北都銀行の様々なローン商品

北都銀行は個人向けのローンが多く用意されており、事業資金などを除く生活費などに使える自由な用途で借りられるカードローンやフリーローンもいくつもの商品があります。借りるとしてもどれを使うべきか迷ってしまうものですが、北都銀行で借りるならスピードカードローンNeoが便利です。

スピードと付く通りに手続きが早いのが北都銀行スピードカードローンNeoの魅力であり、来店をしての手続きであれば最短即日融資も可能です。即日での借り入れではなく数営業日を待てるのであれば来店不要での手続きも可能となりますが、急ぎで借りたい場合に来店手続きで早くに借りられるのは助かります。

北都銀行の口座がなくてもスピードカードローンNeoの申し込みが可能で、契約後のカード利用は全国の提携ATMでも対応をしています。早くに便利に借りられる北都銀行のスピードカードローンNeoで、急な出費でも頼れる借り入れが可能となります。

最短で即日の審査回答

銀行カードローンは審査や手続きに時間がかかるといった考えは古く、今では多くの銀行でカードローン審査の結果連絡を最短即日としています。北都銀行のスピードカードローンNeoでも平日9:00~17:00までであれば審査回答は最短即日となり、早い審査時間と結果連絡に期待が持てます。

申し込み内容や時間、審査結果によっては審査回答が翌営業日以降となる場合がありますが、それでも早い審査結果連絡を可能としているのは保証会社が早い審査となる新生フィナンシャル株式会社のためです。

北都銀行に限らず銀行カードローンの多くは保証会社に審査やその他の手続きを委託しており、保証会社の審査の進め方によって回答が早いか遅いかが決まります。北都銀行のスピードカードローンNeoは審査回答が早い保証会社となっているため、銀行での借り入れでありながらも早い審査結果の連絡となっているのです。

初回は振り込み融資でも利用可能

北都銀行のスピードカードローンNeoは基本的にローンカードを使った北都銀行ATMや提携ATMでの借り入れとなりますが、初回の融資に関しては契約手続き完了後、カードが届く前の指定口座への振り込みでも可能となっています。

カードの受け取り後となると届くまでの間は借りられませんが、カードが届く前に銀行振り込みで借りられるとなればある程度は早めの借り入れも可能となります。振り込みで借りる際には電話での確認なども必要となるものの、カードが届いてから借りるよりは早いので急ぎの際に助かります。

その後の利用はローンカードを使った北都銀行ATMや提携ATMでの借り入れとなりますが、近くに北都銀行ATMがなくても提携ATMは幅広く設置がされているため、コンビニやゆうちょ銀行ATMなどで身近に便利に借りられます。

Web契約時の振り込み融資は、手続きの関係上で対応時間などの指定はできなくなっています。どの程度で振り込まれるかは手続きの内容によって異なりますが、気になる場合には問い合わせてみると良いでしょう。

無理のない範囲で返済ができる

カードローンは返済を考えて借りなければならず、毎月の返済負担も最終的な返済総額も借りる前にしっかりと確認をしておかなければなりません。特に気をつけるべきは毎月の返済で、収入や支出から考えて無理のない範囲で返済ができる借り入れでないと負担となってしまいます。

その点で北都銀行のスピードカードローンNeoは毎月の返済金額が低く抑えられているため、負担を軽くした借り入れが利用できるようになっています。前月末日の借り入れ残高によって決まる返済金額は10万円以下の借り入れなら2,000円となるので、余裕を持った返済が進められるのです。

前月末日の借り入れ残高 当月の約定返済金額
2,000円未満 残高と利息の合計額
2,000円以上10万円以下 2,000円
10万円超30万円以下 5,000円
30万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超150万円以下 30,000円
150万円超200万円以下 40,000円
200万円超500万円以下 50,000円

