異なる二つのカードローン

東京都民銀行のカードローンには金利に優れるパーソナルカードローンと、来店不要で契約が行える手軽なWebカードローンの二つのタイプがあります。どちらも資金使途は個人が利用をする健全な消費性資金としての範囲内であれば自由であり、事業資金を除けば生活費など目的に合わせて利用ができるために便利です。

ただ、借りるための条件はそれぞれのカードローンで異なる点には注意が必要です。特に金利条件に優れるパーソナルカードローンでは年収に条件が求められる他に、様々な細かな利用条件が定められています。

金利に優れているからとしっかりと確認をせずにパーソナルカードローンに申し込みをしてしまうと、利用条件が満たせておらず無駄な申し込みとなってしまう場合もあるのです。

手軽に借りるならWebカードローン

東京都民銀行のパーソナルカードローンは利用条件が厳しいだけでなく、保証会社による審査基準も厳しくなっていると考えられます。とみん信用保証株式会社がパーソナルカードローンの保証会社となっており、信販系や消費者金融系が保証会社となるカードローンよりも基準が厳しくなると言えます。

金利に優れる割には最大でも100万円の枠までと、慎重融資となるのがパーソナルカードローンの特徴でもあるため、審査に関してもどうしても慎重になる傾向にあります。

少しでもリスクがある方には貸付を行わないことが考えられ、アルバイトやパートなどの方では年収の条件が満たせるとしても審査通過は難しくなります。

対してWebカードローンであれば安定した収入を得ていれば申し込みが行え、年収の制限も設けられていないために多くの方が利用対象となります。借りるための審査も保証会社が株式会社JCBとなることで、パーソナルカードローンよりもいくらか軽い基準にもなっています。

来店不要で契約まで可能

東京都民銀行のパーソナルカードローンはFAXでの申し込みと店頭窓口での契約手続きが必要となりますが、Webカードローンはその名の通りWeb上での申し込みから郵送での契約で、来店不要の手続きが可能となっています。

店頭窓口での手続きは行いたくない方も、営業時間内に来店をするのが難しい方もWebカードローンであれば24時間いつでも申し込みが行え、郵送での契約も必要書類の返送だけで済ませられるので問題なく利用ができます。

ただ、来店不要の契約とはなりますが、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県にお住まいであることが条件となるため、居住地域には注意が必要です。

地域内にお住まいの方であればいつでもどこでも、パソコンでもスマホでも申し込みが行えるので、手軽さを求めるなら東京都民銀行ではWebカードローンが良いでしょう。

Webカードローンでも低い金利

上限金利で比べるとパーソナルカードローンよりも劣ってしまいますが、それでも消費者金融で借りるプロミスアコムなどの実質年率と比べると、数パーセントも低い水準となっています。

毎月の返済は1万円から

東京都民銀行のインターネット支店を利用するWebカードローンは、毎月の7日に借り入れ残高に応じた約定返済金額が返済用の預金口座から自動振替によって引き落とされます。預金残高にさえ注意をしておけば返済日を忘れてしまうことがないため、Webカードローンは返済がしやすくなっていると言えます。

毎月の返済金額は50万円以下の借り入れ残高なら10,000円となり、銀行カードローンの中では比較的大きく設定がされています。消費者金融で見ても毎月の返済金額は数十万円の借り入れなら4,000円前後となるところもあるため、月々の返済金額といった面だけで見ると負担が大きくなりがちです。

ただ、金利は上限でも消費者金融よりも低く、それでいて月々の一回あたりの返済金額が大きいとなると、返済にかかる期間は消費者金融と比べて大幅に短くなります。

短期間での完済が可能となれば最終的に支払う利息の総額が抑えられるので、約定返済金額が大きいことは必ずしもデメリットとはなりません。

借り入れ残高 約定返済金額
50万円以下 10,000円
100万円以下 20,000円
200万円以下 30,000円
300万円以下 40,000円
500万円以下 60,000円

随時返済が任意で行える

Webカードローンでは毎月の約定返済に加えて、ATMでカードを使った入金やインターネットバンキングによる返済で、任意による随時返済が行えるようになっています。随時返済は借り入れ残高を減らすための効果的な方法であり、返済期間を短くする上でも欠かせません。

毎月の約定返済を行うのは当然ですが、加えて少しでも追加での返済が行えるようであれば、なるべくなら積極的に随時返済は行っておきたいものです。追加で入金をした分に関しては借り入れの残高に充てられるので、多くの入金を行っておくことで効果的に借り入れの残高が減らせるためです。

毎月の約定返済金額だけの入金で満足をするのではなく、お金に余裕があるなら返済は積極的に行うようにしましょう。少しずつでも追加で返済を進めておけば翌月以降にかかる利息が減り、より返済が進めやすくもなるのです。

毎月に1,000円でも2,000円でも、少しでも追加で返済を行うと最終的な支払いの総額は大幅に圧縮ができる可能性があります。ダラダラと返済を続けるのではなく、なるべくなら早くに返し終えられるように返済を進めてください。

電話連絡と郵送物の注意点

Webカードローンは審査の際に勤務先への在籍確認の電話が入ります。担当者が連絡をするもので、本人以外が電話に出たとしてもカードローンの審査とは明かしませんが、どうしても電話連絡に関しては避けられません。

また、契約後においては郵送物に注意が必要です。契約後は自宅宛にローンカードが郵送され、さらには利用の際の取引明細が半年毎に郵送がされてしまいます。

他の銀行や消費者金融では利用明細のWeb交付に対応をしているところが多いために郵送はされませんが、東京都民銀行のWebカードローンでは郵送がされてしまいます。

郵送時の封筒は銀行名が入ったものであり、中身を見なければカードローン利用とは分からないようにはなっていますが、それでも他で借りるのに比べて郵送物が多くなってしまうのはWebカードローンの大きなデメリットと言えます。

郵送物で選ぶカードローン

審査時の電話連絡は仕方がないとしても、契約後の利用明細の利用を避けたい場合には東京都民銀行ではなく、別の借り入れ先でのカードローン利用を考えた方が無難です。

どのカードローンを使うか

手軽なWebカードローンが東京都民銀行では便利ですが、来店契約が手間ではなく審査基準にもクリアができる、東京都民銀行との何らかの取引があるといった方であれば、一定条件を満たすことで金利引き下げも受けられるパーソナルカードローンは頼れます。

ただ、やはり来店をしての契約となると周りの目が気になる部分もあり、できることなら誰にも見られず知られずに契約を進めたいと考えます。その点で東京都民銀行での借り入れはインターネット支店を利用するWebカードローンが人気ですが、希望条件や利用内容によってはパーソナルカードローンも十分に選択肢に入ります。

また、より良いカードローン利用とするためには東京都民銀行に限らず、他の金融機関や消費者金融での借り入れを考えてみるのも良いことです。多くの人気カードローンで比較をしておけば、より希望内容に近い良い借り入れにも繋がるようになります。

身近な地銀である東京都民銀行で借りるのはたしかに安心感がありますが、カードローンのサービスとしては他の銀行と比べると決して優れているわけではありません。カードローン利用を中心として銀行との取引を考えるのであれば、他の銀行での借り入れも視野に入れておくべきと言えるでしょう。

地方銀行の中には日本全国、来店不要で申し込みから契約まで行えるカードローンもあります。多くのカードローン情報を見ておくことで、東京都民銀行よりも良い条件で借りられる銀行も見つかります。

ページトップへ戻る