ18.0%の金利となっていれば、おまとめ後で年3.2%~最大で12.0%もの金利の低下に期待が持てます。大きな金額となるとさらに金利低下の可能性もあり、オリックス銀行カードローンでのおまとめは注目を集めています。

おまとめローンのメリット

おまとめローンは金利が低下をする利点だけでなく、その他にもいくつかのメリットがあります。その中でも大きなメリットとなり得るものが、返済の手間の軽減です。

おまとめ前の複数の借り入れ先を抱えている状況では、毎月の返済が大きな手間となります。それぞれで返済日や金額が異なる場合があるため、毎月に何回も返済を行われなければなりません。それが、おまとめローンによって一本化を行うと、毎月の返済は一回で済むのです。

返済時に振り込み手数料や提携ATMの利用手数料をかけていた場合には、おまとめローンで返済先が一つにまとめられるメリットはさらに大きくなります。同じく手数料をかけるとしても毎月一回で済むので、金利低下からの利息負担の軽減以外にも手数料の削減と、余計な出費が抑えられるようになります。

提携ATMでの利用手数料が無料となるオリックス銀行カードローンは、金利面以外にもおまとめローンに人気となる理由が備わっているのです。

おまとめローン審査のポイント

おまとめローンは複数抱えてしまった借り入れの返済を効果的に進めるために有効な借り換え方法となりますが、誰でも利用ができるわけではありません。あくまで審査に通過ができ、おまとめとしての契約が行えた方のみとなるため、まずは審査にクリアをしなければ話になりません。

おまとめローンに限らずカードローンの審査基準はどの消費者金融も銀行も明らかにはしていないので、申し込みをしてみないと審査に通るのか、またはNGとなるのかは分かりません。ただ、基準とは別に基本としておまとめローンの審査でNGとなる部分があるため、最低限の確認として以下の内容は申し込み前に見ておくと良いでしょう。

おまとめ前の返済はできているか

おまとめローンは返せなくなった借金を整理する手続きではなく、今後の返済を軽くするための借り換えに過ぎません。今後の返済もしっかりと進めなければならないので、今現在の返済ができていないなど正常な返済が継続できないとなれば、おまとめローンの利用も不可となります。

借り換えともなるおまとめローンは、直近数ヶ月間での返済の遅れなどがあると申し込みの条件すら満たせない場合もあります。借り換え利用時には一定期間の正常な返済を条件としているカードローンもあるので、返済に関するトラブルを抱えてしまっている方はおまとめローンによる借り入れは利用ができません。

おまとめ後はとにかく完済を目指す

おまとめローンとして借りた後は、しっかりと完済を目指して返済を進めるようにしてください。おまとめローンで負担が軽くなったからといって返済のペースを落としてしまったり、その他の余計な借り入れを重ねるなどをしてしまうと、それこそ今後の返済ができなくなる可能性があります。

おまとめローン利用後に返済ができなくなれば打つ手がなくなり、借金の整理などといった手続きを取らなければならなくなります。おまとめローンであっても正常な返済を進めている限りは信用情報にはネガティブな情報は記録されませんが、借金の整理となれば今後数年間に渡って信用情報にネガティブな情報を抱えることとなります。

信用情報を汚してしまうとローンの審査だけでなく、様々な信用情報が絡む審査に悪影響を及ぼします。一見すると関係が無さそうな賃貸マンションの契約においても、保証会社が信販系となっていると影響が出る場合があるため、おまとめローンの利用ができたのであればとにかく完済を目指すように返済を進めてください。

おまとめローンとしてカードローンでの借り入れを利用した後は、しっかりと元々の借り入れ先の完済を行ってください。返済をしないと一括返済を求められる場合があるなど、トラブルに繋がる可能性が高くなります。

ページトップへ戻る