必ず行われる在籍確認

正規の消費者金融や銀行のカードローンを利用するのであれば、在籍確認は必ず必要となります。多くは電話での直接の確認となり、申し込み時に入力をした勤務先へ電話をかけて在籍をしているかの確認を行います。

勤務先の情報が間違っている、虚偽内容であると貸し付けも行えず、そもそも勤務をしておらずに所得を得ていないとなると、消費者金融では総量規制の関係で融資自体ができません。しっかりと返済をしてもらうためにも、在籍確認は欠かせない手続きとなるのです。

個人名での在籍確認が多い

勤務先に直接連絡を入れて電話での確認となると、在籍確認で電話に出た方に消費者金融や銀行の利用がバレるのではないかと不安に感じる方もいます。たしかに在籍確認時に消費者金融名や銀行名を出されると電話に出た方にカードローン利用がバレる可能性がありますが、その点は心配はいりません。

在籍確認時の連絡は多くは担当者が個人名で行うため、電話に出た方には誰からのどのような連絡なのかが分からないようになっています。本人に電話がかわって初めて消費者金融名や銀行名を名乗り、第三者にはサービス名を明かすことはありません。

本人に電話が繋がれるとそこで初めてサービス名を明かし、在籍確認の連絡であることが伝えられます。在籍確認の連絡で何か多くのことを聞かれるわけではなく、確認が取れればそれで完了となるために余計な会話も必要ありません。

本人がいなくてもOKの場合も

借り入れ先の対応にもよりますが、在籍確認の電話では本人が不在でもOKとなる場合もあります。申し込み内容や審査結果次第では本人に電話を繋がなければならない可能性はあるものの、特に問題がなければ在籍している事実が確認できればOKとなります。

例えば休みの日に申し込みを行えば、在籍確認の連絡が勤務先に入っても本人に電話は繋げません。しかし、その際に休みであるといった返答が得られれば在籍をしている事実の確認ともなるため、在籍確認はOKとなります。

同じように休憩時間にスマホで申し込みを行った際なども、審査が早くに進み在籍確認も休憩時間中に行われるようになれば、休憩を外で取っている場合には本人には電話は繋げません。それでも外出をしているといった返答が得られれば同様にOKとなり、在籍確認は完了します。

どのような電話か聞かれてしまったら

在籍確認は個人名で連絡が入るため、公休日や外出時に電話が入れば個人から電話があったことが伝えられます。普段に個人からの電話連絡がほとんど入らないような職場であればどのような連絡か、誰なのかが聞かれてしまう可能性がありますが、カード申し込み時の確認の電話と言っておけば大体は済みます。ほとんどの人はどのカードか、どこのカードを作るのかまでわざわざ聞いてはこないので、どこかのクレジットカードを作ったものと認識される場合が多いです。

書類での在籍確認も可能

在籍確認は勤務先に在籍をしている事実が確認できれば良いため、何も必ずしも電話で行わなければならないわけではありません。電話以外でも確認ができるのであれば、電話ではない在籍確認も可能となります。

とは言ってもほとんどの消費者金融や銀行は、在籍確認を手っ取り早く確実な電話で行っています。書類での確認をしてほしいとお願いをしても対応ができないところも多く、基本としては在籍確認は電話となります。

しかし、一部で書類による確認を可能としている消費者金融があります。必要となる書類や条件が通常の電話での在籍確認を行う申し込みと比べて多く厳しくなりますが、クリアができるのであれば電話連絡なしで契約が行えるモビットのWeb完結です。

勤務先の確認を電話ではなく書類で行うモビットのWeb完結は、勤務をしている事実を社会保険証や組合保険証で確認します。また、今現在も勤務をしている確認をするために、勤務先名が記載されている給与明細も必要となります。

申し込みのためのハードルが高くなってしまいますが、在籍確認の電話連絡が勤務先に入るとどうしても困る、避けたいと考える方は、モビットのWeb完結を見ておくと良いでしょう。

第0位
★★★★★
モビット
Web完結での申し込みなら電話のない手続きと郵送物のない契約が可能で、知られずに借りられると評判です。
モビット
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
3.0%~18.0%1~800万円10秒簡易審査最短即日
モビット
Web完結の申し込みは勤務先への電話連絡がなく、契約後の自宅への郵送物も無いために知られずに借りたい方からの人気が高くなっています。ただ、Web完結は利用条件が若干ながら厳しくなっているため、利用ができない場合には通常のWeb申し込みで手続きを進めてください。※当日中の借り入れは14:50までの振り込み手続きが必要となります。審査結果によっては、ご希望に添えない場合もあります。
不安なら相談だけでも行う

在籍確認の際に電話をかけてくる個人名の指定などの要望は難しいですが、その他の要望であれば相談に乗ってくれる場合があります。どの程度まで対応が可能となるかは借り入れ先によるものの、相談をするだけであれば何らデメリットはないので、不安に感じるのであれば申し込み直後に電話をかけ、相談をしてみましょう。

銀行ではなく消費者金融であれば何か他の方法での手続きが可能となる場合や、または在籍確認のある程度の時間指定ができる可能性もあります。勤務先の誰かが電話に出ると面倒になりそうと考えるなら、電話がかかってくる時間が分かっていれば自身で電話を取り、在籍確認を完了させられます。

相談をするだけで審査の結果に悪影響を与えるわけでもなく、在籍確認に関する不安は多くの方が抱えているため、相談をしたからといって申し込み先に特に不審がられることもありません。分からない部分、不安に感じる部分があるなら、申し込み前でも直後でも相談をするようにしてください。

一部の消費者金融では申し込み直後に連絡を行うと、在籍確認を電話以外で行ってくれるところもあります。相談をしない限りは電話での確認となってしまうため、早めの相談が重要です。

在籍の確認が取れない場合

嘘をついて申し込みをしたわけではなくても、在籍の確認が取れないとなると審査は一旦保留となってしまいます。在籍の確認が取れないと在籍確認自体の意味が無く、電話をかけても本人が在籍しているのか分からない場合、勤務先の会社自体が休みであった場合などは手続きが進みません。

週末に休みとなる会社に勤務をしている方は、土日の最短即日融資の利用を考えて週末に申し込みを進めると、電話が繋がらずに在籍確認が行えないといった状況も考えられます。

その際には会社が休みであること、電話が繋がらない可能性があることを申し込み直後に伝えておくとスムーズです。何も言わずにそのままにしていると在籍確認が行えず、審査もそこでストップしてしまうためにいつまで待っても契約ができません。

待つ時間だけがどんどんと無駄になってしまうので、時間が重要となる最短即日融資でのカードローン利用を考えている場合には、何か問題となると感じられる部分がある場合には事前に伝えておくべきなのです。

ページトップへ戻る