ネット申し込みで早い審査回答

消費者金融のカードローンはネット申し込みで早い審査回答に期待ができ、大手の有名サービスであれば最短30分での回答と時間をかけずに審査の結果が分かるようになっています。

ネット申し込みであれば審査結果の連絡はメールや電話となるのも良い点で、空いた時間にパソコンやスマートフォンから申し込みを進めておけば、審査が終わり次第で連絡が届くようになります。

時間を無駄にせずに申し込みから審査まで進められるため、消費者金融の審査はネットで受けるのが早い借り入れのポイントです。

契約はネットでも来店でも

消費者金融への申し込みをネットで行ったとしても、契約に関してはネット以外の店舗や契約機で進めることも可能です。

大手消費者金融なら各地に契約機の設置があるため、急ぎで借りたい場合にはネット申し込み後の契約機の利用で最短即日のカードの受け取りを行うのも、効果的な早い借り入れの方法となります。

契約機なら土日でも対応が可能

契約機での契約手続きであれば土日でも対応が可能となるのも利点です。来店不要の銀行振り込みによる借り入れは銀行の営業日で営業時間内の手続きに限られ、決められた時間を過ぎてしまった分に関しては翌営業日の扱いとなります。

大手の消費者金融で見てみると、平日の14時までを当日中の振り込み融資対応可能時間としているところがあり、この場合であれば14時以降の手続き分に関しては全て翌営業日扱いとなってしまいます。

その点、契約機であれば14時を過ぎていても土日でも営業をしているところが多いので、ネットでの手間がかからない申し込みの後は、急ぎであれば最寄の契約機まで行き、カードの受け取り手続きを進めるとより早くに借りられるようになるのです。

提携ATMでも借り入れが可能

大手の消費者金融のカードローンでは、コンビニや銀行などの提携ATMでもカードを使った借り入れが可能です。契約機でカードを受け取った後はそのまま限度額内で提携ATMでも借りられるので、便利なカードローン利用を可能としてくれます。

早い借り入れに人気の消費者金融

第1位
★★★★★
プロミス
最短30分の審査回答と土日でも当日中の理由も可能となる、早い手続きで人気が高いカードローンです。
プロミス
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
プロミス
ネット申し込み後は来店不要のWeb契約でも、カード発行が早い契約機での手続きでも進められ、希望に合わせた契約が行えるようになっています。Web契約の場合には平日14時までに契約を完了しないと当日中の利用ができませんが、契約機であれば土日でも営業時間内であれば最短即日のカード発行と借り入れも可能となります。
第0位
★★★★★
モビット
Web完結の申し込みなら文字通りWeb上で完結する契約が可能で、電話も郵送物もなく借りられます。
モビット
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
3.0%~18.0%1~800万円10秒簡易審査最短即日
モビット
Web申し込みとWeb完結の二つの来店不要申し込みが行えるモビットでは、一定の利用条件を満たした方のWeb完結であれば、電話も郵送物もない周りに知られにくい借り入れが利用できるようになっています。※当日中の利用のためには14:50までの振り込み手続き完了が条件で、審査結果によってはご希望に添えない場合もあります。

申し込み前に見ておきたい情報

カードローンへの申し込みを進める前には、最低限知っておきたい基本情報を抑えておきましょう。

何も考えずに申し込みをしても審査に通るほど現在の消費者金融の基準は簡単なものではないので、無駄な申し込みとならないようによく確認をしておかなければなりません。

特に気をつけておきたい部分は項目別にそれぞれのページにまとめているため、慌てて申し込みを進めるのではなく、まずはしっかりと確認をしてください。焦って慌てて申し込みをしても審査に通らないと消費者金融でも銀行でも借りられないので、意味が無い申し込みとなってしまうのです。

年収の3分の1以上はNG

消費者金融では一部の例外を除いて、年収の3分の1までの借り入れとなっています。

多重申し込みは避ける

いくつもの消費者金融や銀行への申し込みを同時期に行うと、審査で不利になります。

正しくミスなく申し込む

虚偽内容を入力したり、大きなミスや不備があると良い結果に繋がりにくくなります。

借り入れの基本を知る

消費者金融にしても銀行にしても、借りるのであれば借り入れの基本となる部分はしっかりと抑えておきたいものです。

特に返済に関する部分は確認をしておかなければならず、計画的な利用のためにもしっかりと見ておかなければ返済で自分自身が困ることとなってしまいます。

一般的に金利が高いとされている消費者金融であっても、計画的に利用を行えばそこまで返済の負担は大きくなりません。無計画に使ってしまうと返済で自身が困る状況にも陥ってしまうため、消費者金融で借りるのであれば返済の基本を中心としてよく確認をしてください。

