来店不要で申し込み

モビットはWeb上でのサービスが充実している消費者金融で、Web完結を利用する手続きであれば来店不要であるだけでなく、電話や郵送物なしで契約が可能となっています。Web完結は通常のWeb申し込みとは異なる手続きとなり、カードが発行されないために契約後の郵送物はありません。

ただ、利用のためには社会保険証が必要になり、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の普通預金口座も最低限の条件として必要になるため、どうしても利用のためのハードルが上がってしまいます。

Web完結でなくとも通常のWeb申し込みでも来店不要でのモビットの利用は可能であり、他の消費者金融同様の手続きで契約が進められます。電話なしとなるのは魅力ではありますが、Web完結の利用条件を満たせないとしても通常のWeb申し込みで手間なく手続きが進められるようになっています。

早い借り入れならローン申込機

モビットは各地に無人のローン申込機を設置しています。他の消費者金融よりも小ぢんまりとしたモビットのローン申込機は、幹線道路沿いや駐車場や建物の一角などに設置がされています。

ローン申込機ではモビットの契約がその場で進められ、早ければその場でカードの発行も可能となります。契約を済ませた後であれば受け取ったカードを使い、提携ATMでの限度額内での繰り返しの借り入れが利用できるため、急ぎでモビットから借りたい場合にはローン申込機での契約手続きも便利です。

来店不要のWeb契約で借りる場合には銀行振り込みとなり、モビットでは14:50までの振り込み手続きを完了させないと当日中の利用ができません。どちらの手続きにおいても審査の結果によってはご希望に添えない場合はありますが、審査結果が問題ないのであれば、早くに借りられるのはネット申し込み後のローン申込機の利用となります。

第0位
★★★★★
モビット
Web完結での申し込みなら電話のない手続きと郵送物のない契約が可能で、知られずに借りられると評判です。
モビット
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
3.0%~18.0%1~800万円10秒簡易審査最短即日
モビット
Web完結の申し込みは勤務先への電話連絡がなく、契約後の自宅への郵送物も無いために知られずに借りたい方からの人気が高くなっています。ただ、Web完結は利用条件が若干ながら厳しくなっているため、利用ができない場合には通常のWeb申し込みで手続きを進めてください。※当日中の借り入れは14:50までの振り込み手続きが必要となります。審査結果によっては、ご希望に添えない場合もあります。

モビットでの借り入れ方法

モビットは他の消費者金融とは異なり、自サービスでのATMを持っていません。通常のWeb申し込み後に発行されるモビットカードはコンビニや金融機関、または他の消費者金融に設置の提携ATMでの利用となります。

全国の提携ATMのネットワークは非常に広いのですが、ネックとなるのは提携ATM利用時の手数料です。手数料がかかる提携ATMでは1万円以下の利用で100円と消費税、1万円超の利用で200円と消費税が負担となるため、どうしても無駄な出費がかさみます。

パソコンやスマホ、電話を使った振り込みキャッシングであれば余計な手数料はかかりませんが、通帳に入金の記録が記帳されてしまうデメリットもあります。また、時間帯によっては当日中の対応ができないため、時間外では翌営業日の振り込み扱いとなってしまうのも急ぎの際には困る点です。

とにかく早くに借りたい場合には提携ATMでのカード利用が便利ですが、そもそもWeb完結で契約を行うとカードが発行されないため、カード利用を考えているなら通常のWeb申し込みで、振り込みキャッシングでの利用だけで問題が無いのであればWeb完結と、モビットは今後の利用方法も含めて申し込みの進め方を考える必要があります。

電話も郵送物もないモビットのWeb完結は、カードが発行されないカードレスのキャッシングサービスです。通常のWeb申し込みでは契約後にカードが郵送されますが、Web完結はカードがないために郵送物もないのです。

毎月の返済は4,000円から

モビットカードで返済が可能

モビットの返済日は毎月の5日・15日・25日・末日から選べるようになっており、提携ATMで入金を行うATM返済型と口座振替型の返済方法があります。どちらにしても毎月の返済金額は借り入れの残高によって決まり、約定返済金額を期日までに入金を行います。

借り入れ残高ごとの毎月の約定返済金額は以下のようになり、モビットでは4,000円からの返済で利用が可能となっています。限度額ではなく借り入れの残高によって返済金額が決まるため、限度額が大きな契約であるとしても借りる金額を少なく抑えておけば、毎月の返済金額も大きくはなりません。

