申し込み前に知りたい情報

在籍確認の電話で勤務先にカードローン利用はバレるのか

勤務先に直接連絡を入れて電話での確認となると、在籍確認で電話に出た方に消費者金融や銀行の利用がバレるのではないかと不安に感じる方もいます。

カードローンの審査基準は借り入れ先によって大きく異なる

カードローンで借りられるかは申し込みをして審査を受けてみないと分かりませんが、審査に通過ができるかはそれぞれの借り入れ先の審査基準によって変わります。

キャッシングにはリスクもデメリットもある点に注意

手軽に素早く借りられることで急な出費が重なった際にも、冠婚葬祭等でお金が必要になった際に頼れますが、便利な半面でリスクやデメリットも存在している点には注意が必要です。

審査時間が最短30分や最短即日でも回答が遅くなる理由

審査時間が最短30分となっている消費者金融に申し込みをしたとしても、必ずしも30分で審査が終わり、連絡が届くわけではありません。

銀行と銀行系は言葉としては似ていても大きく異なる違いがある

実際には利用における部分でも大きく異なるため、銀行と銀行系の違いについてはしっかりと認識をしておく必要があります。

中堅消費者金融だからこその良さと独自の審査基準

大手ではない中堅の消費者金融、またはさらに小規模となる貸金業者であれば簡単に借りられると感じてしまうものですが、実際にはそうではないのです。

申し込みに必要な「安定した収入」とは一体何か

お金の借り入れとなるカードローンの利用のためには、安定した収入が必須となるのは消費者金融も銀行も、または信販会社でも共通をしています。

消費者金融と闇金の違いは金利や契約など様々な部分にある

あまりキャッシングに関して詳しくない方からすると、消費者金融も闇金も大して差がない、同じようなものなのではないかと感じてしまうものです。

返済が遅れると自宅や会社に怖い取り立てが来るのか

たしかに返済日から過ぎれば連絡などは入りますが、しっかりと対応をしておけばイメージがされているような取り立てを受けることは、正規の消費者金融で借りている以上は起こりません。

無駄遣いをしないための適度なカードローンの利用方法

計画的に必要最低限の利用に留めれば便利なカードローンも、無駄遣いとしての借り入れとしてしまうと折角の良さも失われてしまいます。

銀行カードローンで多く見られる保証会社と審査の関係

消費者金融で借りる上ではあまり関係のない話ではありますが、銀行のカードローンを利用しようとすると必ず目に入るのが保証会社の存在です。

家賃や食費などの生活費としてもカードローンは便利

カードローンは事業資金やギャンブルなどの利用を除く、健全な消費性資金や生計費の範囲であれば用途は自由となっており、家賃や光熱費、携帯電話料金の支払いにも利用ができます。

店舗や契約機を使う手続きと来店不要のWeb契約の違い

来店不要で手続きが進められるとなればWeb契約が便利で契約の基本と感じられるかもしれませんが、実際には今でも契約機での契約手続きを進める方も多くいます。

限度額の増額を実現するための条件と審査の基準

初回は大きくなりにくい限度額を今後に増額するためには、必要となる条件や審査の基準をしっかりと知っておく必要があります。

年会費や入会金は不要となるのがカードローンの魅力

大手のカードローンサービスの多くは年会費や入会金は無料で不要としているため、契約をするだけであれば余計な費用は発生しません。

返済ができているなら無理に借金の整理はすべきではない

ついつい使いすぎてしまってカードローンやキャッシングの返済が負担となってきたときに、借金の整理を考える場合もあります。

届く郵送物で家族や会社に借り入れがバレる可能性はあるのか

契約に関してもWeb契約とすれば誰にも見られることはありませんが、問題となるのはWeb契約後の郵送物です。

借りすぎには注意をして必要最低限の借り入れに留める

繰り返し利用ができるカードローンでの借り入れに慣れすぎてしまうと、借金をしているといった感覚が薄れます。

銀行振り込みで借りる便利さと注意点

指定口座への限度額の範囲内、振り込み可能金額の範囲内で、インターネット上での手続きや電話での指示による振り込みで対応をしてくれます。

効率的な返済を進めて完済を早めれば支払い総額が少なくなる

借り入れ残高ごとに決められた毎月の約定返済金額だけの返済を行うと、契約内容にもよりますが完済までに3年や5年といった長い期間がかかってしまいます。

未成年では大手消費者金融のカードローン利用はできない

銀行もメガバンクや有名なネット銀行、規模の大きな地方銀行では消費者金融と同様に20歳以上の年齢を必要としているため、未成年の方では申し込みが行えません。

公務員がお金を借りるとなれば銀行カードローンも視野に入る

安定した職業とされている公務員は、カードローンの審査においてもその高い安定性から有利に働く場合が多いです。

ページトップへ戻る