消費者金融の審査!

ネット申し込みで土日の最短即日融資も可能

早い審査回答の大手消費者金融は
ネットでの来店不要申し込みで
当日中の最短即日融資も可能です。
急な出費ですぐに借りたいときも
平日も土日も対応可能時間内なら
その日のうちの振り込み融資や
カード発行も進められます!

無駄な出費となる手数料

カードローンはその名の通りカードを使ったキャッシングローンであり、お金を借りるためのカードは借り入れ先の消費者金融や銀行のATMだけでなく、全国各地のコンビニや金融機関の提携ATMでも利用ができるようになっている場合が多いです。


どこにいても借りられ、返済も素早く行えるために提携ATMでの利用は便利ではありますが、その際に負担となるのが利用手数料です。カードローンの借り入れや返済自体には手数料がかからなくても、提携ATM利用時には手数料がかかる場合があるため、余計な無駄な出費となってしまいます。


提携ATMの利用手数料は一度あたりはそこまで大きな金額とはならないとしても、限度額内で繰り返し借りられるカードローンのサービスにおいては大きな出費となる場合があるので、提携ATMでの借り入れや返済を考えている方は手数料負担がないカードローンを考えてみると良いでしょう。

自サービスのATMなら手数料は無料

当然と言えば当然なのですが、借り入れを行う消費者金融や銀行で用意をしているATMでカードを使う限りは、利用手数料が無料となる場合がほとんどです。例えば消費者金融のプロミスで借りているならプロミスATMで、アコムならアコムATMで、アイフルならアイフルATMでの利用は手数料は無料です。


銀行においても同様で、借りる銀行でのATMであれば手数料はかかりませんが、その他の提携ATMを利用する際には手数料がかかる場合があります。また、自サービスでATMを持たないところでは提携ATMでのカード利用しかないため、やはり手数料がかかってしまいます。


大手の消費者金融でもモビットはATMを持っていないため、カードを使った借り入れや返済は提携ATMを利用することとなります。カードを使わずに銀行振り込みとなると話は別ですが、ATMでの利用は提携ATMとなるために手数料負担には気を配らなければなりません。

消費者金融のATMは使いづらい

提携ATMでの利用手数料がかかるのは勿体無い、消費者金融で借りているなら借り入れ先のATMを使って手数料無料で利用をしたいと考えても、ネックとなるのは消費者金融のATM自体が使いづらい点です。


ATMとしての機能やサービス面には何ら不満は無いのですが、問題となるのは設置場所です。コンビニや金融機関のように多くの場所にATMが設置されているわけではなく、消費者金融のATMは基本的に店舗や契約機に併設がされています。そのため、利用をするのであれば消費者金融の店舗や契約機まで行かなければならないのです。


これが消費者金融のATMが使いづらいとする点で、繁華街のビル内などの店舗や雑居ビルの中や幹線道路沿いに設置がされている契約機までわざわざ出向き、カードを使って消費者金融のATMで借り入れや返済を行うのは大きな手間となります。そればかりか、店舗や契約機に入るところを誰かに見られる可能性もあります。


歩いてすぐの場所に消費者金融のATMがあれば良いですが、電車やバスなどを使わないとその場所まで行けないとなれば、節約した提携ATMの利用手数料よりも交通費の方が高く付いてしまいます。そのあたりを総合的に考えると、消費者金融のATMは大手であるとしてもどうしても使いづらいと言わざるを得ません。

大手ではなく中堅の消費者金融となるとATMの設置が無い、あっても限定された場所のみとなっているため、さらに利便性の面では大きく劣ることとなります。

提携ATMで便利に借りる

カードローンをATMで便利に利用するなら、やはりコンビニや金融機関などの提携ATMの存在が重要となります。身近な場所で素早く借り入れや返済が行えるようになるので、提携ATMはカードローン利用において大きなポイントともなっているのです。


利用者側のニーズに合わせて、提携ATMでの利用手数料を無料とするカードローンも多く登場しています。いつでも何度でも提携ATMの利用手数料を無料とするカードローンであれば、場所も時間も曜日も気にせず、必要なときに借りたり返したりといった便利な使い方が可能となります。


提携ATMでの利用手数料が無料で人気のカードローンとなると、オリックス銀行カードローンとなるでしょう。契約後に発行されるカードは全国のコンビニや金融機関の提携ATMで幅広く利用ができ、何度でも手数料が無料となるために便利で頼れます。

その他にも提携ATMでの利用手数料が無料となるカードローンはありますが、中には回数の制限が設けられているところもあるため、利用の際には内容をしっかりと確認しておきましょう。

