事業資金もカードローンで

消費者金融や銀行の通常のカードローンは、個人が使う範囲の生計費や健全な消費性資金であれば特に用途は問われませんが、事業資金としての利用に関しては禁止としている場合がほとんどです。個人使用であれば用途は問わないとしても、事業資金としては借りられません。

事業資金としての利用をしたい場合には消費者金融や銀行の通常のカードローンは利用ができませんが、カードローンでの事業資金の借り入れ自体ができないわけではありません。事業資金専用となるカードローンであれば、審査の結果次第で事業主の方が事業資金をカードローンとしての借り入れが可能です。

大手の消費者金融や一部の銀行で、ビジネスローンとして事業者向けの事業資金カードローンの提供をしているため、事業資金を借りるのであればカードローンタイプのビジネスローンを考えてみると良いでしょう。

事業に関連すれば幅広く使える

ビジネスローンの良いところは、申し込みから融資までが早く、カードローンタイプであれば限度額内で繰り返し借りられる点にあります。金融機関の企業向け融資では必要となる書類が非常に多く、申し込みから融資実行までに時間がかかる欠点がありますが、ビジネスローンなら早ければ数営業日以内の融資も可能となります。

目先の運転資金としてすぐに事業資金が必要な場合でも、大手消費者金融や金融機関のビジネスローンであれば早くに借りられます。来店不要で契約まで進められるビジネスローンもあるため、手間がかからないようにもなっています。

また、カードローンタイプのビジネスローンは個人が借りるカードローンと同様に、限度額内で繰り返し何度でも借りられます。申し込み時に関しては資金使途の申告が必要となりますが、追加で借りる際にはカードを使っての借り入れとなるので、その都度の資金使途の申告は必要ありません。

事業資金してお金が必要になれば今後も再申し込み不要で限度額内で何度でも借りられるため、ビジネスローンは今後もお金が必要になる場面が多い事業者の方に頼れるサービスとなります。

金利面では不利になる

事業資金としての借り入れに便利なビジネスローンは、便利な反面、金利に関しては金融機関の企業向け融資と比べて不利になってしまいます。消費者金融系のビジネスローンであるビジネクストの金利を見ても分かるように、一般的な消費者金融からの借り入れと同等の金利水準に定められています。

決して低くはない金利で大きな金額を借りてしまうと、その場では事業資金のやりくりができたとしても、返済負担によって事業の継続が困難になる可能性も考えられます。金利による負担をしっかりと考えて、ビジネスローンではそこまで大きな金額を借りないようにした方が無難でもあります。

数十万円から100万円前後ぐらいまでの利用であれば、多少は金利が高いとしても利便性で相殺ができます。数十万円の事業資金を金融機関で借りるとなると、金額が大きくない割りには手続きが面倒で時間がかかってしまうため、何かと面倒とも言えます。

その点でビジネスローンであれば素早く事業資金が借りられるので、売掛金の入金までの間の最低限の運転資金や、別の融資までの「つなぎ融資」としての利用に留めるなど、多くの金額を借りない使い方としておくと良いのです。

ビジネスローンの利用も金融機関の企業向け融資も、どちらにしてもしっかりとした返済の計画を立てる必要があります。無理のない計画で返済が行えるか、申し込み前に今一度考えてみましょう。

ビジネスローンは赤字でも利用可能

銀行などの金融機関で借りる場合には、業績が良くないと融資が下りない可能性が高くなります。特に決算が赤字続きの事業者の場合には、相談をしたところで事業資金の融資はされない場合がほとんどです。

しかし、ビジネスローンであれば業績を問わずに審査を行ってくれる場合があります。事業主の方の信用で借りる契約となるため、事業自体が赤字であるとしても事業主の方の信用情報等に問題が無いようであれば、審査に通過ができる可能性があります。

もちろん借りるからには返済をしっかりと行わなければならず、返済ができなくなれば事業主個人の信用に傷が付いてしまいます。返済ができないような状態になれば事業も継続できなくなってしまうので、いくら業績を問わないとは言っても、返済ができる見込みがなければビジネスローンの申し込みをすべきではありません。

不安に感じる事業者の方は、申し込み前に各サービスのコールセンター等に問い合わせて相談をすると良いでしょう。ビジネスローン大手のビジネクストでも、電話での相談が行えるようになっているので安心です。

個人利用を考えている場合は

事業資金としての借り入れではなく、事業者が個人で使う範囲の借り入れなら通常の消費者金融や銀行のカードローンが利用できます。ただ、申し込み時には事業資金に使うのか個人利用としてなのかが分かりづらいため、審査では若干ながら不利に働いてしまう場合も多いです。

そのため、事業資金としての利用も少しは考えているのであれば、事業者の方はビジネスローンが無難とも言えます。ビジネスローンでも通常のカードローンでも、消費者金融系を利用するのであれば条件にそこまで大きな差はないので、事業者の方が借りるならビジネスローンです。

完全に事業者自身は個人としての利用でしか借り入れを考えていないのであればビジネスローンの利用はできないので、その際には事業主の方に人気となる以下のカードローンでの借り入れを考えておきましょう。

第0位
★★★★★
オリックス銀行カードローン
借り換えやおまとめとしての利用にも人気の、高限度額で頼れる信頼の銀行カードローンです。
オリックス銀行カードローン
金利借入限度額審査時間融資までの目安
年1.7%~17.8%1~800万円最短即日初回数営業日
オリックス銀行カードローン
ネット申し込みからの来店不要契約が行える銀行カードローンで、限度額ごとに定められた金利で借り換えやおまとめとしての利用にも人気が高いです。大きな限度額での契約となれば低い金利での借り入れも可能となるため、まとまったお金を借りたいときに適しています。また、提携ATMでのカード利用が手数料無料となり、無駄な手数料負担なく利用ができるのも利点です。
担保も保証人も原則不要

ビジネスローンの多くは担保も保証人も原則不要となっており、金融機関の企業向け融資と比べて手軽に手続きが進められる点も魅力です。法人が借りる場合には代表者が連帯保証となる場合が多いですが、個人事業主が借りるのであれば原則として担保や保証人は不要です。

その代わりの金利の高さとはなりますが、担保や保証人は簡単には用意ができないものとなるため、どちらも原則とは言え不要で手続きが進められるビジネスローンは、資金繰りに困った事業主の方に頼れます。

ファクタリングによる資金繰りも注目を集めていますが、様々なデメリットや注意点もあるために利用を躊躇う事業者も多いです。それであればしっかりとした返済計画を立てたビジネスローンの利用で、今後の運転資金のやりくりにも役立てていくと良いでしょう。

ビジネスローンであれば年会費や保証料、入会金などの余計な手数料をかけずに利用ができます。借りた際の利息負担だけとなるため、返済計画をしっかりと立てておけば余計な負担が増すことはありません。

ページトップへ戻る