カードローン関連コラム

借りすぎるのは借りるのが悪いのか貸す方が悪いのか

カードローンによる借りすぎの問題は常に付きまとっており、総量規制が施行される前も後も借りすぎによる返済負担の増大は大きな問題となっています。

一昔前よりも格段に厳しくなったキャッシングの審査基準

一昔前は審査もそこまで厳しくなった消費者金融は、しっかりとした基準で判断をするようになったために借りにくくなりました。

年収が1,000万円超でも消費者金融からは借りている事実

一般的に高所得に分類がされるような収入を得ている方でも利用をしているのが消費者金融で、特に大手の有名サービスにおいては全体の10%程度は、まとまった所得を有している方の利用となっています。

目的が定まっている借り入れならカードローンは適さない

生計費の範囲内や健全な消費性資金としての利用であれば特には利用目的や資金使途を問わないのがカードローンであり、幅広い目的に便利に使えるのが大きな利点となります。

いつか必要になるお金に対してカードローンで備える有効性

予め備えとしてのカードローン契約を進めておけば、お金が必要になったタイミングでコンビニなどの提携ATMでも限度額内で素早くその場でお金が借りられます。

闇金融の危険性と借りてしまった場合の正しい対処法

正規の消費者金融や銀行でのカードローンが利用できない方に対して、違法な金利での貸し付けを行う闇金融は今でも多く存在しています。

ページトップへ戻る