借り入れ残高 約定返済金額
10万円以下 4,000円
10万円超
20万円以下
8,000円
20万円超
40万円以下
11,000円
40万円超
50万円以下
13,000円
50万円超
60万円以下
16,000円
60万円超
70万円以下
18,000円
70万円超
80万円以下
21,000円
80万円超
90万円以下
24,000円
90万円超
100万円以下
26,000円

100万円を超える借り入れの場合には、残高が20万円増加するごとに返済金額が4,000円ずつ追加されます。詳しくはモビット公式サイトでご確認ください。

便利なモビットの借り入れも、借りた後の返済が毎月数万円などとなると大きな負担となってしまいますが、4,000円ずつであればそこまで負担にせずに返済が進められるようにもなります。

余裕のある計画で利用してこそカードローンやキャッシングは便利なサービスとなるため、モビットで借りるにあたってもしっかりとした返済計画を持ち、毎月の収入や支出から考えて余裕を持って返済が行える範囲での借り入れに留めておきましょう。

多めの返済ももちろん可能

モビットでは毎月の約定返済金額以外にも、余剰金があれば多めの入金も可能となっています。繰上げ返済としての入金であっても提携ATMの利用手数料を除けば余計な費用はかからず、お金に余裕があればいつでも積極的な返済が進められます。多めに入金を進めておけばそれだけ返済が早まり、最終的に支払う利息負担が軽減されます。

Web完結の利点と欠点

モビットのWeb上での申し込みは電話なし、郵送物もなしのWeb完結と、他の消費者金融と同様の手続きとなるWeb申し込みが用意されています。どちらも来店不要で申し込みが進められる点は共通をしていますが、それぞれには利点と欠点があります。

特に気をつけておきたいのがWeb完結の欠点で、通常のWeb申し込みとは異なりWeb完結ではカードの発行がされないため、借り入れや返済が銀行振り込みと口座引き落としに限定されてしまいます。カードを使っての提携ATMで素早い借り入れを利用するといった使い方ができず、時間や曜日によってはその日のうちに借りられない可能性もあります。

また、Web完結は指定金融機関の口座が必要であり、通帳には入出金の履歴が記録されるのもデメリットです。家族に見られる通帳を利用すると申し込みや契約を内緒で進められたとしても、結局は借り入れがバレてしまう原因となるので注意が必要です。

来店不要で電話なし、郵送物なしと便利なWeb完結も、カードレスによるメリットもデメリットもあります。カードを使って今後の利用をしたいと考えるなら、Web完結ではなく通常のWeb申し込みで手続きを進めてください。

おまとめや借り換えにも人気

総量規制の関係であまりにも大きな金額での利用はできませんが、ある程度の範囲までであればモビットはおまとめ借り換えとしての利用も可能となります。他のプロミスやアコムと比べてもおまとめや借り換え利用にも人気が高く、借り入れ先をまとめたい方も注目です。

金利は消費者金融であるために銀行ほどは低くはありませんが、それでも複数の借り入れをモビットに一本化ができれば返済は楽になります。また、借り換え目的での申し込みで、審査の結果がモビットでの金利の方が低くなるのであれば、借り換えにも有用となります。

おまとめや借り換えでの利用でもモビットは来店不要で契約が行えるため、手間がかからないのも利点です。銀行ではなく消費者金融でのおまとめや借り換えの利用を考えている方は、人気のモビットの申し込みを進めてみると良いでしょう。

限度額上限が大きく下限金利が低いモビットは、消費者金融とは言えどもしっかりとした基準で審査を行っています。返済に関するトラブルを起こしている方の利用はできず、自身で安定した収入を得ている信用情報に問題がない方に利用は限られます。

店舗の設置は無いモビット

モビットは契約コーナーとなるローン申込機の設置はありますが、担当者に直接相談を行ったり手続きが進められる店舗の設置はありません。他の消費者金融のように店舗での手続きは行えませんが、今では店舗を利用することもほとんどないため、実際の利用への影響はないと言えます。

店舗の設置が無いだけでモビットは様々な方法で相談や手続きが行えるようになっており、中でも充実をしているのがネット上の会員専用サービスの「Myモビ」です。振り込みキャッシングの指示や利用状況の照会の他、限度額の増額申請なども行えるようになっています。

正しくしっかりとした利用実績を一定期間に渡って重ねておけば、初回は大きくなりにくいモビットの限度額も拡大がされる可能性があります。便利なモビットの借り入れをより使いやすくするためにも、返済は第一に考えた計画的な利用を行うようにしてください。

借り入れや返済に関する相談も会員専用メニューのMyモビから行えます。何か困ったことがあれば、一人で考え込まずに気軽に相談をしておくと安心です。

ページトップへ戻る