返済は期日までの入金が基本

借りた後にはお金を返さなければならないカードローンの利用は、契約時に決められた期日までに決められた金額を、最低限のラインとして入金をしなければなりません。期日までに入金が行えないと通常の金利よりも高い利率となる遅延損害金が取られる負担があるだけでなく、信用も落としかねません。

基本として期日までの返済、入金を行わなければなりませんが、長くカードローンを利用していると何らかの事情によって入金が間に合わない、金額が足りないといった状況に陥ってしまう場合もあります。

遅れるのが嫌だからと素早い融資を可能としてくれる他の消費者金融で借りて返済金を調達するといった方もいますが、それは今後の負担を考えると避けるべきでもあります。まずは遅れてしまうときの正しい対処法を知っておき、どのようにすべきかを考えてください。

とにかく早めの連絡を

期日までに返済が行えない、入金をすべき返済金額が足りないといった状況は、事前に分かっている場合がほとんどです。いざ返済日になって財布を落としてしまったといった場合であれば別ですが、何らかの出費が重なるなどでお金が足りないのであれば、返済期日の前に返済が難しいと分かっているはずです。

それであれば、まずは事前に早めに借りている消費者金融や銀行のコールセンターに連絡を入れ、返済が正常に行えない旨を伝えるようにしてください。下手な言い訳はせずに単純に今月はお金が足りなくて返済が遅れそう、入金額が少なくなりそうと伝えれば、どのようにすべきかの相談にも乗ってくれます。

大手の消費者金融で借りている、銀行のカードローンを利用しているのであれば、頻度が高いとなると別ではあるものの、少しの遅れであれば厳しい対応は取られません。しっかりと事前に連絡をして返済が難しいと伝えておけば、余計な催促の連絡が防げるようにもなるのです。

放置をすると連絡が入る

どうせ今月は払えないからと、事前の連絡も返済期日を過ぎてからの連絡も相談も行わないと、期日から数日を経過した時点で借りている消費者金融や銀行から連絡が入ります。まずは携帯電話宛の連絡となり、対応をしないと自宅や勤務先に連絡が入る場合があります。

厳しいイメージがある消費者金融で借りているとしても、正規の消費者金融であれば第三者への取り立て等は行いませんが、それでも自宅や勤務先への電話連絡や何らかの郵送物による催促が行われるのは良いものではありません。

事前に連絡をして今月の返済をどのようにするかの相談をしておけば余計な連絡は入らず、金額が足りないとしても利息分だけの支払いでとりあえずはOKとしてくれる場合もあるので、連絡を入れておくと例え返済が遅れてしまうとしても安心なのです。

毎月の返済は分割となる借り入れの元金と、それまでの利息の額を合わせた金額となっています。返済が厳しい場合には元金分は省き、一旦は利息だけの支払いでも良いとなる場合があるため、少しの返済金額でその月の返済が済ませられるようになります。

他から借りるのは危険

返済期日までに入金を間に合わそうと、最短即日融資も可能となる消費者金融などで借りてお金を用立てるのは危険です。借りて返済を行えばたしかに期日までの入金となり、遅れずに返済ができるのですが、その代わりに来月以降の返済負担が大きく増加してしまいます。

例えば返済金が数千円だけ足りないといった場合で、追加で借りるのも足りない分だけ、その分に関しては翌月に必ず一括で返して今後は利用しないといった明確な計画があれば良いのですが、そうでもなく足りないから借りると漠然とした理由で他で借りてしまうと、それこそ多重債務の入り口となってしまいます。

足りない分を借りて翌月に一括で返すとしても、それができるだけのアテがなければならず、それまでの返済がギリギリだった方には到底不可能とも言える計画になります。追加で借りて返済を行うのはそれぐらいに難しい方法となるため、返すために借りるのはなるべく避けるべきなのです。

計画通りに返せないと借金が膨らむ

カードローンやキャッシングの利用は、消費者金融も銀行も問わずに計画をしっかりと立てないと途端に借金が膨らんでしまいます。特に限度額内であれば繰り返し何度でも借りられる便利なカードローンサービスにおいては、返済の見通しを立てて借りないと今後の返済の遅れや不足入金など、トラブルの元にもなってしまいます。

少しの遅れなら影響も大きくない

返済が一日でも遅れるとブラックになってしまい、今後に一切のローンが組めなくなると考えている方がいます。こういった考えを持っている方は遅れたくないからと他から借りてでもお金を用立てようとしますが、少しの遅れであればそのようなことはありません。

一般的にブラックとされる状態とは、信用情報機関に「異動」とされる記載がされるなど、事故と取られる情報が残っている場合を指します。異動は数日の遅れで記載がされるものではなく、数ヶ月などの長期に渡る返済の遅れなどによるものであるため、数日間の遅れであればそこまで大きな影響はありません。

ただ、毎月の入金履歴を記録する欄には遅れての入金であるとされるマークは付いてしまうため、一切の影響がないわけでもありません。ただ、ブラックとされるような状態よりも遥かに軽いとは言えます。

一日でも遅れるとブラックになって今後の審査に影響するからと、無理な借り入れによる返済金の用立てはしないようにし、そもそもの返済計画をしっかりと立てて、無理のない余裕のある返済が行えるようなカードローン利用としてください。

返済が遅れると限度額の増額や金利の引き下げに対して不利になるのは事実であるため、基本的には返済は遅れないように不足しないように、正しく進めるようにしましょう。

ページトップへ戻る