銀行と銀行系のカードローン

カードローンの借り入れ先は大きく分けて消費者金融か銀行であり、まずはどちらで借りるかを考えることとなります。早い審査や最短即日融資の利用を希望する、収入面などの問題で審査基準を気にするなら消費者金融、なるべく負担を抑えた低金利のカードローン利用であれば銀行といった具合です。

ただ、気になる点の一つに銀行系があります。消費者金融でもなく銀行でもなく銀行系と書かれているカードローンは、果たしてどちらに属するものなのかが分かりづらいです。銀行の文字が入っているからといって銀行系を銀行での借り入れと考えても良いかと言えば、実はそうではありません。

銀行と銀行系のカードローンは文字だけ見れば似ていて、同じようなものと感じてしまいます。しかし、実際には利用における部分でも大きく異なるため、銀行と銀行系の違いについてはしっかりと認識をしておく必要があります。

銀行ではない銀行系

銀行系とされるカードローンの多くは、実際には銀行ではない場合が多いです。ネット上の情報サイトの記載方法にもよるのですが、一般的には銀行系とされるところは銀行ではない、銀行のグループなどになる借り入れ先を指しています。

例えば、アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループであり、銀行系の消費者金融とされています。大手以外で見ても中堅消費者金融のダイレクトワンはスルガ銀行グループであり、中堅の消費者金融でありながらも銀行系となっています。

対して銀行となるのは、そのままで銀行そのものとなります。みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などの3大メガバンクの他、ネット銀行や地方銀行でのカードローン利用は銀行での借り入れとなります。

銀行と銀行系では「系」が付くだけで大きく変わり、そもそも銀行ではない借り入れを指す場合もあります。銀行での借り入れか、銀行系消費者金融での借り入れかといった分け方になるため、カードローン選びの際には注意が必要です。

銀行と消費者金融の違い

銀行であるか銀行系であるかは、銀行か消費者金融かに繋がります。銀行で借りるのと消費者金融で借りるのでは様々な点に違いがあり、気持ちの面での安心感といった部分でも銀行で借りるか消費者金融で借りるかは大きな違いがあります。

審査においても銀行か消費者金融かで大きく変わり、特にまとまった金額を借りたい場合、おまとめローン借り換えローンで負担を減らしたカードローン利用をしたいと考えた場合には、銀行でなければ希望に近い借り入れが利用できない可能性があります。

また、その他にも配偶者の安定した収入で借りる主婦の方においても、いくら銀行系であるとしても消費者金融でのカードローン利用は難しいです。対応をする銀行であれば一定額までは借りられる場合がありますが、銀行系だとしても消費者金融では不可となるところがほとんどなのです。

似た言葉の銀行と銀行系は別物と考え、「系」が付いているところは消費者金融、付いていないところは銀行での借り入れになると認識しておけば問題ありません。

銀行系の金利は低くない

ネット上の情報サイトでは銀行系は低金利と書かれている場合がありますが、銀行系であっても独立系であっても、消費者金融である以上は金利に大きな違いはありません。

上でも触れた銀行系消費者金融のアコムと、独立系消費者金融のアイフルで上限金利を比べてみても、どちらも実質年率で18.0%と同じ水準です。下限金利に関してはアコムが3.0%に対してアイフルが4.5%とアコムが低くなっているのは事実ですが、消費者金融で下限金利で借りるのは現実的ではないため、金利には大きな違いはないのです。

安心感や信頼性といった面で見れば銀行のグループとなる消費者金融であれば優れているようにも感じるものの、今現在の大手消費者金融プロミス、アコム、モビット、アイフルのうち独立系とされているのはアイフルのみです。

銀行系だから安心ができる、独立系だから不安といったこともなく、消費者金融でのカードローン利用を考えるなら大手かそれ以外かが最も重要とも言えます。

大手消費者金融なら信頼性は大差ない

大手の消費者金融はどこも大きなグループ企業となっており、独立系のアイフルに関しても数多くのサービスを展開する上場企業となります。銀行系でなくても上場企業の高い信頼性があるため、大手消費者金融で借りるなら銀行系も独立系も関係ありません。

高い金利の銀行系もある

銀行系消費者金融は金利が低いどころか、逆に高くなっているところもあります。大手であれば17.8%~18.0%を上限金利としているところが多いために大きな違いはありませんが、中堅消費者金融を見ると高い上限金利となっている銀行系もあるのです。

上でも触れたスルガ銀行グループの消費者金融ダイレクトワンがそれで、上限金利は実質年率で20.0%と独立系消費者金融アイフルの上限金利と比べても実質年率で2.0%も高くなっています。ただ、ダイレクトワンで20.0%の金利が適用されるのは10万円未満の借り入れ時となり、10万円以上となると上限金利は18.0%となります。

現実的には難しいですが、ダイレクトワンで100万円以上を借りるとなれば上限金利は15.0%となり、これは現在の法律で定められた上限金利が10万円以上は15.0%となっているため、20.0%の適用ではなく15.0%までとなります。

銀行系は低金利どころか、借り入れ先によっては独立系よりも金利が高くなる場合があります。銀行系か独立系かを気にするよりも、消費者金融としての規模や利用条件を見ておくべきなのです。

混同している情報に注意

ネット上には多くの情報があるもので、カードローンに関する情報も無数にあります。その中には銀行と銀行系を混同している、銀行系を銀行として考えて説明をしてしまっている情報サイトもあります。

銀行は銀行であり、銀行系ではありません。銀行系としているものが果たして何を指しているのか、銀行系消費者金融のことなのか銀行そのもののことなのかは、見ながら自身で確認をする必要があります。

間違った認識で銀行か銀行系かの借り入れを考えてしまうと、思わぬ審査落ちとなる可能性もあります。利用条件を満たさずに申し込みをしてしまう場合もあるため、銀行と銀行系の違いはカードローンを利用するなら知っておくべきなのです。

銀行のグループとなる銀行系消費者金融の場合には、銀行のローン契約機が利用できるなどメリットもあります。利用条件の面では違いはありませんが、独立系とは異なるサービスとなっている場合もあるのです。

ページトップへ戻る