記事公開日:2017/05/11

カードローンで借りすぎる問題

カードローンによる借りすぎの問題は常に付きまとっており、総量規制が施行される前も後も借りすぎによる返済負担の増大は大きな問題となっています。

総量規制が設けられてからは消費者金融などの貸金業者からの借り入れは年収の3分の1までに制限がされたため、以前と比べれば借りすぎてしまって返済ができなくなることも減りましたが、それでも今でも多くの債務を抱えてしまう方もいます。

多くの債務、借り入れ先を抱えれば毎月の返済も負担が大きくなり、いくら総量規制があるとは言っても返済が可能となるラインを超えた借り入れとなってしまえば返済ができなくなる可能性があります。返済ができなくなると信用情報にも傷が付くなど問題が生じるため、借りすぎには気をつけなければなりません。

なぜ借りすぎてしまうのか

そもそもなぜカードローンやキャッシングで借りすぎてしまうのかと言えば、やはり原因の一つに利便性の高さが挙げられるでしょう。一度契約をしておけば限度額内で繰り返し借りられるカードローンのサービスは、とにかく便利で借り入れも手軽に利用ができるようになります。

よく考えて使えば困ったときに追加で再申し込み不要で借りられるので大変便利ですが、逆に言えば気楽に気軽に、手軽に借りられてしまうために余計なお金としてのカードローン利用を進めてしまう場合があります。

申し込み時には資金使途の入力や選択を行いますが、追加で限度額内で借りる際には資金使途の申告は必要ありません。提携ATMなどでもカードを使って素早く借りられるため、本来は必要ないお金、借りてまで使うべきではないお金としてのカードローン利用を進めてしまいがちです。

こういった余計な借り入れを重ねることで借りすぎてしまい、限度額一杯まで利用をするなどして追加で借りられなくなって初めて、借りすぎていたと気付くのです。

借りすぎるのは誰が悪いのか

借りすぎによる返済負担の増大は常々、社会問題に発展します。総量規制が施行されたのも、当時の消費者金融のグレーゾーン金利による、高い上限金利による過剰な貸し付けによる利用者の借りすぎが問題となったためです。

総量規制が施行された背景には当時の消費者金融の過剰な貸し付けがあったのは事実ですが、利用者が借りすぎるのは過剰に貸し付ける消費者金融などの貸金業者だけが悪いわけではありません。グレーゾーン金利による高い利率による収益性の高さから、過剰に貸し付けていた当時の消費者金融の行いは正しいものではありませんが、だからと言って常に貸し手が悪いとも言えません。

そもそも、正規の消費者金融は利用者側から申し込みがない限りは貸し付けは行わず、闇金融のように「押し貸し」をするわけもありません。勝手に貸すわけではなく、申し込みがあって初めて融資を行うため、申し込みがなければ貸しすぎることもありません。

多重債務、借りすぎの問題となるとどういったわけか貸し手だけが悪のようにイメージがされますが、強引に貸した、勝手に貸したのでもなければ、必ずしも貸し手だけが悪いとは言えないのではないでしょうか。

お金が必要のない人に対して「借りてください」とお願いして余計なお金を貸し付け、それが原因となる借りすぎであればたしかに貸し手側が一方的に悪いとも言えます。しかし、あくまで利用者側からの申し込みに対しての貸し付けであれば、借りすぎ問題は全て貸し手が悪いとも言えません。

手軽に貸しすぎるのはたしかに問題

利用者側からの申し込みがなければ貸し付けを行わない消費者金融を初めとするカードローンやキャッシングのサービスは、手軽すぎる利用もたしかに問題ではあります。今ではネットで来店不要で申し込みが行えるようになっており、契約すらもWeb上で完結するなど手間がかかりません。

以前のように店舗に来店なども必要なくなっているので、利用者側が借りたいと思えば手軽に素早く現金が用立てられるようになっています。困ったときには助かるサービスではあるのですが、手軽すぎる分だけ借りすぎてしまう問題もあります。

借りすぎてしまうのであれば貸しすぎるのを防ぐ、その意味での総量規制は良いものであったと言えます。しかし、総量規制施行後の借りすぎに関して、便利だから借りすぎてしまったというのは、利用者側の責任も大きいと感じられる部分もあります。

限度額内なら何度でも借りられるから、カードを使って提携ATMで素早く借りられるからと借りすぎてしまう、使いすぎてしまうのは、利用者側の自制心が足りないとも言えます。

