消費者金融の審査!

ネット申し込みで土日の最短即日融資も可能

早い審査回答の大手消費者金融は
ネットでの来店不要申し込みで
当日中の最短即日融資も可能です。
急な出費ですぐに借りたいときも
平日も土日も対応可能時間内なら
その日のうちの振り込み融資や
カード発行も進められます!

教育資金としても借りられる

カードローンは資金使途を細かく問わず、健全な消費性資金や生計費の範囲内であれば自由に利用ができるのが利点となります。普段の生活費としての利用も含め、多くの用途に便利に使えるためにカードローンは困ったときに助かるのです。


教育資金としてお金が必要になったときでも、カードローンは利用が可能です。教育資金のための借り入れとなると教育ローンが一般的を思われていますが、カードローンによる教育資金の借り入れも便利で頼れます。


教育ローンとカードローンによる教育資金の借り入れではそれぞれで良さが異なるため、どのような教育資金としての借り入れなのか、使い方なのかによって、どちらのローンを利用するかを考えてみると良いでしょう。

カードローンだからこその良さ

カードローンで教育資金を借り入れるメリットは、やはり教育ローンに比べると手軽で早い面が挙げられます。銀行のカードローンを利用する場合であっても、今では来店不要の契約が行える場合が多いため、手間をかけずにカードローン契約が可能となります。


申し込みから審査、契約と融資までの早さもカードローンが優れます。銀行の中でも早いところであれば最短30分程度の審査回答、多少時間がかかるとしても最短即日の審査回答となるため、審査結果の連絡まではそこまで時間がかかりません。


また、契約後の利用が限度額内で繰り返しとなるのもカードローンだからこその利点です。限度額の範囲内ならカードローンは繰り返し何度でも、再申し込み不要で借りられるので今後の教育資金としての要りようにも対応ができるようになります。

教育ローンとの比較

カードローンは便利に利用ができる分だけ、教育ローンに比べると金利が高くなってしまう場合がほとんどです。教育ローンのように利用目的が限定されているローンは金利が低くなっていますが、カードローンのように幅広い用途に利用ができる商品は金利が高くなります。


入学金などで数百万円などの大きな金額を借りるにあたっては、多少の時間がかかっても教育ローンが優れますが、数十万円程度の教育資金であれば教育ローンよりもカードローンが便利な場合もあります。


ただ、100万円を超える金額であっても借りるカードローンをしっかりと選べば、比較的低い金利での利用も可能となります。低金利で借りられる銀行カードローンを中心に、金利負担を抑えて借りられるカードローンを見つけると良いでしょう。

教育資金として明確な利用目的があるなら、消費者金融よりも金利が低くなる銀行カードローンが良いです。ただし銀行は審査基準が厳しい側面もあるため、申し込みの際には注意が必要です。

審査基準も気にかける

今後に必要になるかどうか

教育資金をカードローンで借りるか教育ローンを利用するかは、借りるべき金額の大小だけでなく、今後に追加で必要になるかどうかによっても選び方が変わってきます。教育資金として追加で必要になりそう、その他の生活費としての借り入れにも利用をしたいとなれば、用途が広いカードローンが便利です。


対して一度きりの利用で、大きな金額での教育資金の要りようであればカードローンではなく、金融機関で借りられる教育ローンを検討すべきです。追加で借りずに大きな金額での利用であれば、カードローンで借りるメリットが薄れるためです。


多くの用途に広く繰り返し利用をする予定があるならカードローンで、一度の大きな金額の教育資金の借り入れであれば教育ローンといった選び方をしておけば、教育資金の借り入れも失敗せずに利用ができるようになります。

教育ローンもカードローンも、どちらも借りるなら返済計画はしっかりと立てるようにしてください。せっかく借りたのに返済ができなくなってしまっては意味がありません。

返済計画はしっかりと持つ
提出書類が少ないカードローン

カードローンが教育ローンと比べて優れている大きな点に、申し込み時の提出書類の少なさがあります。教育ローンの借り入れとなると資金使途を明確にする書類の提出が必要となりますが、カードローンであれば必要ありません。


借り入れ先にもよりますが、カードローンは基本的に本人確認書類と、条件によって所得を証明する収入証明書類があれば手続きが可能となります。教育ローンと比べると提出する書類が少なく済むため、手続きが進めやすくなっています。


教育ローンの欠点はここにあり、金利が低い代わりに明確にした資金使途以外には利用ができません。カードローンであれば教育資金にもその他の用途にも利用ができるため、当初は教育資金として借りたとしても、限度額の範囲内で別の教育資金に利用もでき、さらにはその他の用途にも充てられるようになっています。

借り入れの利便性の面で見てもカードローンは教育ローンよりも優れている部分があるため、使い方次第で教育資金をどちらのローンで借りるかを考えるようにしましょう。

フリーローンなら幅広く使える

カードローンでも教育ローンでもなく、フリーローンを使う教育資金の借り入れもあります。ただ、フリーローンはカードローンと同じように自由な用途で利用ができるようになっていても、限度額内での繰り返しの借り入れは利用ができません。


一度に全額を借り入れ、その後は返済を進めるだけとなります。追加でお金が必要になったとしても、返済を進めている状態でも枠内での追加融資を自由に利用ができるわけではありません。


利便性に欠ける代わりに金利はカードローンよりもフリーローンの方が低い場合もありますが、それでも借りる金融機関などによっては金利にも大きな違いは生じない、イオン銀行のカードローンとイオンアシストプランのフリーローンのような商品もあります。


教育資金を借りるとしてもどのようなローンで利用をするかをしっかりと考え、今後の教育資金のやりくりに困らないようにしておくと良いでしょう。

どれだけ条件が良いローンでも借りられないと意味が無いので、自身の収入状況などに合わせて各ローンの利用条件を確認し、審査に通過ができるローンへの申し込みを進めるようにしてください。

借りられる見込みがあるローンを利用する
© 消費者金融の審査|ネット申し込みで土日の最短即日融資も可能 All Rights Reserved.
ページトップへ戻る