消費者金融の審査!

ネット申し込みで土日の最短即日融資も可能

早い審査回答の大手消費者金融は
ネットでの来店不要申し込みで
当日中の最短即日融資も可能です。
急な出費ですぐに借りたいときも
平日も土日も対応可能時間内なら
その日のうちの振り込み融資や
カード発行も進められます!

高い金利から低い金利へ借り換え

急ぎでお金が必要で金利が高くても借りてしまった、過去に作った高い金利の借り入れの返済が負担になっているといった場合には、低い金利のカードローンへの借り換えを考えてみると良いでしょう。


契約中の金利の引き下げとなると実現するのは難しいですが、借り換えであれば低い金利のカードローンで借りられれば金利が下がるため、金利引き下げの相談を行うよりも現実的な方法とも言えます。


消費者金融での借り入れを銀行に借り換える、または銀行同士でも金利を比較して低い金利に借り換えるようにすれば、今後の返済にかかる負担を大幅に軽減できる可能性があります。

借り換え先は銀行が適する

借り換えとしてのカードローン利用は、それまでの返済が正常に行えているのであれば消費者金融でも銀行でも多くのところで可能となりますが、借り換えの大きな目的となる金利の低下を重視して考えるのであれば、借り換え先は銀行のカードローンが適しています。


消費者金融は例え大手のプロミスやアイフルなどであるとしても、借りる際には少額の契約となれば上限金利となる場合が多いです。17.8%や18.0%の実質年率での借り入れでは借り換えの金利低下は期待ができず、意味のない申し込みとなってしまいます。


金利を低下させて返済を軽くするといった明確な目的がある以上は、借り換えとしての利用を考えるなら銀行のカードローンから選んでおくのが基本となります。

銀行は審査が厳しくなる

銀行のカードローンは利用条件に優れる分だけ、どうしても審査の基準が厳しくなります。ある程度の収入を安定して得ていないと利用ができない場合が多いため、アルバイトやパートの方では審査に通りづらい面もあります。


正社員や公務員、自営業の方でも一定の営業年数と所得を得ているのであれば借り換え先として銀行のカードローンは利用ができますが、そうでもない場合には銀行での借り入れは難しくなります。


借り換えの基本は銀行とはなりますが、通る見込みが薄いのに銀行に申し込みをしてもそれはそれで意味がないので、銀行での利用が難しいと考えられる場合には大手消費者金融への借り換えを考えてみるのも良いでしょう。

消費者金融での借り換えの場合には元々の借り入れ先と比べて金利が下がるかをしっかりと確認をするようにし、金利が下がらないのであれば無理に利用をしないようにしなければなりません。

消費者金融の借り換えの注意点

金利が変わらないのに利用をしても借り換えとしては意味はありません。それでも借りてしまうと余計な借金が増える原因にもなるので注意が必要です。

余計な借金は増やさない

少額の借り換えは注意が必要

元々の借り入れが消費者金融の場合には、銀行カードローンへの借り換えで金利負担が軽くなる可能性があります。ただ、あまりにも少額の利用の場合には、借りる銀行によっては借り換えても金利が軽くならない場合もあります。


例えば、大手消費者金融のプロミスで50万円を17.8%の金利で借りているとした場合に、上限金利が年17.8%となる銀行のカードローンでは借り換えによる金利低下の期待が薄れてしまいます。

銀行のカードローンは限度額が大きくなるにつれて金利が下がるようになっているので、大きな金額を借りるなら全体の上限金利が年17.8%となっていても低金利で借りられる可能性がありますが、少額の借り換えとなると金利が下がらず、借り換えによる金利低下も実現しにくくなります。

少額の借り換えで金利の低下を望むのであれば、数十万円の利用でも金利が年15.0%を切るような低金利の銀行カードローンを見ておく必要があります。

上限金利が低い分だけ審査の基準も厳しくなってしまうので、申し込み内容によっては借りられない可能性もあります。金利が低い借り入れは有利ですが、借り換えの利用ができないと意味がないので慎重に考えると良いでしょう。

金利が低ければ審査が厳しくなる
利便性にも注目をしておく

借り換えは金利を低下させ、返済の負担を軽くするのが第一の目的ではありますが、それ以外の部分に関しても念のための確認をしておくべきです。例えばカードローンの利用における利便性は大きな部分であり、借り換え後の返済、または借り入れが便利に利用できるかは欠かせないポイントです。


いくら金利が低いとしても返済の方法が限定されてしまっていては、借り換え後の利用に支障をきたす可能性があります。カードが使える提携ATMが少ないなどといった場合には、提携ATMが近くに無いと銀行振り込みでの返済を行わなければならず、振り込みとなれば手数料が負担となります。


金利を下げて返済の負担を軽くする予定で借り換えを行っても、毎月の返済の度に手数料の負担が圧し掛かっては意味が薄れてしまいます。それなりの期間をかけて返済を進めていくことになるカードローンの契約においては、借り換えの利用でも金利だけを見比べるのではなく、利便性にも注目をしておく必要があるのです。

中には全国のコンビニや金融機関の提携ATMで手数料をかけずに無料でカードを使った借り入れや返済も行えるものがあり、借り換えることによって余計な負担なく利用ができるようにもなります。

借り換えは前向きに検討を

カードローンの借り換えは利用者側に大きなメリットとなる場合が多いため、金利の負担が少しでも大きいと感じるのであれば検討をすべきです。借り換え申し込みに通らないとしても今まで通りの返済を進めるだけであるため、借り換えは借りられないとしてもそこまで何か大きな問題とはならないのも利点です。


新規で借りる場合には審査に通らないとお金が借りられないため、審査落ちは大きな問題となってしまいます。しかし、借り換えは既に借りているローンの乗り換えで、借りられないからといって資金繰りが悪化するわけではありません。


だからと言って立て続けに申し込みを行ったり、多重申し込みをするとどこからも借りられなくなる可能性がありますが、慎重に一つに絞って借り換えの申し込みを行うのであれば、利用者側にとっては大きなメリットのある借り方となるのです。

利息の支払いは大きな負担となる、無駄な出費でしかありません。利息を借り換えで減らせれば同じ毎月の返済金額でも完済が近付くようになるので、計画的な効率的な返済で完済を目指すためにも、借り換えに適するカードローンの利用を考えてみると良いでしょう。

© 消費者金融の審査|ネット申し込みで土日の最短即日融資も可能 All Rights Reserved.
ページトップへ戻る