借り入れ残高と利息の合計額が2,000円を超える場合には、約定返済金額は2,000円となります。10万円以下の借り入れ時の約定返済金額は、返済の遅れが無い限りは2,000円までとなっています。

銀行のカードローンだけあって低金利でもある北都銀行のスピードカードローンNeoは、利息負担を抑えつつも、毎月の無理のない返済を可能としています。月々に数千円ずつの返済で利用をしたいと考えるなら、限度額が大きいとしても借りる金額を30万円以下に抑えておけば、返済は5,000円までと大きくなりません。

それ以上の返済を進めることも可能で、お金に余裕があるとき、臨時収入が入ったときなどは北都銀行ATMや提携ATMからローンカードを利用して任意で入金を行えば、その分だけ多くの返済が進むために借り入れ残高が減少します。

借り入れ残高が減れば毎月の約定返済金額も少なくなっていき、さらには支払うべき利息も少なくなる利点もあります。余計な利息が減らせて返済が進みやすくなるので、北都銀行のスピードカードローンNeoの返済を効率的に進めたいと考えるのであれば、毎月の約定返済に加えて任意での返済を行うと良いでしょう。

毎月10日がスピードカードローンNeoの返済期日

銀行休業日の場合には翌営業日となりますが、北都銀行のスピードカードローンNeoは毎月10日が返済日となります。消費者金融のプロミスやアコムのように返済期日が選択できるわけではないので、毎月10日にしっかりと返済ができるように給料日が早い方も返済金額をキープしておく必要があります。

その他の豊富なローン商品

スピードカードローンNeo以外にも多くのローン商品があるのが北都銀行の特徴で、個人向けのカードローンに限ってもスーパーアシスト、カードローン1000といった商品が用意されています。それぞれのカードローンで利用条件や内容が異なっているため、北都銀行のカードローンで借りる際にはしっかりと確認をしなければなりません。

ただ、いくつもあるカードローンの中でも金利や返済金額、利用内容の面で優れているのがスピードカードローンNeoであるため、北都銀行で借りるとしてもまずはスピードカードローンNeoから見ておけば良いです。

異なる条件で利用をしたい、何らかの希望内容によって別の条件で借りたいとなれば北都銀行の公式サイトからそれぞれの商品内容を確認し、分からない部分は電話や店頭での問い合わせによって確認をしておくようにしましょう。

カードローンやフリーローンはそれぞれの商品で保証会社が異なるため、審査にかかる時間や借りるための審査基準も異なります。利用条件にも違いがあり、申し込み前にはしっかりと確認をしないと申し込みが無駄になる可能性があります。

自由だからこそ計画的に

北都銀行のスピードカードローンNeoは、事業資金や投機的な資金、その他の浪費などを除くと自由な用途で利用ができるようになっています。普段の生活費の他に教育資金としても冠婚葬祭などによる急な出費時にも頼れますが、だからと言って無駄遣いでの借り入れは控えるべきです。

限度額の範囲内なら何度でも繰り返し借りられるカードローンのサービスは、追加で借りる際の都度の資金使途の申告は必要が無いため、何に使ったかは貸し付ける側の北都銀行としては把握ができません。

そのため、どうしても無駄遣いはや本来は必要が無いはずの出費にカードローンで借りたお金を使ってしまう可能性もあり、余計な借り入れによって借金が増えてしまう原因にもなりかねません。

余計な借り入れを重ねれば返済が負担となり、いくら低金利のカードローンとなる北都銀行のスピードカードローンNeoとは言えども、返済が大きな負担となる場合もあります。便利だからこそ、自由だからこそ計画性を持って借りなければならず、当然ながら借りすぎや使いすぎにも気をつけなければなりません。

計画的に、返済に余裕を持てる範囲で借りるのであればカードローンは大変便利で、暮らしに役立つサービスとなります。便利な北都銀行のスピードカードローンNeoを役立てるためにも、無計画な無駄遣いでの借り入れは控えるようにしましょう。

ページトップへ戻る