消費者金融の審査!

ネット申し込みで土日の最短即日融資も可能

早い審査回答の大手消費者金融は
ネットでの来店不要申し込みで
当日中の最短即日融資も可能です。
急な出費ですぐに借りたいときも
平日も土日も対応可能時間内なら
その日のうちの振り込み融資や
カード発行も進められます!

来店不要のカードローン

カードローンの申し込みも契約も、今では来店不要で進められるのが当たり前の時代になっています。パソコンでもスマホでもネットで申し込みを行い、審査結果の連絡後にそのままWeb上で契約が行えるため、手間も時間もかけずにカードローンが使えるようになっているのです。


来店不要での手続きは最短即日融資にも対応をしており、有名な大手消費者金融なら当日中の銀行振り込みによる借り入れも可能としています。振り込みとなるためにどうしても曜日や時間の条件は厳しくなりますが、クリアができれば来店不要の当日中の即日融資も可能となるのです。


すぐにお金が必要でも近くに消費者金融の店舗や契約機が無い、あっても入るのが嫌だといった方でも、来店不要のカードローンなら安心して利用ができるようになっています。

消費者金融ならほぼ対応可能

通常の無担保カードローンの利用に限るのであれば、大手の消費者金融はどこでも来店不要の手続きに対応をしています。中小の消費者金融となると店舗での手続きが必要となるところがありますが、名の知れているプロミスアコムなどは来店不要の手続きも可能です。


銀行で借りる場合には借り入れ先によって大きく変わり、来店不要の手続きだとしてもWeb上での契約となるのか郵送での手続きとなるのかは分かれます。Web上であれば消費者金融ほどではないとしても比較的早くに契約が行えますが、郵送となると利用開始までに日数がかかるために注意が必要です。


また、一部の地方銀行や信用金庫で借りる際には、仮審査の申し込みはネットで来店不要で行えるとしても、正式な申し込みや契約のためには店舗への来店が必要となるところもあります。来店不要で契約まで終えたい場合には、申し込み前にしっかりと確認をしなければなりません。

来店不要手続きの注意点

来店不要での契約と借り入れを進める際には、当日中の利用が可能かの確認は行っておきましょう。数日中に借りられれば良い、いつかの備えとしてのカードローン契約といった場合であれば別ですが、すぐにでも急ぎで借りたい方は来店不要の即日融資利用の条件を確認しないと希望通りの利用ができない場合があります。


例を挙げると、大手消費者金融のプロミスは来店不要の銀行振り込みで借りるにあたっては、平日14時までのWeb契約を必要としてます。時間外となってしまったり、そもそも平日ではなく土日となると翌営業日以降の取り扱いとなるため、その日のうちの振り込みには対応ができません。


その他の消費者金融においても同様で、モビットなら14:50までの振り込み手続き完了がその日のうちに対応ができる条件となり、何れにおいても審査の結果によっては希望に添えられない場合もあります。

銀行振り込みでの借り入れは基本的に銀行の営業日で営業時間内でなければ対応ができないため、多くの消費者金融で平日14時前後までをその日の受付分としています。しかし、プロミスは通常の銀行振り込みとは別の「瞬フリ」を利用するのであれば、14時を過ぎていても土日であっても、24時間最短10秒振り込みも可能としています。

プロミスなら早くに借りられる

ただしプロミスの瞬フリは三井住友銀行かジャパンネット銀行宛の振り込みに限られるので、どちらかの口座を持っていることが条件となり、さらには22時までの口座登録が必要となります。

プロミス瞬フリの利用条件

郵送やFAXも不要となる場合も

多くの手続きがWeb上で行えるようになっている現在のカードローンサービスにおいては、契約に必要となる書類も郵送やFAXではなく、Web上でのアップロードによる提出を可能としています。郵送は時間がかかり、FAXに関しては固定電話を設置していない家庭も増えている中で、どちらも不要となるのは急ぎで契約をしたい場合に助かります。


Web上の提出を行う際には、必要となる書類をスマホのカメラで撮影かスキャナーで読み込むなどの画像化したファイルを、指定のURLからのアップロードを行ったり、指定されたメールアドレス宛に画像を添付して送信を行います。

書類提出時の注意点

必要書類のWeb上での提出は特に難しいことではなく、初めての利用であっても戸惑わずに進められるようになっています。ただし気をつけたいのは書類を画像化する際の鮮明さで、綺麗に画像化ができていないと再提出が求められることともなります。


例えば光の反射や画像が暗いなどによって文字が見えない、読み取れないといった場合は再提出が必要です。再提出となればそれだけ手間がかかり、審査や契約にも時間を要してしまうので、急ぎで借りたい場合には大きなロスともなりかねません。


手軽に進められるのが来店不要のWeb上での手続きの魅力ではありますが、手軽だからといい加減に進めるのではなく、確認はしっかりとしながら手続きを行うようにしてください。

Web上での手続きに問題がある、疑わしい箇所があるなどとなると、近くの店舗や契約機への来店が必要となってしまったり、審査結果に影響が出る場合もあります。

後日の郵送物は避けられない

郵送物無く契約が行えるモビットのWeb完結などの手続きを除くと、来店不要のWeb契約では後日の郵送物は避けられません。自宅宛に今後の借り入れや返済を行うためのローンカードが郵送されてしまうため、一度は郵送物が届くこととなります。


店舗や契約機にカードを受け取りに行く手続きであれば後日の郵送物無く契約が進められますが、Web契約の場合にはどうしても送られてきてしまいます。送り主となる差出人名に消費者金融のサービス名が記載されているわけではありませんが、それでも郵送物が届くのは困ってしまう場合があります。


かと言って受け取りの際の本人確認も兼ねているために郵便局留めなどには対応をしておらず、一見すると怪しく見える差出人名の郵送物を受け取らなくてはなりません。一人暮らしの方や家族に郵送物を見られないのであれば問題はありませんが、気になる方はWeb契約で進めるか店舗や契約機に受け取りに行くべきかは慎重に考えた方が良いでしょう。

手軽さだけで来店不要のWeb契約としてしまうと、郵送物で家族にカードローン利用がばれる可能性があります。内緒で借りたい方は特に注意が必要です。

便利でも使いすぎには注意

来店不要で契約が行えるとなると、カードローンは大変便利で頼れるサービスとなります。後日の郵送物の問題など気にすべき点、デメリットもありますが、しっかりと理解をして利用をするなら来店不要のカードローンは頼れます。


ただ、便利で手軽、頼れるからといって使いすぎには注意をしなければなりません。借りれば借りた分の返済は必ず行わなければならず、返済の際には利息の負担も圧し掛かります。余計な借り入ればかりを重ねると返済で自分自身が困ることともなりかねないため、計画的に利用ができるようにしておきましょう。

いつでもどこでもネットで来店不要の申し込みが行えるようになっている現在のカードローンは、申し込み自体も慎重に進める必要があります。その場で手続きができるからと多重申し込みをしてしまうと、審査結果に悪影響を及ぼす可能性があるので注意が必要です。

多重申し込みはしないようにする
© 消費者金融の審査|ネット申し込みで土日の最短即日融資も可能 All Rights Reserved.
ページトップへ戻る