効果的ではない多重申し込み

来店不要でネットで手軽に素早く申し込みが行えるようになった現在のカードローンは、消費者金融や銀行への申し込みを一つだけでなく、複数に立て続けに行う方が出てくるようになっています。

審査は受けてみないと結果が分からず、申し込みをしてから審査の回答まで早ければ最短30分とは言っても、どうしても急ぎでお金が必要となると審査結果連絡まで待てずに、その間にいくつもの消費者金融や銀行に申し込みを行ってしまうのです。

いくつかのカードローンに申し込みを行っておけばどこか一つでも審査に通るだろう、複数の審査に通った場合には最も条件の良いところだけで契約をすれば良いだろうと考える場合が多いですが、結果はそうはなりません。

複数の消費者金融や銀行への多重申し込みは、どこか一つの審査に通るといったこともなく、全ての申し込み先で審査落ちとなる場合が非常に多くなる危険な進め方となります。

絞っての申し込みが基本

いくつも申し込みをして審査結果で比較をするといった方法は、カードローンでは通用はしません。保険などの何らかの資料請求などであれば有効な方法となりますが、カードローンでは多くの申し込みをした後に審査結果を見比べることはできません。

できないことはないのですが、多くの申し込みを行うと多重申し込みが原因と思われる審査落ちとなりやすく、結果で比較をするどころかどこからも借りられないといった状況にも陥りやすいです。一つに絞って申し込みをしていれば借りられた可能性があっても、多重申し込みによって審査落ちとなるのは決して珍しくないのです。

インターネット上には様々な情報があり、今でもいくつかのカードローンへの同時申し込みが有効などと書かれているところもあります。審査結果の連絡が来る前の待ち時間が勿体無いからと複数に申し込みをしたところで、借りられない、審査落ちとなってしまっては意味がありません。

消費者金融にしろ銀行にしろ、カードローンは申し込みを行えばそれで目的が達成されるものではありません。審査に通過をして契約をし、お金を借りてしっかりと返済をするところまでがカードローンとなるので、まずは審査に通過ができるように不利になる多重申し込みはしないのが基本となります。

審査で不利になる理由

なぜ多重申し込みが審査で不利になるかと言えば、単純に返済に問題があると判断されるためです。多くのカードローンへの申し込みを行っていると、お金を調達することだけを考えていて返済を行う気はないのではないかと判断されかねません。

また、多くの申し込みをして全てで貸し付けを行うとすると、総量規制を超える可能性すらもあります。他社での貸し付けが明らかとなっていない状況で新たに融資は実行できないため、いくつもの申し込みの情報があると審査に通りづらくなるのです。

そもそも多重申し込みがなぜバレる、なぜ分かるかと言えば、申し込みから審査において確認がされる信用情報機関に履歴が記録されているためです。カードローンは利用をしなくても申し込みを行えば信用情報機関に半年間は申し込みをした際の情報照会履歴が記録されるため、短期間に多くの履歴があれば多重申し込みとして判断されかねません。

審査結果の可否までは記録されていませんが、申し込みがされているにも関わらずそこからの貸し付けの記録、契約の情報がなければ審査落ちか審査待ち、またはキャンセル等が考えられ、何れにしても何らかの問題があると分かります。

各消費者金融や銀行間で直接の情報のやり取りをしているわけではありませんが、信用情報機関を通じて共有される情報で、多重申し込みを行っていることが分かってしまうのです。

どのような理由であれ、多重申し込みは不利になるだけなので行うべきではありません。一つに絞り、慎重に申し込みを進めることが重要です。

何件までなどの線引きは無い

多重申し込みが審査で不利とは言っても、何件から多重申し込み扱いになるのかは不明です。あくまで各消費者金融や銀行の審査基準による部分が大きいため、1件でも他のカードローンへの申し込みがあれば多重と扱うところもあれば、3件4件の申し込みから多重となる場合もあるでしょう。

結局のところ、明確な線引きが無いのであれば他のカードローンへの申し込みをしないというのが正解であり、「1件だけなら大丈夫だろう」と勝手な認識や解釈で複数の消費者金融や銀行への申し込みは行うべきではありません。

審査落ちとなった際でも理由は明らかにしてくれないため、例えば2件の申し込みを行ってどちらも落ちてしまった場合には、2件に申し込みをしたから審査に落ちたのか、それとも別の部分で審査基準を満たせなかったのかが分からなくなります。

審査に落ちた理由が推測できないことには別のカードローン利用の検討にも影響を与えてしまうので、何件までOKで何件からNGと明らかにされていない以上は、例え2件であっても多重申し込みとされるような申し込みは進めるべきではないのです。

目的型ローンの場合には別

多重申し込みがNGとされるのは一般的にはカードローンとクレジットカードなど、無担保で健全な消費性資金としての利用であれば自由な用途に利用ができる借金に対してとなります。住宅ローンやマイカーローンなど、資金使途が明確でそれ以外には利用ができないものに関しては、多重申し込みの影響は大きくないとされています。

審査を無駄なく進めるために

多重申し込みを行うと審査に余計な時間がかかる原因にもなり、本来であれば30分や1時間程度で終わったはずの審査も、複数のカードローンへの申し込みを行ったことによって数時間や、或いは翌営業日の回答となることすらもあります。

多重申し込みはそれほどまでに警戒がされてしまうため、審査に対する影響はどうしても大きくなります。それだけ待っても審査に通るかは分からず、翌日にやっと審査結果の連絡が届いたと思ったら希望に添えられないとなれば困ってしまいます。

すぐにお金が必要、急ぎでどうしても借りたいとなると焦って慌てて多くのカードローンに申し込みをしてしまうものですが、そこは一度落ち着いて慎重に申し込みを進めるようにしてください。

希望内容に近い借り入れができるか、求める条件でのカードローン利用が可能となるかを比較、検討をし、余計な申し込みをしないようにすべきです。正しく無駄なく審査を受けるようにすれば、しっかりとした収入と信用情報をお持ちの方であれば、借りられる可能性も十分にあるためです。

いくつものカードローンに申し込みをして借りられる方がいるとすれば、一つのカードローンに絞って申し込みをしても借りられるとまで言えます。多重申し込みはそれだけ無駄な方法となるので、避けるようにしてください。

ページトップへ戻る