早い最短1時間の融資時間

大手消費者金融としてTVCMでもお馴染みとなるアコムは、審査時間は最短30分、融資時間は最短1時間ととにかく早さが魅力となっています。すぐに借りたいとき、どうしても今日中にお金が必要なときに頼れる借り入れ先となり、「はじめてのアコム」のフレーズ通りに消費者金融利用が初めての方でも安心ができます。

ネットでの来店不要申し込みが可能で、パソコンでもスマホでもいつでも手続きが進められます。急な出費で突然お金が必要になってもその場で素早く申し込みが行えるため、困ったときにアコムは頼れます。

申し込み前の3秒診断

アコムは申し込みを行う前に、簡単な入力項目で借り入れが可能かの診断結果が確認できる「3秒診断」が用意されています。年齢、年収、他社借り入れ状況を入力するだけで診断結果が確認できますが、これはあくまで目安に過ぎません。

実際の審査とは関係が無く、年齢が利用可能な範囲内か、年収に対する他社での借り入れが総量規制の範囲内かを確認しているに過ぎず、3秒診断でOKとなったからといってアコムでの実際の審査もOKとなるわけではありません。

しかし、申し込み前の最低限の基準を満たしているかの確認であれば有用です。利用条件の範囲内となっているかといった見方であれば、3秒診断は時間をかけずに確認ができるために基準を満たさない無駄な申し込みを控えられるようになります。

アコムの審査に通るかは申し込みをしてみないと分かりませんが、最低限の基準を満たさない申し込みに関しては審査を受けるまでも無くNGです。無駄な申し込みを行ってしまう前に、3秒診断でまずは基準をクリアしているかの確認をしておくと良いでしょう。

第0位
★★★★★
アコム
TVCMでお馴染みの「はじめてのアコム」は、フレーズ通り初めて借りる方からの人気が高いです。
アコム
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
3.0%~18.0%1~800万円最短30分最短1時間
アコム
初めてのカードローン利用でも申し込みが進めやすい来店不要のWeb契約も可能で、利用する金融機関によるものの、概ね平日14時までの契約と振り込みの手続きで最短即日の融資も利用可能です。時間外でもネット申し込み後に「むじんくん」を利用すれば、土日であっても対応可能時間内なら当日中のカード発行も可能です。

アコムの最短即日融資

アコムカード

アコムのカードローンキャッシングは申し込み当日の最短即日融資にも対応をしており、融資にかかる時間は最短1時間とスピーディです。他の大手消費者金融と比べても劣る点はなく、急ぎで借りたい状況でも助かります。

アコムの即日融資の利用方法は大きく分けて二通りで、Web契約後の銀行振り込みか来店をしてのカードの受け取り、ATMでの借り入れです。どちらもネットでの申し込みから手続きが進められるため、契約の方法を問わずに申し込みは手間がかからないネットで進めるのが良いです。

銀行振り込みで借りる場合

利用する金融機関によっても異なりますが、平日14時までのWeb契約後の振り込み手続きであれば、ゆうちょ銀行を含めた金融機関宛の最短即日融資も可能となります。楽天銀行宛であれば、土日でも夜間でも即日振り込みも可能です。

店舗や契約機のカード受け取りの場合

ネット申し込み後に店舗や契約機での契約手続きを行う場合は、営業時間内なら平日も土日も最短即日の利用開始も可能です。店舗よりも営業時間が長く人目につきにくい契約機であれば、誰にも見られずにカードを受け取れます。

銀行振り込みで当日中の対応に間に合わないと、翌営業日の扱いとなってしまいます。当日中の振り込みが行えない時間の契約に関しては、楽天銀行利用時を除き近くの無人契約機「むじんくん」を利用して手続きを進めると良いでしょう。

一部で営業時間が異なる店舗がありますが、契約機むじんくんは22時まで営業をしているところが多いため、夕方や夜間のアコムの即日融資を利用したい場合に便利です。土日祝日でも営業をしているため、週末のアコム利用を考えている方はネット申し込み後にアコムの無人契約機むじんくんを利用してください。

また、金融機関ごとの振り込み融資の対応可能時間は以下の通りとなるため、振り込みで当日中に借りたい方はしっかりと確認をしておきましょう。

金融機関 曜日 受付時間 融資時間
楽天銀行 平日・土日・祝日 0:10~23:50 1分程度
ゆうちょ銀行 月曜~金曜 0:10~9:00 当日の正午頃
9:00~14:00 当日の17:00まで
14:00~23:50 翌営業日の正午頃
土日・祝日 0:10~23:50 翌営業日の正午頃
銀行・信用金庫 月曜~金曜 0:10~9:00 当日の9:30頃
9:00~14:30 1分程度
14:30~23:50 翌営業日の9:30頃
土日・祝日 0:10~23:50 翌営業日の9:30頃

極度額に応じたアコムの金利

消費者金融の適用金利は審査結果を受け取ってみないと分からず、幅がある金利からいくらの利率での契約となるのかは申し込み時点では分かりません。大体は上限金利での契約となるものの、大きな金額での借り入れとなれば上限金利も変わるため、やはりどの程度の金利が適用されるのかは申し込み時点では不明です。