ATM手数料が無料のカードローン
オリックス銀行カードローン
人気ランキング1位
金利年1.7%~17.8%
限度額最高800万円
審査時間最短即日
口座開設不要

ネット申し込みからの来店不要契約が行える銀行カードローンで、限度額ごとに定められた金利で返済負担を抑えて借りたい方にも人気です。大きな限度額での契約となれば低い金利での借り入れも可能となるため、まとまったお金を借りたいとき、大きな出費があった際にも適しています。コンビニや金融機関の提携ATMでのカード利用が手数料無料となり、無駄な手数料負担なく利用ができるのも利点です。

提携ATMでかかる利用手数料

提携ATMでの利用手数料は借り入れ先によっても異なりますが、消費者金融では多くで以下のようになっています。利用金額が多くなるとかかる手数料も増えるため、借り入れと返済での往復では大きな出費となってしまいます。

利用金額 10,000円以下 10,000円超
利用手数料 100円と消費税 200円と消費税

数万円程度の借り入れでも200円と消費税の提携ATM利用手数料がかかるため、例えば提携ATMで2万円を借り入れ、一週間後に同じように提携ATMで一括で返済を行ったとした場合には、400円と消費税もの提携ATMの手数料負担が圧し掛かります。


2万円を一週間借りた場合には、仮に大手消費者金融の上限金利で多く見られる実質年率18.0%の利用であるとしても、利息は69円にしかなりません。借りた際の負担になると考えられている利息が僅か69円なのに対し、提携ATMの利用手数料は400円と6倍近くの大きな負担となってしまいます。


提携ATMの利用手数料がカードローン利用においてどれだけ無駄になるか、負担になるかは簡単な例を見ても分かる通りで、なるべくなら手数料をかけない借り入れや返済を心がけたいものなのです。

大手の消費者金融なら手数料がかからないインターネットを利用した借り入れや返済が行えるので、うまく活用をして余計な手数料をかけないようにすると良いでしょう。

ATM手数料をかけずに借りる
手数料がかかると余計に借りる原因に

近くのコンビニが契約をしているカードローンの提携ATMとなっており、手数料はかかってもカードが使えるとなると、お金に困ったときですぐに借りたい状況なら手数料負担をかけてでも借りられるために便利ではあります。


ただ、利用手数料がかかると再び借りる際にも手数料が発生してしまうため、今は5万円だけしか必要が無いとしても、今後に必要になった際に再び手数料がかかるのを嫌い、限度額に空きがあれば10万円などの余計な借り入れを重ねてしまう原因にもなり得ます。


必要な金額は5万円であるため、余計に借りた分を使わなかったとなればそのまま返済をする予定であっても、なかなかそうはうまくいかないものです。余計に借りた分を手放すのが惜しくなり、結局はそのまま無駄遣いをしてしまったりもするのです。


提携ATMでの利用手数料がかからなければ必要最低限の借り入れに留め、追加で必要になればその都度、必要な分を借りれば良いだけです。しかし、手数料がかかるとそうもいかないため、提携ATMの利用手数料がかかるのは借り入れの計画が崩れる原因ともなりかねません。

提携ATMでの利用手数料がかからないとしても、無駄に追加で借りてしまう人はいます。重要なのは借りる側の意識や計画性となるので、余計な借り入れを重ねないように無駄なく無理なくカードローンを利用するようにしてください。

カードローンは計画的に
対応する提携ATMの確認も必須

カードローンを提携ATMでの利用をメインとして考えている場合には、手数料の負担だけでなく対応する提携ATMネットワークの確認も欠かせません。大手コンビニチェーンであっても提携ATMとされていない場合があるため、それではカードを使って借り入れや返済が行えません。


提携ATMでの便利な無駄のない利用を行うのであれば、まずは手数料がかかるのかの確認を行い、次いで身近な場所にあるコンビニや金融機関のATMが提携ATMとして定められているかの確認が必要です。


どちらの条件も満たす希望通りの借り入れが行えるカードローンがあれば、申し込み条件や利用内容、返済に関する部分もよく見た上で、ネットでの来店不要申し込みを進めると良いでしょう。

提携ATM利用における不明点や疑問点がある場合には、利用先カードローンサービスのコールセンター等に問い合わせてみましょう。利用前でも質問や相談ができるので、分からない部分は必ず確認をしてください。

© 消費者金融の審査|ネット申し込みで土日の最短即日融資も可能 All Rights Reserved.
ページトップへ戻る