返済金額を重視して借りる

一括で返済をするのでなければ毎月の分割での返済が必要となるカードローンは、月々の返済金額が大きくなると負担が増えてしまうため、収入や支出にあわせた返済金額となるような利用を心がけなければなりません。

借りることばかりを考えてしまうと返済で失敗をしてしまい、それこそ返済ができなくなってしまえば信用情報にも大きな傷が付いてしまいます。信用情報に傷が付くと回復するまでには長い年月を要してしまうので、カードローンはしっかりと返済を考えて利用をしなければならないのです。

そのためには借り入れの金利はもちろんですが、加えて重要となるのが毎月の返済金額の確認です。いくらの借り入れでいくらずつの返済になるのかをしっかりと確認をし、無理のない返済金額となっているかを見てから利用をするようにしましょう。

借り入れ残高で変動する

一般的に、カードローンの毎月の約定返済金額は借り入れの残高によって変動します。単純に借りている金額が大きければ毎月の返済金額も多くなり、借りている金額が僅かであれば返済の金額も少なくなります。

毎月の返済を抑えて借りたいのであればカードローンでの利用金額を抑えておく必要があり、限度額があるからと余計な借り入れを重ねてしまうと、毎月の返済が大きな負担となる可能性があります。

限度額がいくらであっても借りている金額によっての毎月の返済金額の変動となるため、例えば限度額が100万円でも借りる金額が5万円や10万円程度であれば、毎月の返済金額は数千円で済むカードローンが多いです。

金利と毎月の返済金額は無関係

金利が低ければ返済の負担が軽くなり、金利が高い消費者金融は返済金額も多くなると考えられがちです。たしかに同じ金額を借りて同じ期間をかけて返済をするとなると、金利が高い借り入れは低金利での借り入れよりも最終的な返済総額は大きくなります。

しかし、それはあくまで最終的な返済総額の話です。毎月の返済金額だけで見るのであれば金利はあまり関係が無く、実際に金利が高いとされている消費者金融では毎月の返済金額は比較的抑えられている傾向にあります。

金利は上限で実質年率17.8%と決して低くはない消費者金融のプロミスで見てみると、毎月の返済金額は以下のようになります。借り入れ残高によって変動する返済金額は、金利からは想像ができない低額となっているのです。

借り入れ残高 約定返済金額
50,000円 2,000円
100,000円 4,000円
200,000円 8,000円
300,000円 11,000円

逆に金利が低いとされる銀行カードローンの中には、借り入れ残高が30万円以下では7,000円の返済としているところや、50万円以下では10,000円の返済となるカードローンすらもあります。

10万円程度の利用を考えていて、毎月の返済を少しずつ無理なく進めたいと考えるなら多少は金利が高いとしても、月々の返済が4,000円程度で済ませられる消費者金融のカードローンを利用するのも悪くはないのです。

毎月の返済金額が大きければその分だけ完済が早まるため、最終的な利息総額は減少します。返済金額を抑えたいとするのは、月々を重視するのか最終的な総額を重視するのかを明確にする必要があります。

第0位
★★★★★
プロミス
早い審査回答と最短1時間の融資対応で人気が高い、信頼のできる大手カードローンサービスです。
プロミス
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
プロミス
来店不要の銀行振り込み融資は平日14時までのWeb契約で、契約機を利用するカード受け取りであれば土日でも営業時間内であれば最短即日の対応も可能です。急な出費にも頼れる借り入れ先として人気が高く、メールアドレスとWeb明細の利用登録で初回の借り入れが30日間無利息になるのも利点の一つです。

繰上げ返済がしやすくなる

毎月の返済金額がギリギリでの借り入れを利用してしまうと、毎月の期日までの入金だけでいっぱいいっぱいとなるために余裕のある返済が行えません。借り入れ残高に対して大きな返済金額となる契約であればそれでも完済は早くなりますが、とは言っても余裕のない返済は精神面での負担も大きくなります。

毎月の返済に余裕を持たせておけば繰上げ返済も行いやすくなり、計画的に借金が減らせる利点もあります。例えば上に挙げたプロミスで10万円を借りるとすれば、基本として毎月の期日までに4,000円は必ず返済に回し、さらに余裕があれば上乗せをしての繰上げ返済が行えます。

カードローンは一部の住宅ローンなどとは異なり、繰上げ返済時に手数料はかかりません。利用をする提携ATMなどによってはATMの利用手数料がかかる場合がありますが、返済を行うこと自体には手数料はかからないので自由に積極的な繰上げ返済が行えます。

金利が高い借り入れで毎月の返済金額が少ないと、返済期間が長く引き延ばされるために支払い総額が膨らんでしまう欠点があります。しかし、繰上げ返済を活用することで返済期間を短縮でき、支払い総額も圧縮できるために無理なく低負担のカードローン利用が可能となります。

毎月の返済が4,000円の契約で、月々に1,000円でも2,000円でも追加で返済をするだけで完済が早くなります。追加での入金分は元金の返済に回されるため、翌月以降にかかる利息も減少します。

返済金額から借りる額を決める

カードローンの利用を検討している方の中には、いくら借りられるかよりも「毎月に○○円の返済しかできないけど借りられるか」と疑問に思う、不安に感じる方もいます。多くの借り入れは必要なく、数万円程度の借り入れで良いのであれば十分に利用は可能です。

例えば毎月に5,000円までの返済しかできないのであれば、上に挙げたプロミスでの借り入れなら10万円までの利用に留めれば、毎月の返済は4,000円となるために問題はありません。さらに少額で5万円の借り入れなら2,000円の返済となるので、余裕を持って借りられるようにもなります。

いくら借りたらいくらの返済になるのか、毎月にどの程度の返済を行わなければならないのかを見るのはもちろん重要ですが、別の視点で返済金額から借りられる金額を確認するのも良い方法となります。

毎月に余裕を持って無理なく返済ができる額から借り入れの残高を確認し、そこまでのカードローン利用としておけば金利の高低問わずに安心して借りられるようにもなるのです。

金利が高いか低いかだけを見てしまうと、毎月の返済が大きな負担となる可能性があります。一括で返済をしないとなれば月々の返済金額も重要な確認事項であるため、しっかりと見ておくようにしましょう。

余裕を持って完済をするために

カードローンの返済は毎月の約定返済金額を期日までに入金をすれば問題はありませんが、最低支払額となる約定返済金額だけの入金では、完済までに何年もの長い年月がかかってしまいます。あまりにも返済期間が長くなると利息も膨れ上がってしまうため、なるべくなら余裕のある返済を進めるようにしたいものです。

そのためには約定返済金額が、毎月に余裕を持って支払える限度の半分ぐらいの借り入れに留めておくと良いです。毎月に10,000円の返済までなら行える方であれば、10,000円の返済となる借り入れまで利用をするのではなく、5,000円の返済となるラインまでの借り入れに留めるのです。

5,000円の約定返済金額の借り入れで10,000円ずつの返済を進めれば完済も早まり、出費が重なった際であっても10,000円ではなく5,000円の返済でも正常な入金となるため、信用を落とすこともありません。

また、追加でどうしてもお金が必要になっても多少は借りる余裕が生まれるのも良い部分であるため、計画的に無理なくカードローンを利用するようにしてください。

多めの返済で進めれば利息の負担もどんどんと減るようになり、余計な支払いを抑えた完済が可能となります。無駄な利息を抑え、暮らしに役立てるカードローンの借り入れとしましょう。

ページトップへ戻る