困ったときには助かるサービス

何らかの事情によって借金を多く抱えてしまっている方もいますが、個人でカードローンやキャッシングで借りすぎてしまう方の多くは、借りたお金を無駄なことに回している場合がほとんどです。

本来であれば自分で使える範囲内とすべき遊びなどの浪費としてのお金、衝動買いなどで本来は必要ない買い物の費用、ギャンブルなども含まれますが、余計なお金としての借り入れを重ねることで借りすぎてしまう場合が多いです。

冠婚葬祭が重なるなどで手持ちのお金が足りなくなった、出費が多くて今月は生活費が厳しいといった際には大変便利なサービスとなるカードローンやキャッシングも、余計な費用としての借り入れとしてしまうと借りるときは良いものの、いざ返済となると非常に大きな負担となってしまいます。

元々は必要のないお金として借りた分の返済は、翌月以降のお金のやりくりを大きく圧迫してしまいます。返済でお金を使えばさらにお金が足りなくなるため、足りないお金を再び借りてやりくりをするといったことを繰り返した結果、借りすぎとなってしまうのです。

しっかりと考えて使えば便利なサービス

消費者金融で借りるにも銀行で借りるにも、カードローンもキャッシングもしっかりと考えて使うのであれば便利なサービスとなります。困ったときには個人が使う範囲であれば自由な用途で利用ができる借り入れは、とにかく便利で助かります。

借りすぎないためには

便利なサービスとなるカードローンやキャッシングは、余計に借りなければ借りすぎることもありません。非常に単純で簡単なことではあるのですが、余計な費用としてのお金を借りなければ多くの場合には借りすぎには陥りません。

例えば生活費として借りる場合でも、給料日までの一週間だけお金が足りなそうであれば、その間で必要な金額だけ借りれば良いだけです。一日あたりの必要最低金額を考え、そこから余計な分を借りなければ借りすぎることもないでしょう。

また、借りてやりくりをしている間はとにかく手持ちのお金を必要最低限に留めておくのも基本です。余計なお金を持っていれば「まだ借りられるから」と無駄遣いをしてしまう原因ともなりかねないため、借りた最低限のお金でやりくりをするといった決意で借りるようにすれば、借りすぎることもありません。

利用者側が借りすぎなければ、消費者金融にしても貸しすぎることはありません。借りなければ年会費などの負担は何ら無いカードローンは、自制心をしっかりと持てば頼れる便利なサービスともなり得ます。

借りすぎた原因を押し付けない

借りすぎてしまう理由の一つに、借りた後で金利が高かったから、利息負担が大きかったからお金が足りなくなり、別のところから借りてしまったとするものがあります。たしかにカードローンやキャッシングは目的型のローンと比べると金利が高く、利息負担も大きくなりますが、それは申し込み時点で分かりきっていることです。

銀行や正規の消費者金融、信販会社での借り入れであれば、申し込みを行う際の公式サイト上にも金利はしっかりと明記がされています。また、多くで返済シミュレーションも行えるようになっているため、申し込み時点でしっかりと返済に関する確認を行っておけば、借り入れ額や期間、金利でどの程度の負担となるかは分かるはずです。

しかし、借りることばかりを考えた結果、返済の負担に関する試算をしっかりと行わず、借りた後の負担が大きいのが悪い、高い金利で貸し付けるのが悪いと借りすぎる原因を押し付けてしまいます。これでは借りすぎ問題の根本的な解決にはなりません。

借りるか借りないかは最終的に利用者側で判断を行う部分であるため、総量規制の施行や審査基準の厳格化、その他の様々な部分で貸金業者や銀行でいくら自主規制等が入ったとしても、借りる側の意識がしっかりとしていないと借りすぎは防げません。

借りすぎてしまって返済ができなくなる、新たに借りられなくなると折角の便利なカードローンのサービスの台無しになってしまうばかりでなく、サービス自体の縮小にも繋がる原因ともなりかねません。利用者側でも借りすぎないように、しっかりとした返済計画の下でカードローンを利用するように心がけたいものです。

借りすぎを防ぐためには返済計画を立てるのが効果的で、毎月にいくらの返済で進められるか、完済までにどの程度の期間がかかるかを予め確認をしておくと良いです。分からない部分は店舗やコールセンターに問い合わせるなど、借りる前にしっかりと確認をし、借りすぎを防ぐようにしてください。

ページトップへ戻る