しかし、アコムでは極度額に応じて金利帯が決められているため、いくらの極度額になればどの程度の金利となるかが申し込み時点で分かるようになっています。他の消費者金融で見てみると、例えばプロミスでは100万円までは17.8%、100万円以上となると15.0%が上限となるとしか分かりませんが、アコムは別です。

契約極度額 適用金利
1万円~99万円 7.7%~18.0%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
501万円~800万円 3.0%~4.7%

アコムの全体としての金利は実質年率3.0%~18.0%となりますが、少額での契約時には下限金利の適用となることはありません。また、逆に大きな金額での契約時には上限の18.0%での契約となることもなく、それぞれ上表の極度額に応じた金利帯からの適用となります。

少額利用時に下限金利での借り入れが利用できないとなると不利に感じてしまうかもしれませんが、どの消費者金融でも銀行でも同様です。基本的に下限金利での借り入れは最大限度額、最大極度額が適用された際に限られるため、実際には現実的なものではないのです。

極度額に応じて金利が変動するのは、銀行に多いタイプの条件です。とは言え、初回の契約時はあまり大きな金額は借りられないため、アコムへの申し込みを行う際もそこまで大きな金額を借りられるとは考えない方が良いでしょう。

アコムの毎月の返済を確認

借りた後は必ず行う返済は、アコムでは基本は35日ごとのサイクルで進めるようになります。35日ごととなると月を追う毎に返済日がずれ込むと感じてしまうかもしれませんが、毎月の同じ日に返済をし続ける限りは返済日がずれ込むことはありません。

アコムでは35日ごとの返済以外にも指定期日の返済も選べるようになっていますが、35日ごとの方がメリットが大きいです。指定期日の場合には1日でも遅れれば返済の遅れ扱いとなってしまいますが、35日ごとにしておけば数日間は猶予があります。

例えば毎月の25日を返済日としている場合には、指定期日では26日に入金をすると1日の遅れとなりますが、35日ごとの返済であれば前月の返済を25日や26日に行っているのであれば、当月は30日あたりまでに返済をすれば遅れにはなりません。

翌月の返済日期日はそこから35日後までとなりますが、予定通りに25日に返済を行えば返済のサイクルを戻せるため、35日ごとの返済の方が無理なく進められるようになります。

アコムでの契約時に特に指定をしなければ、通常は35日ごとの返済サイクルとなります。ただ、念のために契約を行う際に返済サイクルを確認するようにし、計画通りの返済が行えるようにしましょう。

数千円ずつの返済が可能

アコムの毎月の返済金額は、借り入れの残高によって変動します。借りる金額が大きくなければ一回当たりの返済金額も大きくはならないので、少しずつの返済で借りたい場合には借り入れ金額を抑えておくと安心です。

毎月に数千円の返済しかできないといった方でも、借りる金額を調整すればアコムの返済が大きな負担となることもないので、借り入れ残高ごとの返済金額をしっかりと確認し、無理なく返済ができる範囲で借りるようにしてください。

借り入れ残高 約定返済金額
100,000円 3,000円
200,000円 6,000円
300,000円 9,000円
400,000円 12,000円
500,000円 15,000円

返済期間を5年以内とした場合の月々の返済金額です。詳しくはアコム公式サイトでご確認ください。

消費者金融は返済の負担が大きいと考えられていますが、毎月の返済金額といった面で見れば必ずしもそうとは言えません。アコムなら10万円の借り入れで毎月の返済は3,000円からで良いため、負担を抑えたカードローン利用も可能です。

お金に余裕があれば返済金を上乗せしての入金も可能で、多めの返済を進めればそれだけ借り入れの残高減り、次回返済時の利息減少に繋がります。利息が減れば同じ返済金額でも元金への返済分が増えることで、さらに次回返済時の利息減少に繋がります。

毎月の約定返済金額だけの入金でも問題は無いのですが、支払い総額を抑えて完済をしたい、より早くに支払い終えたいと考えるのであれば、お金に余裕があるときには多めの返済を進めておくと良いでしょう。

前倒しで入金をする際には注意が必要

お金に余裕があるときには前倒しで返済を行うのも良いのですが、あまりにも早いと次回返済日が早くなってしまったり、指定期日返済では前月の上乗せ返済として扱われてしまう場合があります。積極的な返済がかえって負担となる可能性もあるため、前倒しで返済をする際にはよく確認をする、またはコールセンターに問い合わせるなどしてください。

幅広く使えるからこそ計画的に

アコムで借りたお金の使い道は、事業資金を除く個人が利用する健全な消費性資金としてであれば、特に細かくは問われていません。普段の生活費としての利用の他に、買い物やレジャーの費用など幅広く使えるようになっています。

目的型ローンとは異なり幅広い用途で使えるからこそ、計画性を持ってアコムのカードローンを利用しなければなりません。限度額内で何度でも繰り返し借りられるからと借金が癖になってしまわぬよう、必要最低限の借り入れに留めて返済を無理なく行うなど、よくよく考えて使う必要があります。

しっかりと考えて使えば教育資金で少し必要なときなどにもアコムでの借り入れは役立つので、暮らしに便利なカードローンとするためにも計画的に、借りすぎには注意をして利用をするようにしてください。

返済にかかる利息も借りる前には知っておくべきです。借りることばかりを考えるのではなく、返済に関してもアコム公式サイトやコールセンターでの確認をし、無理のないプランで返済が進められるようにしましょう。

ページトップへ戻る