申し込み当日の最短即日融資

お金が緊急で必要となった際に頼れる申し込み当日の最短即日融資の借り入れは、大手の消費者金融であればしっかりと対応をしてくれています。いくつかの方法でその日のうちに借りられるようになっているので、希望内容に合わせて手続きが進められるのも良い部分です。

ただ、契約の進め方によっては曜日や時間の関係で、その日のうちの即日融資の利用ができない場合があります。当日中の取り扱いに間に合わないと翌営業日以降の借り入れとなってしまうので、急ぎで借りたい方は契約手続きの進め方と、最短で借りるための条件をしっかりと見ておきましょう。

大きく二つに分けられる即日融資

即日融資による借り方は大きく二つに分けられます。来店不要の銀行振り込みによる借り入れか、店舗や契約機を利用してカードを受け取り、ATMで借りる方法です。どちらにしても条件次第で最短即日融資の利用も可能なため、その日のうちに借りられるようになっています。

それぞれの借り方にはメリットもデメリットもあり、来店不要の手続きであれば手軽さがある半面で、銀行振り込みでの融資となるために平日の銀行営業時間内に限られてしまいます。大手消費者金融のプロミスで見てみると、来店不要の銀行振り込みによる即日融資の利用は平日14時までのWeb契約を条件としています。

店舗や契約機を利用する場合には銀行振り込みの締め切り時間後でも、営業時間内や対応可能時間内であれば曜日を問わず、土日であっても最短でその日のうちにその場でカードを受け取り、ATMでの借り入れが可能となります。ただ、消費者金融の有人店舗は土日が休業となっているところが多いので、週末や遅い時間であれば契約機での手続きとなります。

即日融資に人気の借り入れ先

第0位
★★★★★
プロミス
早い審査回答と最短1時間の融資対応で人気が高い、信頼のできる大手カードローンサービスです。
プロミス
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
プロミス
来店不要の銀行振り込み融資は平日14時までのWeb契約で、契約機を利用するカード受け取りであれば土日でも営業時間内であれば最短即日の対応も可能です。急な出費にも頼れる借り入れ先として人気が高く、メールアドレスとWeb明細の利用登録で初回の借り入れが30日間無利息になるのも利点の一つです。

即日融資で借りるためには

最短で当日の借り入れとなる即日融資のカードローンによる借り入れのためには、まずは審査を素早く滞りなく終え、契約もスピーディに進める必要があります。契約に至るまでの間で時間を要してしまうと、その日のうちの即日融資に間に合わなくなる可能性があります。

特に時間的な制限が厳しくなる銀行振り込みによる来店不要即日融資の場合には注意が必要で、例えば金曜日の申し込みでその日のうちの取り扱いに間に合わないとなると、初回の融資は早くても週明けの月曜日まで延びてしまいます。

余計な時間を食わないための手続きの進め方としては、ミスなく正しく申し込みを行う、必要書類は求められたら素早く提出、何らかの連絡があればすぐに対応です。申し込んだ消費者金融や銀行側での審査回答に時間がかかってしまっている場合にはどうにもなりませんが、それ以外の部分で時間はかけないようにしておけば即日融資での借り入れにも近付きます。

審査に余計な時間をかけないことが大事

審査回答は消費者金融であれば最短30分と早くなっていますが、申し込み内容にミスがあったり、手続きに何らかの不備があるとそれだけ審査が遅くなります。ギリギリの時間に申し込みを行った場合には、回答がずれ込むことによって即日融資での利用ができなくなる可能性があるために注意が必要です。

銀行の場合には条件をよく確認

消費者金融の即日融資は、当日中に利用ができる曜日や時間を見ておけば良いのに対して、銀行で借りる即日融資の場合には口座の有無などの利用条件もしっかりと確認をしておかなければなりません。

銀行のカードローンは口座を必要とするタイプがあり、その銀行で口座を持っていれば最短で即日の利用を可能としていても、口座がない方は口座の開設手続きが必要となるために当日中の利用ができない場合があります。

口座が無ければどんなに早くに申し込みをしたとしても、どれだけ滞りなく手続きを進めたとしても、その日のうちには借りられません。一部の銀行ではローン契約機や無人の窓口を利用するとその日のうちに手続きができるようになっていますが、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行に限られるなど、対応をしている銀行は多くはありません。

口座があり、さらに厳しくなる銀行の審査基準にクリアができるのであれば銀行カードローンでの即日融資の利用を考えても良いですが、口座の有無問わずにある程度の審査基準での即日融資を考えるのであれば、大手の消費者金融が良いでしょう。

銀行での即日融資の利用ができれば、消費者金融と同じようにその日のうちに借りながらも低い金利での利用となるため、返済の負担が軽くなるメリットがあります。借りられるのであれば銀行も十分に選択肢には入ります。

融資が最短即日対応のところで

早いカードローンでの借り入れ、最短でその日のうちの即日融資での借り入れを希望するのであれば、融資対応が最短即日となるカードローンを選ばなければなりません。審査回答が最短即日であっても、融資が最短即日でないと意味がないためです。

例えば、銀行カードローンは来店不要のネット申し込みで審査回答は最短即日としていても、初回の融資に関しては即日の利用は不可とするところも少なくありません。審査回答の「最短即日」ばかりに注目してしまうと、借り入れに関しても最短即日と勝手に解釈をしてしまう場合があるので注意が必要です。

大手の消費者金融であれば条件を満たせばどこも最短即日融資も可能となるため、利用のための曜日や時間、手続きの進め方を見ておけば問題ありませんが、それ以外の銀行などのカードローンで借りる場合には、そもそもが即日融資に対応をしているのかの確認も必要となるのです。

銀行の中にはオリックス銀行カードローンなど、審査回答は最短即日としていても申し込み当日の融資には対応をしていないところもあるので気をつけましょう。

即日融資なら消費者金融

消費者金融は銀行に比べると金利が高い分だけ、早さや手軽さの面で優れています。銀行では対応がしづらい土日の最短即日融資であっても、ネット申し込みから近くの自動契約機の利用で当日中のカード発行と借り入れも可能としています。

金利が高くなる分だけしっかりとした返済計画を立てる必要がありますが、無理のない計画で返済ができるように利用をするのであれば、消費者金融のカードローンは急ぎで借りたいときに大変便利です。

何らかの事情で急にお金が必要になった場合には、信頼のできる大手の名の知れた消費者金融の即日融資を利用し、最短でその日のうちに借りられるように進めると良いでしょう。

ギリギリの時間に申し込みを行うと審査回答が少し遅くなるだけで当日中の利用に間に合わなくなる可能性があるので、即日融資のためにはなるべくなら時間に余裕を持ち、早めに申し込みを済ませておくのが理想です。

ページトップへ戻る