カードローンで知るべき基本情報

総量規制により年収の3分の1以上は借りられない

総量規制とは個人が返済能力を超えた借り入れをしないように、貸し付けができないようにするために定められたものであり、貸金業者からの借り入れが年収の3分の1までに制限がされるものとなります。

多重申し込みは審査落ちに繋がる

複数の消費者金融や銀行への多重申し込みは、どこか一つの審査に通るといったこともなく、全ての申し込み先で審査落ちとなる場合が非常に多くなる危険な進め方となります。

正しくミスがないように申し込みを進める

早くに借りたいからと急ぎで申し込みをしても、入力内容にミスがあれば結果的に余計な時間がかかり、借り入れが遅くなる可能性すらもあります。

返済時に支払う利息の計算方法と負担金額

利息を知っておけば返済が効率的に進められるようになるので、カードローンを利用する際には基本の一つとして利息の計算についてを知っておきましょう。

上限金利を知れば返済面でも安心して借りられる

正しい上限金利の内容を知っておけば違法な金利での貸し付けを行う闇金融なども避けられるため、カードローンやキャッシングサービスを利用する際には、金利の確認をしっかりと行っておきましょう。

返済が遅れそうなときはどうするべきか

基本として期日までの返済、入金を行わなければなりませんが、長くカードローンを利用していると何らかの事情によって入金が間に合わない、金額が足りないといった状況に陥ってしまう場合もあります。

信用情報機関に保有される情報は審査に大きな影響を与える

行き過ぎた多重債務や貸し付けを防止するために存在している各信用情報機関により、利用者が安心してカードローンやクレジットカードの利用ができるようになっているのです。

本人確認書類で用意をしておきたい免許証の重要性

どこにいても来店不要で申し込みが行える場合が多い現在のカードローンサービスは、例えスマホで手軽に来店不要で申し込みを進めるとしても、契約の際には本人確認書類の写しは必須となります。

ページトップへ戻る