支払う利息の負担

借りれば発生する利息は、金額や契約金利、そして借りていた期間で変わります。

定められている上限金利

上限金利を知っておけば闇金などの被害にも遭わず、初めてでも安心して借りられます。

返済が遅れそうなときは

期日までに入金が行えない、返済金額が足りないなどのときも、まずは相談です。

利用先をしっかりと選ぶ

早さで選ぶなら消費者金融、金利で決めるなら銀行といったようにカードローンの利用先は大雑把であれば分類ができますが、さらに細かく選ぶとなると迷ってしまうものです。

迷ったままで申し込みをしてしまうと希望通りの借り入れにならないなど、失敗をしてしまう可能性もあります。

例えば消費者金融であれば大手での利用ならそこまで条件に大差が無いのは事実ですが、利用内容には大きな違いが生じる場合があります。金利や限度額などではなく、初回の融資や契約後の利用を手間なく素早く行いたいのであれば、しっかりと比較しながら検討をしておくと良いでしょう。

目的によって変わる借り入れ先

カードローンは目的によってどの消費者金融で借りるか、銀行を利用するかが大きく変わります。

最短即日融資で素早く借りたいといった場合であれば、大手の消費者金融で大体は対応が可能となりますが、例えば大きな金額を借りたい、低金利で借りたいとなるとそうもいきません。

その他、おまとめや借り換えなど今の借り入れ先からの乗り換えとして借りるとしても、やはり利用先は大きく変わります。目的によってどの消費者金融を使うか、銀行を使うかを選ぶようにすれば、希望内容に近い借り入れもできるようになります。

借り入れ先の特徴で決める

消費者金融も銀行も多くのカードローンサービスがある中で、それぞれで特徴やサービスが異なります。女性に人気の借り入れ先や主婦に対応をするカードローンなど、特徴を知っておけば選ぶ際にも迷うことはなくなります。

特に自身で収入を持たない主婦の方は消費者金融の利用が難しく、何も知らずに申し込みを進めてしまうと利用条件を満たせずに審査落ちとなってしまう場合があります。

主婦の方に限らずですが、各サービスの特徴や人気となるポイントを見ておき、借り入れ先を選ぶようにしましょう。

無理のない範囲で借りるようにする

ネットで申し込みと来店不要の契約も可能となる現在の消費者金融や銀行のカードローンは、手軽だからと借りすぎてしまうと返済が大きな負担となりかねません。収入や支出から返済ができるかをしっかりと考えてから借りるようにし、無理のない範囲でのカードローン利用に留めなければなりません。

返済が行き詰ってしまうと信用情報にネガティブな情報が記録されることとなり、今後のカード審査はもちろん、その他の信用が絡む審査では全てに悪影響を及ぼしてしまいます。計画的に利用をすれば問題はありませんが、借りすぎてしまって返済ができなくなると今後の生活にも何かと影響が出てしまうのです。

信用情報は一度でもネガティブな情報が記録されてしまうと、綺麗になるまでには数年間の長い年月を要します。対象となる債務を完済したからといってネガティブな情報が消えるわけではないので、カードローンに限らずですが、返済を第一に考えて利用をするようにしてください。

信用情報機関に記録されている情報と影響

どのカードローンを利用するとしても、審査の際には信用情報機関に記録されている情報を確認しています。また、申し込み時や契約後は利用履歴を信用情報機関に記録しており、正常な利用がされていないとネガティブな情報が信用情報機関に残ってしまいます。

安心の借り入れのために

借りすぎを防いで安心して借りるためには、とにかく返済の計画をしっかりと立てることが重要です。毎月の収入に対する返済金額に無理はないか、余裕を持った返済が行えるかを確認しておけば、カードローンで失敗をすることも少なくなります。

余裕を持って返済ができる範囲で利用をするのであれば、カードローンは大変便利です。限度額内での繰り返しの借り入れも利用ができ、困ったときに必要な金額を素早く借りられる便利なサービスともなります。

しかし、返済を考えずに限度額があるからと余計な利用ばかりを繰り返してしまうのは避けるべきなので、消費者金融でも低金利となる銀行でも、無駄遣いでのカードローン利用としないようにしてください。

返済に関して分からない部分があれば、利用前にコールセンターなどに問い合わせて確認をしましょう。分からないまま利用をしてしまうのはトラブルの元ともなりかねません。

ページトップへ戻る