とにかく低金利で借りたい

返済を考えてカードローンを利用するとなれば、当然ながら金利はしっかりと見ておかなければなりません。毎月の返済金額などの見るべき点は他にもありますが、最終的な返済金額を少なくしたい、利息の払いを少なくしたいと考えるなら低金利のカードローンの利用が基本となります。

消費者金融大手のプロミスやアコム、アイフルでは初回の利用時に条件を満たすと最大30日間の無利息期間が付いてはくるものの、無利息となる期間を経過してしまえば決して低くはない金利での返済を行う必要があります。

短期間で一度きりの借り入れしか利用をしない、今後のカードローン利用は考えていないといった場合であれば初回の無利息融資が可能となる消費者金融を利用するのも良いですが、継続して利用をする予定があり、ある程度の期間は返済を続ける場合には、やはり低金利のカードローンが優れます。

金利で選ぶなら銀行カードローン

低金利のカードローンで借りたいとなれば、選ぶべきは消費者金融ではなく銀行となります。上限金利の時点で消費者金融よりも数パーセントも低くなっているカードローンも多く、少額の利用であるとしても金利差は大きく開きます。

ただし銀行は全てにおいて優れているわけではなく、消費者金融に比べると手続きに時間がかかる場合や、審査に通りにくい欠点もあります。ある程度の水準での安定した収入や、問題がないとされる信用情報がないと銀行カードローンの審査にはまず通らないので、いくら低金利であるとしても借りられない可能性もあるのです。

借りられるとしても初回の融資は当日中の利用とはならない場合も多く、契約後であればカードや振り込みでの最短即日融資は可能としていても、初回の融資に関してはカードが届き次第などとなるとどうしても日数がかかってしまうのです。

いつまでにお金が必要か、多少の日数であれば待てるのかなどの面も自身でしっかりと再確認するようにし、問題が無いようであれば低金利の銀行カードローンを考えてみると良いでしょう。

上限金利を見ておく

銀行に限らず、カードローンを金利で選ぶ場合には下限金利ではなく、上限金利で比較をするようにしましょう。下限金利での借り入れは難しく、特に初回の契約で適用がされることは多くないため、現実的な範囲での適用金利となる下限金利を見ておくと良いです。

ただ、銀行のカードローンは消費者金融とは異なり、限度額に応じて金利帯が細かく定められている場合があります。100万円~200万円の限度額なら何%、200万円超~300万円以下の限度額で何%といった条件になっているカードローンも多いので、希望額に応じた上限金利の確認も行っておきましょう。

借り入れ先 金利(年) 限度額
(極度額)
審査時間
オリックス銀行
カードローン
1.7%~
17.8%
最高
800万円
最短即日
イオン銀行
カードローン
3.8%~
13.8%
最大
800万円
最短即日
三菱東京UFJ銀行
バンクイック
1.8%~
14.6%
10万円~
500万円
最短30分

毎月の返済金額には気をつける

金利が低いカードローンは返済の負担が軽くなると考えられており、たしかに同じ金額を同じ金利で借りれば返済時の利息負担は金利が高いカードローンよりも軽くなりますが、毎月の返済金額だけを見れば必ずしも負担が軽いとは言えません。

利息の負担だけに限って言えば金利が低い方が軽くなるのは間違いではないのですが、月々の返済金額といった面で見ると、必ずしも金利が低いからといって返済金額も少なくなるわけではないのです。

例えば、銀行に比べると金利が高くなる消費者金融のプロミスでは、毎月の返済金額が金利から見ると軽く抑えられています。借り入れの残高が5万円までなら2,000円、10万円までなら4,000円となっているので、借りる銀行によっては金利差があるとしても、月々の返済金額はプロミスの方が少ない場合があります。

返済の負担をどのように捉えるかによって変わりますが、低金利で借りたいといった考えが毎月の返済を少しずつ進めたい部分に繋がっているようであれば、金利ではなく毎月の返済金額を重視してカードローンを選ぶと良いです。

借り換えやおまとめにも適する

低金利でのカードローン利用は生活費や急な出費への対応としての借り入れ以外にも、借り換えおまとめにも適する面があります。金利が高く負担が大きな借り入れからの借り換えとして利用をすれば、金利が軽くなる分だけ返済も軽くなります。

とにかく早くに借りたい希望があり、金利を妥協して借りてしまっているカードローンやキャッシングの借金があるとしても、低金利カードローンへの借り換えが可能となれば金利が下がります。契約途中に金利を下げるのは難しいですが、借り換えであれば借りられれば金利が下がるため、比較的実現がしやすい金利の引き下げ方法となるのです。

ただし借り換えや多くの借り入れを一本化するおまとめとして利用を行う場合には、今現在の返済ができていないと話になりません。返済ができなくなってからの借り換えの利用は不可となるため、正しく遅れずに返済が行えている方のみ検討ができる借り方と言えます。

多くの借り入れを一まとめにするおまとめローンとしての利用は、特に審査基準が厳しくなる傾向にあります。収入面もしっかりと見られるため、アルバイトなどの方では利用が難しくなっています。

返済計画はしっかりと立てる

いくら低金利のカードローンで借りるとは言っても、返済の計画に関してはしっかりと立てるようにしてください。金利負担が軽いからとあればあるだけ借りるような使い方をしてしまえば、金利が低くても毎月の返済が負担となりかねません。

返済を考えて借りないとせっかくの低金利カードローンも台無しとなり、余計な負担によって返済が苦しくなります。低金利のカードローンで返済が苦しくなればさらに低い金利への借り換えも現実的ではなくなってくるので、金利が低いからこそ慎重に返済計画を立てる必要があります。

返済に関しては、まずは借り入れ先に用意されている返済シミュレーションで確認を行い、さらに分からないことがあれば問い合わせておくと確実です。返済の不明点を抱えたままで借り入れを重ねないよう、しっかりと確認をしてから利用をするようにしてください。

銀行で借りるカードローンの中には、銀行の店舗窓口での手続きや相談が行えない商品もあります。問い合わせや相談を行う際には、どこに聞けば良いのか公式サイト上でしっかりと見ておきましょう。

ページトップへ戻る